FC2ブログ

先斗町二時から飲み - Saturday Lunch -

先斗町のイタメシOlivaが、土日祝は14時から営業すると言うので、こないだの土曜14時にイってみたら、ちゃんと告知通り開いてた。
I had Saturday lunch at the tavern in Pontocho where is narrow taverns street in Kyoto downtown. As to starter I ordered bottle of cold lager.
サッポロ赤星
サッポロの赤星があるので、それをスターターに。暑い時には冷えたラガーやね。

Antipasto Freddo was Eggplant and Tomato Salad. This eggplant is harvested in southern Osaka. It’s taste of summer.
水茄子トマト
アンティパストに、泉州水茄子とトマトとモッツァレラチーズのサラダ仕立て。夏の味というカンジでウレシい。

Polpo Affogato was Antipasto Caldo.
おぼれタコ
温前菜は溺れタコ。ジャガイモも入っていて、スペイン料理のタコのガリシア風の煮込み版みたくもある。魚介には日本酒が一番やろと、オーナーシェフ、オリイさんの出身地のわかさを合わせる。ハッキリとしているがスッキリとした甘味がある。

I ordered Crab Tomato Cream Sauce linguine as main dish.
ワタリガニのリングイネ
遅い昼食としてパスタをメインとして食べる目論見だったので、ワタリガニのクリームトマトソースのリングィネをオーダー。ワタリガニもオリイさんの出身地、若狭の産。ワタリガニは「貧者のカニ」とも言われるが、パスタ料理で食べる甲殻類では、ボクは一番好きやね。この一皿もあわせたお酒はわかさ。

After the main dish, I tasted brand new wine and sake.
五里五里
食後酒をいただこうとしたら、これらを試してと、二種出された。
左が五里五里のにごりあわ。京都城陽でブドウの栽培と醸造がされた、その名とおり濁りのある発泡ワイン。パスタ、ピッツァ、パンなど、中力粉、強力粉系のコナモンにばっちり合いそうなテイスト。右、越前大野南部酒造場の花垣貴醸年譜。樽熟成させた日本酒で、シェリー酒のようなテイストで食前酒によいのではないだろうか。

German Beerenauslese as dijestivo.
ベーレンアウスレーゼ
で、食後酒に、ドイツのベーレンアウスレーゼ。手摘みの超完熟ブドウでつくられ上品にしてしっかりとした甘みがある。

ドルチェ。こちらに来たらピスタチオのアイスクリームは外せん。
ピスタチオ
Dolce were Gelato al Pistacchio and Plum Panna cotta.
パンナコッタ
そして、ドルチェもう一つ。すももやまももパンナコッタ。濃厚に作られたパンナコッタに、スモモとヤマモモの酸味のとりあわせがステキ。

イタメシOliva (オリーヴァ)
Tel 075-708-8178
京都府京都市中京区下樵木町202-4-1 先斗町たばこやビル3F
営業時間
17:00 ~ 24:30〈L.O.〉
土日祝 14:00 ~ 24:30〈L.O.〉
水曜定休

予約推奨
たばこやさんの看板
行き方としては、先斗町を四条から入り、三条方向に上がって行って、この看板を見つけるのがわかりやすいかと。
 

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

tag : お酒 イタリア料理 お昼ごはん 京都観光

2020-06-29 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

湯葉あんかけ - YUBA -

後半結構寒かった今週、明日からはまた暖かくなるとのこと。寒いうちにあのメニューを食べておかねばということで、昼前に太秦広隆寺駅の京富に。
京富
目的は、エントリタイトルのとおり湯葉あんかけ。うどんそばを選べるのだが、直感でそばにした。単品撮影を忘れているが、ちりめん山椒ごはんも付けた。
湯葉あんかけそば
Today I called on the Udon Tavern in Kyoto downtown for brunch. I ordered Soba noodle in Hot Thicken Broth with Yuba. Yuba is bean-curd skin. Hot Thicken Broth is good for cold early spring in Kyoto.
湯葉あんかけ蕎麦
京都のあんかけ麺らしく、おろしショウガが乗っていて、サーヴしてくれる女将さんが「ショウガを散らして召し上がってください」とリコメンドするのもいつもの通り。途中まで手繰って、粉山椒と七味をふって味変。添えられたレンゲで掬いつつ手繰ると、あんかけつゆも緩くなりにくい。ちりめん山椒ごはんも、山椒の香りと刺激が過不足なく「吉」

そういえば、今シーズンは京風たぬきを一度も食べてないな。

京富
京都市右京区太秦組石町10-3
(嵐電太秦広隆寺駅四条大宮行きホーム)
075-865-2230
営業時間:11時〜19時 水曜休


 

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

tag : 京都観光 日本食 お蕎麦 そば屋

2020-02-29 : 昼食/ランチ : Lunch : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東寺がらくた市 - Antique Market at the Temple -

There was the Monthly Antique Market at the Toji Temple in Kyoto. I was to there this morning.
東寺がらくた市
京都の東寺では、毎月第一日曜は「がらくた市」を称する骨董市が開催される。今朝行ってみた。

EXPO'70
EXPO’70のアイテムを収集されている方、こういうトコにありますよ。

東寺骨董市
東寺がらくた市
東寺がらくた市
やっぱり、骨董市は目の毒やな。今度も拳をグッと握りしめて「経済的にも空間的にも余計なモノを買うヨユーは無いやろ」と、自分に言い聞かせてた。

334事案
334事案はこの2年後(笑)

This temple is famous of the five-story pagoda.
東寺
東寺といえば、やはり国宝の五重塔。
 

テーマ : 骨董市・骨董祭・アンティーク
ジャンル : ライフ

tag : 京都観光 遠足

2020-02-02 : 社会・生活 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

京都迎賓館 - Kyoto State Guest House -

幼馴染のwaskaz氏が法事でトンチンから帰って来た。この機会に京都迎賓館を見学したいと、自分でガイドツアーの予約を取って来はったので、先の日曜ご一緒させてもらった。
My old friend since our boys hood back to his home town in Kyoto. He would like to join the guided tour in Kyoto State Guest House. We checked in the guided tour at afternoon on last Sunday.
前庭
まず、西門で予約の有無の確認を受け、前庭のスロープから地下に降りる。地下の来賓・関係者用の駐車場で、金属探知によるスキャンも含めたセキュリティチェックを受けてのち、チケットを購入、ツアー参加者が揃ったところでブリーフィングを受ける。

His Majesty Emperor and Her Majesty Empress rode this open top car to went down parade celebrating the throne last November.
センチュリー
ツアー出発となったところで、見学順路へ向かうスロープの前にて、先の11月の祝賀御列の儀で両陛下がご乗車された、センチュリー特別仕様車のモノホンを皆さん撮影。地下は保安上の理由で撮影不可だが、この一角に限って許可されてた。

玄関
玄関脇で履物を館内用のスリッパに履き替える。ご来賓ある時は、このシューズロッカーはどこにどのように片つけるのだろう?案内役さんに訊こうと思ってたが、結局訊きそびれた。

Juraku no Ma, this room is like as waiting lounge
聚楽の間
聚楽の間。
ロビーラウンジのような性格の部屋で、兎にも角にも調度がスバラシい。

Yu Bae no Ma, This room has very good Japanese Tapestries.
比叡
愛宕
夕映えの間は、大臣会合や、お茶会、晩餐会前のカクテルパーティーなどに使われる部屋。
部屋の東側には比叡山に昇る月、西側には愛宕山に沈む陽を意匠した綴織り。

Fuji no Ma, this space is used for Western-style banquets, sometime used for summit meeting.
藤の間
藤の間。
大晩餐会や歓迎式典。はたまた、大きなラウンドテーブルをしつらえてG7のような多国間首脳会議に使われる。花言葉が「歓迎」の藤の意匠が部屋のあちこちに凝らされている。

庭
藤の間から見た庭。

Kiri no Ma, here is Japanese style banquet room.
桐の間
桐の間。「和の晩餐会」が行われる部屋。

いよいよ、楼橋を渡っていく。
楼橋
We crossed the pond in the garden by an Open Covered Bridge. Then guided tour was finished.
池
We joined a guided tour on Japanese. They hold guided tours on English either.
舟入
舟入のある部屋で、最後のレクチャーを受けて、このツアーは終了。

平日は、ガイドなしのフリーの見学もあるようなのだが、初回は絶対ガイドツアーが良いかと。案内役が居るために、入れてくれる場所や、見せてくれるモノもあるので。また違う季節にも来てみたいのだが、ガイド付きか、フリーかで今から迷い中。

京都迎賓館
https://www.geihinkan.go.jp/kyoto/
 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 京都観光 遠足

2020-01-28 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

雪見小旅行 - Excursion to the Snowy Mountain -

昨夜のあいだに、京都で結構雪が降ったので、日曜にしては早起きをして雪を見に行くことにした。阪急、京阪、叡電を乗り継いで、鞍馬へ行ってみることに。
They had much snow in the northern of Kyoto city. I decided to been to there. I got on board the tram from the station at the outer skirt of downtown of Kyoto.
叡電、出町柳
叡電のターミナル出町柳はまだ京都の市中、雪はうっすらと積もっている程度。

市原あたり
国際会議場のある宝ヶ池あたりまでくると、車窓は結構な雪景色に。

I got off the tram at Kurama that is the north end station of the line.
鞍馬駅
鞍馬に着いたら、まだハラハラと雪が舞っているカンジ。
山門前は、門徒さんのボランティアの方と、門前のお店の方が雪かきをしてくれててはりました。
鞍馬寺山門
I climbed a little inside Kurama Temple mountain. They had powder snow.
鞍馬 由岐神社
鞍馬 由岐神社

山門で愛山費(拝観料)を払って入山をしてはみたものの、ただトレッキングブーツ履いただけでは、本堂まで徒歩でイくのはムリと判断して、300メートルほどイった由岐神社で引き返すことにした。このあたりの雪はサラサラしてた。ちなみにここも京都市内。
多分だけど、山門のとこから、ケーブルカーに乗れば本堂に行き着くことはできたと思う。

鞍馬寺 参道
山門まで降りてきた時も雪は降り続け、さらに積もっていってた。

鞍馬駅から叡電に乗って、二つ先の二ノ瀬駅に移動。
叡電 鞍馬駅
叡電 二ノ瀬駅
I got on board the tram again to got back to downtown of Kyoto.
きらら
画像に「鉄分」が欲しかったので、こういうのを撮影。で、この電車に乗って京都市中に戻ることに。

きらら車内
乗った列車は「きらら」の愛称を持つ観光用の車両。

When I got back at downtown of Kyoto, most of snow was melted.
出町柳
出町柳駅に着いたら、往きの時より随分と雪が減ったカンジ。なんかヘンな電車がいる。こんなデザインの電車が北欧にあったような。

鞍馬線90年
今日乗った叡電鞍馬線は今年で開通90周年だそうな。
水無瀬野と呼ばれるウチのあたりから、京の北のハズレの鞍馬まで、1時間半で来られるのも、これがあるがためだよな。
 

テーマ : 雪景色
ジャンル : 旅行

tag : 遠足 京都観光

2019-01-27 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター