FC2ブログ

クラッパム・ジャンクション - Clapham Junction -

マルタの各地には、「カート・ラッツ」または「カート・トラック」という遺構が見られる。轍のような一対の溝で、巨石神殿の時代より少し新しい青銅器時代のものと考えられている。成立ちや目的は不明で、実際にそりや荷車などの運搬具が通った跡、あるいは通す為に作られたとか、灌漑のための設備だとか、色々な説がある。
ちなみにカートラッツの作られた時代には、すでに人類は車輪を発明していた。
Cart Ruts
Clapham Junction
You can see mysterious paired grooves on rocky soil in Malta and Gozo. These are named Cart Ruts.
Few Cart Ruts are crossing on this rocky field in south-eastern Malta. This field is given nickname 'Clapham Junction'. Crossing Cart Ruts reminded someone busy railway station in London.
Clapham Junction
Clapham Junction
このカート・ラッツが何対も集まっている様子が見られる「クラッパム・ジャンクション(Clapham Junction)」と呼ばれる場所がある。何対ものカート・ラッツが並行したり分岐する様子を、ロンドン南部のクラッパム・ジャンクション駅構内の線路の様子になぞらえてそう呼ばれている。
カバン
しっかりと残っている溝には、一澤帆布のカメラバッグがすっぽりと入る。

25年前、初めてマルタを訪れたとき、ここで写真を撮ってたところ、当時から運転手役をしてくれたトニーさんが「あいつ、地面の写真を撮って何が面白いんだ」と言ったそうな(笑)
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

tag : 古代遺跡 マルタ島 不思議

2018-11-26 : マルタ/遺跡・史跡・歴史 : Malta, Heritage : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター