FC2ブログ

帰ってからも楽しめる如月 - Kisaragi the Soba Tavern -

桂を出て、いったん来た道を戻って行くと、きんまたの待ちの人数はさらに膨らんでいた。よって2軒目には如月に。
如月
After checked out Katsura, I called on Kisaragi the Soba Tavern.
First of all I had Sasazuru for starter. That is local sake of Deishi(Izushi).
楽々鶴
まずは、地酒の楽々鶴(ささづる)を冷やで。キリっとドライなのに、しっかりとした甘みもあるねん。

ワサビ
こちらでも皿蕎麦一人前をオーダー。蕎麦に先だって薬味が運ばれて来た。こちらのワサビは客が自分でおろすようになっている。しかも、安曇野産の本ワサビ。おろし金の上でぐるぐると円を描くようにしてワサビをおろしつつ、楽々鶴をちびちびと飲りながら蕎麦の到着を待つ。
薬味の玉子が鶉卵であるところが、こちらの皿蕎麦の特徴。桂のときと同じ手順で手繰っていき、蕎麦湯を楽しんだ。
でいし皿蕎麦
I ordered authentic Deishi Style Soba noodle either.

如月
余ったワサビを持ち帰れるように、各テーブルには小袋が用意されている。中居さん(ひょっとしたら女将さんかも)によると、持って帰ったワサビをおろして、ご飯にのせて海苔で巻いて「ワサビ巻き」みたいにして楽しむ方が多いとか。で、翌朝、ボクも同様にしてちょっと贅沢な朝食を楽しんだ。

Sweet that is made of fried soba noodle.
蕎麦かりんとう
デザートがわりの蕎麦かりんとうがまたイカす。
こちらのお会計は1,512円で桂と大体にたようなもん。居心地も客あしらいも良いので、こちらもまたでいしに来たら絶対訪れる店にケッテイ。

出石皿そば 如月
兵庫県豊岡市出石町八木23
TEL: 050-5592-6885
営業時間 10:00〜17:00 水曜休


如月を出た後、二度きんまたの前を通ったが待ちの行列は続いていた。別の用事もあったので、今回のでいしで蕎麦屋に入ったのは、桂と如月の2軒となった。とある地元の方がおっしゃっていた「いくらおいしい言うても、2時間も並ぶことないわ」と。

※出石は本来「いずし」と読むのだが、下のような理由などでネットでは「でいし」と呼ばれることが多い。拙ブログでもそのようにしている。
でいし

テーマ : 蕎麦処
ジャンル : グルメ

tag : 但馬 お蕎麦

2018-12-09 : 名物料理/郷土料理 : Regional cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター