FC2ブログ

カメラ4台体制 - The Old Pen -

Nikon DX format digital reflex, compact digital, old Olympus half-size film camera, and iPhone 6s that is my camera fleet. Below wsa shot by iPhone
カメラ
今年のマルタ帰省ではカメラ4台体制。
DXフォーマットのデジイチ、バックアップ用のコンデジ、ハーフサイズのフィルムカメラ、そしてこの画像を撮ったあいぽん6S。フイルムの一眼レフ1台を使っていたときは、感度はロードしたフイルムので固定、一枚撮るごとに覚悟と緊張があったし、取り回しの関係で、食べ物系はほとんど撮れなかったもんな。ひとまわりほどの間だが、あれから、えらい隔世の感がある。

で、ちょっと前からフイルム回帰したいなあと思ってたところ、ヤフオクでハーフサイズのオリンパスPENがお手頃価格で出ていたので買った。 しかし、フイルムについては「トライ-Xで万全」と言っておきながら、画像見たら、400T-MAXを買っちゃっているじゃないか。ボーっと生きてるなぁ。そのうち五才児に叱られるかも。
オリンパスPEN
Model name of this old type Olympus is Pen. I got this old Pen at the internet auction at reasonable price.
Olympus Pen
レンズにシャッタースピードと、絞りのリングがあって露出を手で設定しないといけない。露出計は内蔵してないが、あいぽんの露出計アプリで露出値を算出。
ピントも、レンズのピントリングでもって目測の距離であわせる。

で実際撮ってみたのを何点か下に貼り付け。
Following B/W photos were shot by Old Pen

ヴァレッタ
Triq Ir-Repubbulika(Republic Street), Valletta, Malta

ヴァレッタ
Triq San Gwan(St. Johns' Street), Valletta, Malta

シタデル
Cathedral, Ghawdex, Malta

ウィド・イッ・ズリー
Wied Iz-Zurrieq, Malta

ラバト
Triq San Pawl(St. Pauls' Street), Rabat, Malta

オールドベーカリーストリート
Triq L-Ifran(Old Bakery Street), Valletta, Malta

ピカデリーサーカス
Piccadilly Circus, London
この一枚はカメラとレンズとフイルムの性能がうまく引き出されてかみ合ったものになったかと。

パディントン駅
Paddington, London

パディントン駅
Paddington, London

まあ大人の高級トイカメラというカンジで購入したから、それ見合う味のある写真が撮れたかと。ハーフサイズカメラは普通に構えると縦長のフレームになるから、スマホ内蔵カメラに慣れた人には馴染みやすいかもね。

このあたりのハナシ、もうちょっと後でエントリにまとめようと思っていたが、富士フイルムが、昨年一度製造中止にしたネオパン(白黒フイルム)の製造と販売を、今年の秋にも再開するとのニュースが入ってきたので、そのお祝いに本日うP。
「トライ-Xで万全」派だけどね。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

tag : マルタ島 ロンドン マルタ共和国

2019-06-13 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Drams and Pizza

5月3日秘密のバーで飲んでたら、イザベラさんとデイヴィッドさんにピックアップされた
小雨の「マルタのハート」も風情があってよろしい。
マルタのハート
When I was drinking at the secret bar, Isabelle san and David san pick me up. They took me a music studio. Their son Malcolm had s lesson of drams at there.
レッスン
まずは、イザベラさんとデーヴィドさんの息子、マルコルム君のドラムレッスンを見学。住宅の地下に立派なスタジオがあって中々興味深かった。

After drams lesson, they took me Dal Siciliano the Pizzeria.
Dal Siciliano
レッスンにおつきあいした後、ピッツェリアへ夕食に連れていってくれた。
カンバンの「フォルノ・ア・レーニャ(Forno A Legna)」というのは、店名ではなく、薪窯で焼いてるヨというキャッチ。その上の円内の「ダル・シチリアーノ(DAL SICILIANO)」というのが店名。その名の通り、シチリア人のピッツァイオーロがやってるお店。

正面玄関から入って、奥にバーカウンター、ここでまずは一杯やって
バー
There has been Band Club until 1990. I love this construction.
ホール
振り返ると、テーブル席があるので、そこに腰を落ち着けてお食事を、てなカンジ。
この建物は、1990年までこの街のブラスバンドのクラブハウスだったもので、ほぼ居抜きで使っているのかな。マルタでは、少なくとも教会の教区に一つ、マルタ語でバンダ(banda)と呼ばれるブラスバンドがあり、それぞれの街や村の誇りとなっている。バンダは大抵クラブを構えていて、その中にはバーがあって、訪れる人に飲食を供している。

お勝手口から出て行くと、薪のピザ窯があり。マルタでは、ガス窯が圧倒的主流と見受けるので、これは結構なセールスポイントかと。
窯
They have wood oven for pizza.
Isabelle san and David san bought me Pizza Regina. Grazzi hafna ta' nice pizza Isabelle san, David san.
ピッツァ
いただいたのはレギーナというピッツァ。日本の「真のナポリピッツァ」をシメてる方にこの画像をみていただいたところ、「窯の温度がちょっと低いよう」との分析。それでもおいしくいただけたよ。ただ、こちらの人がなぜ耳を残すのかがよくわかった。耳硬いのである。
この一皿、イザベラさんとデイヴィッドさんのゴチ。ありがとうございました。

Dal Siciliano Bar&Pizzeria
Maria Annunzjata Band Club, Bertu Fenech Square,
Balzan, Malta
Tel: +356 2149 1723

 

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

tag : マルタ島 マルタ共和国 イタリア料理

2019-06-09 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

のみ会(笑) - Palazzo Preca -

4月30日の宵は、マルタのランドオペレータJMT社のシャッチョー様のクミさんと、先述の通りアコモのアレンジにご尽力くださったモリカワさんと、ヴァレッタのパラッツォ・プレカにてお食事会。
2年前のマルタ帰省のとき、クミさんがご不在でお会いできなかったので、次はぜひお食事にご招待させていただくお約束をしていた。1週間前にmailにて予約。人気店なので少々不安だったが、mail送信したその晩のうちに、確認のご返信を頂戴できた。
Evening on 30th April. I dinned with Kumi san and Yoko san from JMTat Palazzo Preca Restaurant in Valletta.
泡
20時からの予約で、オンタイムに行くと、ちょっと前にクミさんとモリカワさんもお着きになったとのこと。まずは「泡」でカンパイ。 

Rice Croquette as Amuse Bouche.
ライスコロッケ
オーダーしたオボエがないので、多分お通しのライスコロッケ。

Veal Carpaccio as starter.
カルパッチョ
仔牛のカルパッチョ。この料理について、その昔、皆がそれぞれ色々と勘違いしてたことをネタにハナシが盛り上がる。泡に牛肉は合うのでその点でもちょうど良いタイミングで出た一皿。

Seabass Carpaccio as starter either.
スズキのカルパッチョ
前にここで昼食食べた時に良かったので、スズキのカルパッチョもオーダーしてみた。あ、イカリングも頼もうと思っていたのに忘れてら。

Scallops, Kumi san loves it.
ホタテグリル
北海道出身のクミさんのオーダーでホタテのグリル。
これがサーヴされた時点で、「お酒飲むために、食べるものはそこそこあればいいわ」とクミさんがヒトコト。これで、食事会というより、飲み会のふいんきに(笑)。クミさん、独身の頃もやっぱりモテたでしょう。

I ordered Lobster Thermidor as main.
ロブスターテルミドール
一応、メインとしてオーダーしておいたロブスターのテルミドール。

Yoko san ordered Risotto Seabass.
リゾット
モリカワさんは、スズキのリゾット。ご飯モノをメインにするとは、やはり日本人というカンジでステキ。

Kumi san's was Soup of Today.
スープ
クミさんは、本日のスープ。お腹を温めていたわりつつ、お酒イくとはさすがだわ、シャッチョー。
ちなみに、この日は、カルパッチョ以外は魚介系ということで、ワインは、リーズナブルだけどもテイストのバランスが良いサウスアフリカの白、シモン・シッヒ(Simon Sig : 英語読みでサイモン・シグ)を三本。一人一本空けた勘定になる。

Side dish was Grilled vegetables.
つけあわせ
マルタの定番のつけ合わせは温野菜で、こんなカンジ。こちらのお店、器も面白くてセンスあるモノが多いのよね。

そして、パラッツォ・プレカといえば、ドルチェ。
ドルチェ
Palazzo Preca has very nice Dolce. If I am living in Malta I call on Palazzo Preca every week for Dolce.
ドルチェ
ドルチェ
種類も彩りも豊か。マルタに住んでたら、ドルチェのために週一回はこの店に来るね。

ドルチェ
で、この夜、モリカワさんはクレームブリュレ、クミさんはレモンソルベ、ボクはヘーゼルナッツクリームのパフを選んだ。キオクがオボロゲなんだけど、このあとにリモンチェッロもいただいたような。
看板
こちら、パラッツォ・プレカは「美人姉妹の店」として、メディア露出も多く、毎年、何らかのアワードを受賞しているのたが、それに奢ることなく、キチンとした仕事を続けて来てはる。超人気店なのでディナーは予約必須。日本人客慣れもしているようで、日本での飲食のようにシェアを快く引き受けてくれる。ボクは自分で予約したけど、イマイチ不安とか、自信がないとかいう方には、JMT社のようなオペレータにブッキングしてもらうというテもあり。

結局、この夜は閉店の22時半までいてはしゃいでしまった。キチンとしたお店なので、お値段もキチンとしてるのだけど、お会計は日本で同じような飲み食いをした場合より、二〜三割くらいお安いかなというカンジ。ヴァレッタなので、徒歩でホテルまで戻るつもりだったのだが、クミさんが呼んでいたお車に便乗させていただいた。本当はお招き申し上げたボクの方がお車の手配を差し上げるべきところだったのに、恐縮です。

That evening We enjoyed dinning until closing time. Grazzi hafna ta' l-ikra tajba.

Palazzo Preca Restaurant
54, Strait Street, Valletta
Tel: +356 2122 6777
Email: info@palazzoprecarestaurant.com
営業時間 
月〜土 ランチ 12:00〜15:00 ディナー 18:30〜22:30
日 ランチのみ
夏季休日シーズンは日曜ディナーのみ

website http://palazzoprecavalletta.com
FaceBook https://www.facebook.com/palazzoprecarestaurant/
パラッツォ・プレカ 地図
 

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

tag : マルタ島 マルタ共和国 レストラン

2019-06-02 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

秘密のバーでジョニ白 - WHITE WALKER in the Secret Bar -

今回のマルタでの最終夜となった5月3日の宵。2年前も行った「マルタのハート」と呼ぶ人もいるスリー・ヴィレッジ地区の「秘密のバー」で軽く食前酒。
I called on the secret bar in Three Villages as 'Heart of Malta' again. At first I had White Walker on the rock.
ジョニ白
これ、まだ日本ではセールスされてないんだと言いつつ、ジョニ白のオンザロックを一杯目にオーダー。
ヒースロー空港の免税店にイチシオシみたいなカンジに大量に陳列されてたので、日本にも来月か再来月には、ドカドカと入ってくるもんだと思ったら、日本では正規品は数千本のネット限定販売とのこと。本来は冷凍庫でキンキン冷やして飲むモノらしく、軽いカンジにブレンドされている。
お通し
手ブレたけど、マルタ風の突き出し。
タリスカー
二杯目はタリスカー、オンザロック。
I love this bar and Its neighborhood.
バー
ここ、建物の作りが面白くて、雰囲気も良くて、ほんまにいいバーやわ。
秘密って言うてるけど、正しくお酒が好きな人が、マルタを訪れるなら、コソっと口頭でのみ教えてあげてもええで。
 

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

tag : マルタ島 マルタ共和国 居酒屋 酒場

2019-05-22 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

黄昏のクリーク - Creek on Twilight -

Msida Creek on Twilight. Photo shot 2nd May 2017.
イムシダクリーク
黄昏どきのイムシーダ・クリーク。昔の金曜ロードショーのOPテーマが似合いそう。
2017年5月2日撮影。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

tag : マルタ マルタ島 エクセルシオールホテル

2019-01-25 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

クラッパム・ジャンクション - Clapham Junction -

マルタの各地には、「カート・ラッツ」または「カート・トラック」という遺構が見られる。轍のような一対の溝で、巨石神殿の時代より少し新しい青銅器時代のものと考えられている。成立ちや目的は不明で、実際にそりや荷車などの運搬具が通った跡、あるいは通す為に作られたとか、灌漑のための設備だとか、色々な説がある。
ちなみにカートラッツの作られた時代には、すでに人類は車輪を発明していた。
Cart Ruts
Clapham Junction
You can see mysterious paired grooves on rocky soil in Malta and Gozo. These are named Cart Ruts.
Few Cart Ruts are crossing on this rocky field in south-eastern Malta. This field is given nickname 'Clapham Junction'. Crossing Cart Ruts reminded someone busy railway station in London.
Clapham Junction
Clapham Junction
このカート・ラッツが何対も集まっている様子が見られる「クラッパム・ジャンクション(Clapham Junction)」と呼ばれる場所がある。何対ものカート・ラッツが並行したり分岐する様子を、ロンドン南部のクラッパム・ジャンクション駅構内の線路の様子になぞらえてそう呼ばれている。
カバン
しっかりと残っている溝には、一澤帆布のカメラバッグがすっぽりと入る。

25年前、初めてマルタを訪れたとき、ここで写真を撮ってたところ、当時から運転手役をしてくれたトニーさんが「あいつ、地面の写真を撮って何が面白いんだ」と言ったそうな(笑)
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

tag : 古代遺跡 マルタ島 不思議

2018-11-26 : マルタ/遺跡・史跡・歴史 : Malta, Heritage : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今宵は寒い

会社からの帰り、自宅の最寄り駅に着いたら、雪がちらついていた。
先日、摂氏20度ちかくあったかと思えばなんだこりゃ。

寒いとき、ボクが飲みたくなるのは、カネヴァドスと熱湯を1対1で割ったものと、マルティーズ・コーヒー
マルティーズとは、犬の品種マルチーズと同じ語で、「マルタコーヒー」という意味になる。
マルタ産のオレンジリキュールとウゾを、ヨーロッパ風の深炒り豆で煎れた熱いコーヒーで割り、ホイップを浮かせるといったカンジの、コーヒーカクテル

マルティーズ・コーヒー
これは、マルタの古都イムディナの「カフェ・フォンタネッラ」で出されるもの。
客が好みでグラニュー糖を入れて甘みを調整するスタイル。
ここのマルティーズ・コーヒーマルタでは標準的な味かと。

マルティーズ・コーヒー
ボクが「アヒャ酒屋」と呼ぶ、大阪梅田の「ショットバー・アンドレ」で出されるもの。
画像ではわかりにくいが、ここのは、リキュールとコーヒーを注いだ後に、ザラメを静かに沈めて、ホイップをかぶせる。
今のところ、レシピを告げずに、カクテル名を言うだけで、マルティーズ・コーヒーが出て来る店は、日本ではこのバーだけだろう。

マドリーン
マルタの代表的なオレンジリキュール「マドリーン」。
アヒャ酒屋では、これを使ってマルティーズ・コーヒーを作ってくれる。

しかして、今シーズンは、なんや言うても暖かいから、例年ほど飲んでないな。

tag : マルタ マルタ島 マルタ共和国 カクテル コーヒー バー アンドレ

2007-03-07 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター