FC2ブログ

Business Class Inflight Meal aboard KM102 5th May

5月5日、「マルタ帰省」からの復路、エアマルタ102便(KM102)も、往路と同じ理由でビジネスクラスに搭乗。当然ラウンジが使える。
ラウンジ
5th May I got on board Air Malta Flight102(KM102) on the way from Malta. After Check in I relaxed in the Club Crass Lounge.
ラウンジ
ビギーラという豆のペースト二種類と、豆のコロッケをアテに、ホップリーフをいただいてしばしくつろいだ。

マルタ国際空港
搭乗はいつものことながら、ターミナルより歩き。当初定刻の案内だったものが、30分遅れでの出発となった。

ビジネスクラスのインフライトミールは、往路と同じくコース仕立て。
前菜は海老のカクテル。
機内食 KM102
Entree on the inflight meal was Prawn Cocktail
機内食 KM102
早朝のワンハンドレッド(KM100便)に搭乗った場合は、入国後はロンドン観光に駆け回るので、アルコールは控えるのだが、この時は着いたら先ずは宿なので飲んだ。先ずは前菜に合わせて白ワイン。

メインはブラジオリというマルタを代表する肉料理。ワインは当然、赤を合わせた。
機内食 KM102
Main dish was Bragioli that is Maltese traditional stuffed of beef. The loaf was tender. Sauce made by beef jus and tomato tastes good.
機内食 KM102
ミートローフを牛肉の薄切りで巻いた感じのもので、調理に際してはオーブンでじっくり加熱する工程があるので、じつはインフライトミールには向いた料理かと。この一皿はテンダーで食べやすくもあり、肉汁とトマト仕立てのソースの出来もよかった。

Dessert was Panna Cotta topped with Passion Fruit Sauce. It was really taste thick. I love it.
機内食 KM102
メインの付け合わせの野菜が量的にもしっかりしていたので、食後は果物盛りは取らずに、欲するままにデザートのパンナコッタにした。まさに、ミルクを煮詰めたといったカンジ。地上の店でもなかなか出ないような出来。

先に、イムジャールのユナイテッドのブラジオリをレポした折、「二番目にイカシたブラジオリ云々」と書いているが、それは今回レポした一皿のことである。年内にうPできてホっとした。
機上では食べる者の官能も地上とでは違うからとか言うのは無粋かと。
 

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

tag : マルタ共和国 マルタ島 エアポート投稿おじさん ヒースロー空港

2019-12-29 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Business Class Inflight Meal aboard KM103 27th April

4月27日、エアマルタ103便(KM103)は2時間遅れ(怒)でヒースローを出発。
エコノミークラスの割引運賃みたいな値段で、条件つきのディスカウント・チケットを、エージェントさんが引っ張ってきてくれるので、いつもマルタ帰省において、ロンドン〜マルタ間のエアマルタ区間はビジネスクラスに搭乗っている。
ヒースロー ターミナル4
27th April, Air Malta flight 103 departed from Heathrow two hour behind from schedule. I had Kinnie the Maltese soft drink as an aperitif when the aircraft got on cruising level.
キニー
アペリティヴォはマルタのローカルソフトドリンク、キニー。この時点で出発時より丸一日以上経っており、ロンドンまでのJL7079/BA20の機内でうつらうつらした程度でほとんど眠っておらず、このあとに続く食事の時もアルコールは摂らず。

過去数年、エアマルタのビジネスクラスミールは、かなり改善されたきていたのだが、今年は、ワントレイではなく、コースで供されるように進化してた。
前菜はスモークサーモンのタルタル、山わさび風味のクリームソース。山わさびはほんのり香る程度。日本人の感覚だと、もう少し、山わさびきかしてもええやんとなると思うが。
サーモンタルタル
As to starter it was Smoked Salmon Tartar with Horseradish Cream Sauce.
サーモンタルタル
添えられたバルサミコドレッシングをかけてみると、くどすぎることにならずに、うまく味変できた。

Main Dish was Pork Medallions with Pepper Sauce. That meat was tender.
ポークメダイオン
メインはポークメダイオン。オニクは程よくテンダーでインフライトミールに向いた料理かと。付け合わせはジャガイモのグラタン。
ソースの出来がよく。パンですべてぬぐって食べてしまった。

旅においては食物繊維を摂取を心がけねばということで、食後には果物盛りを選択、他にデザートとしてのチョコムースか、チーズ盛りかを選べた。
果物
Fruits and Coffee. Coffee cups has a good Maltese cross emboss as its design.
コーヒー
コーヒーはカップのマルタ十字のエンボスがステキ。

エアマルタでは、前はクラスの名称をクラブクラスとしていたのに、最近、日米の航空会社のようなビジネスクラスという呼称になった様子。クラブクラスの方が欧州っぽくてよかったのに。
Eventually, delay on this flight has been shorted as an hour when arrive at Malta.
マルタ国際空港
結局、ルア(Luqa: マルタ国際空港)に到着したときには、遅延は1時間程度に短縮していた。
 

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

tag : マルタ共和国 マルタ島 エアポート投稿おじさん ヒースロー空港

2019-12-28 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

Premium Economy Class Meals on Flight JL44

今年の黄金週間の終わり、帰国には現地時間5月5日夜ヒースロー発のJL44便に搭乗。クラスはプレミアムエコノミーで、ラウンジも使えるということで、そこで軽く夕食。前回無くなっていたカレーメニューも復活。ミートボールのカレーやった。長粒米のごはんと一緒にいただく。ここターミナル3のBAラウンジは、WiFiもサクサク動くし、グレンリベットというスコットランドの麦茶が飲み放題なのでサイコー
BAラウンジ
Last 5th May, I got on board flight JL44 from Heathrow to got back my home town. As to first drink on board the flight I ordered Umeshu On the Rock and Soda Water. Umeshu is Japanese Plum Liqueur
JAL梅酒
離陸後のドリンクのサーヴィスでは、梅酒をコップになみなみ注いだロックに、ソーダ水を添えてもらって。まずは梅酒をすすり、減った分ソーダ水を足してすすり、また減った分にソーダ水を足して…というのが、JALの国際線に搭乗ったときの楽しみ。

一回目の機内食。
JA44 ミール
Main dish of first Inflight Meal was beef stew.
JA44 ミール
メインは本場のえげれすからのフライトらしくビーフシチュー。牛肉料理なので、飲み物はカヴァが欲しいところだが、シャンパーニュで代用。氷も落とさず。

They served Ice Cream for dessert.
アイス
サイドにカットフルーツの盛り合わせがあったところへ、ウレシいことにアイスクリームもついた。

After meal I enjoyed coffee and brandy.
ブランデー
食器を片付けてもらった後は、コーヒーとブランデー。「チョコレートもお付けしましょう」と言って、チョコレートも持ってきてくださった。このへんは各々のCAさんの裁量によるかと。

二回目の機内食は、羽田着陸1時間半前くらいにサーヴされる。ヒースローを1930時に出発したこの便の多くのパッセンジャーにとっては、これは寝起きの朝食だろな。
JL44 朝食
Second Inflight Meal was Japanese style breakfast. Grilled Salmon and Roll Omelette, Spinach were dished up.
JL44 朝食
ボクはヒコーキではなかなか眠れないタチなので1時間ちょいウトウトとした程度なんだが、それでも焼きジャケ、玉子焼き、ほうれん草のおひたしのこのミールには旅の朝食感がいっぱいで、ドリンクにヱビスつけちゃったよ。
 

テーマ : 国際線の機内食
ジャンル : グルメ

tag : ヒースロー空港 エアポート投稿おじさん 羽田空港 日本航空

2019-10-29 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

旅のシメはカツカレー - Katsu Curry when I got back to Osaka -

マルタ〜ロンドン〜羽田〜伊丹の長い行程を経ての帰国後、最初の夕食は、西中島バールイルソーレのシェフ、ウエダさんの作ってくれたカツカレー。
カツカレー
After long trip from Malta, I ate Katsu Curry at Bar Il Sole. It was the first supper after I got back Osaka.
Katsu Curry is a kind of Japan style curry dish. It is a dish in which a cutlet is placed on the curry and rice.
カツカレー
カレーソースは牛すじとイチボの切り落としによるビーフカレーで、カツはロースとんかつ。しばらく国外に居たら食べたくなるメニューのひとつ日本風のカレーと、日本の洋食揚げ物の究極のカタチのひとつであるとんかつを、一度に楽しめるウレシい一皿。
トッピングのカツをとんかつとして楽しむため、ソースとカラシをつけてみた。

I write fact, I ate Sushi at Haneda Airport before called on the bar. That was antipasto.
5月6日
「最初の夕食」と書いたけど、実は羽田でお寿司食べた。まあ、これはアンティパストで、カツカレーがメインということで。

テーマ : 旅めし
ジャンル : グルメ

tag : 新大阪 エアポート投稿おじさん 日本食 洋食

2019-05-08 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

エアポート投稿ヲッサン、推参 Beginning of 10 Days Vacation -

It’s 10 days Holiday in Japanfrom this Saturday. I get additional another off duty day.
I have 10 day trip. I got on board the BA flight form Osaka-Kansai Air Port on this morning. I arrived London-Heathrow.
ゲート36
本日から10連休。有給を一日追加でつけて、11連休とした。
で、初日の本日は、関空を昼前発のJL7079便で、まずロンドンまで飛んで来た。この便は、ブリティッシュエアウェイズのコードシェアでBAによる運航なので、ヒースローはターミナル5に到着。
ヒースロー ターミナル5
荷物を最終目的地までスルーしてくれなかったので、ヒースローで一旦入国。んでもって、ターミナル4 まで移動するのに、都合2時間もかかったわ。
ヒースロー ターミナル4


一時、#エアポート投稿おじさん が散々莫迦にされてたけど、#エアポート投稿おばはん ていうのも少なからず居るみたいな
エアポート投稿おばはん
エアポート投稿おばはん

テーマ : 空港
ジャンル : 旅行

tag : エアポート投稿おじさん 関西空港 ヒースロー空港

2019-04-27 : 旅行(マルタ以外) : Travel abroad (Exp.Malta) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター