FC2ブログ

日曜ひとり焼肉 - Beef BBQ on Sunday Brunch -

Yesterday I checked in the BBQ bar in Osaka down town for Sunday brunch.
ビール
阪急中津駅近くの焼肉店茜が日曜の昼に営業してるのを知ったので、昨日、所用のついでに日曜ブランチに出かけてみた。で、日曜なのでまずはビール。

At first sliced tongue was served. I grilled it charcoal brazier myself.
塩タン
最初はタン塩。片面だけ焼いて、レモン汁でいただく。

Vegetable as side dish.
ナムル
ナムルは盛りが多いのがウレシい。サラダがわりやね。

オニクは、カルビ、ハラミ、バラをいただいた。
カルビとか
Main was beef ribs. I grilled these myself either.
カンテキ 七輪
基本、客一組にカンテキ(七輪)が一つ出されて、それで各々が焼くスタイルなので独り焼肉での入店もしやすい。

Rice and Hot tasty soup made me happy.
ごはん  スープ
シメのごはん(小)とアツアツのワカメスープ。焼肉にきた時は、これもシアワセ。

ほうじ茶
そろそろ終わりかなってタイミングを見はからって、お茶を出してくれるところもウレシい。

焼肉 茜

大阪府大阪市北区芝田1-15-15
TEL:06-6375-2212(予約不可)

緊急事態宣言下での営業時間
11:00〜20:00 不定休
テイクアウトのお渡しは20:00以降も可

焼肉 茜 地図
 

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

tag : 休日ブランチ 梅田 お昼ごはん

2021-02-08 : 焼肉/焼鳥 : Yakiniku & Yakitori : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バッタとウマ - Chilled Drinks -

先週土曜は酷暑日だった。夕方、SHOT BAR Andre曽根崎店にイったら、バーテンダーのサトムラさんがまたフローズンカクテルを作ってくれた。今回はグラスホッパー。ミントの刺激が後からきて暑い夕方に「吉」。
フローズン グラスホッパー
It was boiling hot day last Saturday. The Bartender built Frozen Grasshopper fro me. Its mint flavors is good for summer evening. At another bat, they built Mint Julep that chilled cocktail good for late summer evening.
ミントジュレップ
曽根崎店のあとにAndre DDハウス店にイったら。今日は「ケンタッキーダービーの日ですよ」と、ダービーの公式カクテルであるミントジュレップを作ってくれた。2018年からはウッドフォードリザーブがダービーの公式スポンサーであるため、現在の公式レシピはウッドフォードリザーブをベースにする。グラスに霜が張るほどキンキンに冷えたミントジュレップは、晩夏の暑さにはピッタリだろう……って、ケンタッキーダービーは毎年5月に開催されるものが、今年はチャイナ・テドロス肺炎のせいで9月に開催が延期になったのだよ。
 

テーマ : カクテル
ジャンル : グルメ

tag : お酒 酒場 晩酌 梅田

2020-09-09 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今週はフローズン - Frozen Pina Colada -

The Bartender built Frozen Piña Colada for me. Frozen cocktails are good for boiling hot summer in Osaka.
フローズンピニャコラーダ
曇っていたので先の木曜金曜よりは気温の昇がり方がややマシだったとはいえ、やはり酷暑の今日の大阪。Shot Bar ANDRE 曾根崎店では、バーテンダーのサトムラさんが、一杯目にフローズンピニャコラーダを作ってくれた。パイナップルが切れているということで、かわりのイロドリづけにレモン。ちょっと絞ると面白いアジヘンになったので、これはこれでよかったかと。
 

テーマ : カクテル
ジャンル : グルメ

tag : 梅田 晩酌 酒場

2020-08-08 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

サンマとイノシシ - Taste of Autumn -

今週の火曜、まずはショットバーアンドレにて、シーバスリーガルのブレンデングセミナーがあったので受講。
ブレンドセミナー
Last Tuesday evening, I participated in the whiskey blending seminar at the bar in Osaka downtown.
ブレンドセミナー
シーバスにブレンドされているお酒のうち、基本のグレーン1種とモルト5種で、自分好みのブレンドを作ってみようというもので、「飲む大人のヌガー」のコンセプトで作ってみたら、我ながら中々いいものができた。で残ったお酒を別に全部混ぜたらコーヒーの味になった(笑)

セミナー終了後は阪急で西中島南方までいって、世界征服サークルの定例ミーティング。
まずは、魚料理でサンマのコンフィ。アタマからバリバリ食べられるので、焼きと同じくらい好きな調理法。
さんまコンフィ
After the seminar I called on the Italian bar to had supper. Fish was Confit of Sanma(Pacific Saury). Meat dish was Boar Ragout Paccheri. These are taste of autumn.
イノシシパッケリ
オニク料理として、イノシシのパッケリ。径の大きな筒状のパスタ、パッケリが、ソースをうまく捉えるのが「吉」な一皿。秋らしく涼しい日がきちんとつづくようになったところで、秋の味覚のサンマとイノシシがいいカンジでいただけたということで。
 

テーマ : 季節の味
ジャンル : グルメ

tag : 梅田 新大阪 イタリア料理

2019-11-15 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

封鎖ヲ解除セヨ

まずは、今回の事件で被害にあわれた森永さんのご冥福をお祈りさせていただきますとともに、ご遺族ご友人の皆様にお悔やみを申し上げます。



被害者が亡くなっている、犯人が捕まっていなかったということで、『大阪のビル、トイレ内で男性刺され?死亡…刃物男走り去る』という事件、ここなどでネタにするのを控えていた。
ボクに近い人はお気づきだと思うが、この事件の当事者のひとつ、被害者が仲間とともに入ったという「ショットバー」というのは、アヒャ酒屋アンドレのことである。
アンドレ1 アンドレ2
左側画像の入り口部分も何度か全国ニュースで流れたから、知ってる人には店がモロわかり。以前働いていて現在東京在住の人からも気遣いの電話が事件後すぐにかかってきたとのこと。
金曜になって『大阪刺殺で自首の男を逮捕、「盗み準備目撃され」』ということで、まずは一段落というところか。DDハウスから、客足が遠のいているということで、事件後、犯人タイーホ前にも何度かアンドレには足を運んでいるのだが、昨夜も雪が残るなか「週末定例飲み」に出かけてきた。
マルティーズコーヒー20080209_1 マルタ風コーヒー
寒いときの定番、食事のデザートも兼ねてのマルティーズコーヒー。
アンドレ流のレシピは、グラスの底にザラメを敷いて、マドリーン(Madlien)というマルタ産のオレンジリキュールとウゾ(ギリシアのグラッパ)を15mlずつ注ぎ、そこへヨーロピアンローストのコーヒーを注ぎ、クリームを浮かせる。
現地マルタのカフェやバーでも、だいたいこういうレシピでつくる。
カルバドスお湯割り
さらに、雪降るくらい寒かったということで、ウルヴァドスのお湯割り一対一。カルヴァドスはふつうのブランデーにくらべて、ヒッカカりやクセが少ないので、ボクがお湯割りするときは一対一が鉄則。

これら、飲んでる間にも、刑事がやってきて、モリモト店長に調書確認をとっていた。
突発的犯行ということで、ひょっとして、ボクか、よく知る店のスタッフが、被害にあったかも知れないと思うと、ガクブルものである。

DDハウス
いつもの週末のとおり、DDハウス周辺はにぎわっている。
が、アンドレに行く前と帰るときに、地下一階の飲食街をのぞいてみたが、週末の夕刻にもかかわらず、客の入りは非常に悪い。ガラガラの店内から、恨めしげな視線を店員から投げられたりもする。
アンドレは現場にもかかわらず、事件後からも、客の入りはほとんどかわらないそうだが、同じ二階にあるカラオケZACCは、非常に厳しいことになっているとのこと。
事件直後、捜査のために封鎖されているDDハウスをして「踊る大走査線 DDハウスを封鎖せよ」などと軽口をたたいていたが、お客さんたちには、そろそろDDハウスに対する「気持ちの封鎖」を解除して戻って来てほしいものである。
当然、以前より警備はよりしっかりしてるし、今なら、私服やマスコミ関係者の出入りも頻繁だから、より安全。

tag : 梅田

2008-02-10 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

バンビ~ノ!!

マルタの事について、損得勘定抜きで協力しあっている語学留学コーディネータ・パークヴィレッジの女シャッチョー様がまたまた来阪。大阪はまだまだ暑く、こんな時は、ベトナム料理がええのではということで、知る人ぞ知る名店「光華(コンワ)」へ。

光華
まずはなんといっても生春巻き。
当然、前回同様に、手づかみでいく。

光華
空心菜のエビミソ炒め。
エビミソのうまみと、豆板醤のピリ辛みがウマウマ。

光華
揚げ春巻き。
前より小ぶりになったな。シャッチョー様いわく、本来この大きさが本当だとのこと。添えられたレタスに巻いて、手づかみでタレにつけて食べる。

光華
ベトナム風焼きギョウザ。
皮がチモチモで、アンといっしょ美味しい肉汁が入っている。小龍包といっしょで上手に食べないと肉汁が飛び出すよ。

光華
ホタテのベトナム風黒味噌炒め。
シャッチョー様いわく、最近どんな店いってもホタテのメニューをやたら見る。旬なのかなと。

光華
銀スジ(牛アキレス腱)のベトナム酢の物風サラダ。
牛スジのこういう食べ方は、日本人には思いつかない。

光華
フォー。
トンコツ、鶏ガラ、タマネギ、ニンニクでとったスープで。
光華
こんなカンジで平べったい麺。ベトナム春巻きに使うライスペーパーを長くぎざんだようなものかと。

オーナーシェフの王(ウォン)さんの相変わらずの、独特のテンポやアバウトさには、我々は楽しませていただいたが、大阪の真ん中という場所柄、怒る客もいるのではないか。ま、怒る客がたまにいても、王さんと王さんの料理のファンは多いから、大丈夫だとは思うけど。

ベトナム料理って、タイ料理ほど辛味が強くないけど、酸味と辛味がほどよくて、使い方がうまくて、激辛好きのボクにも満足度たかい。飽きる事なくたべられる。

光華(コンワ)
〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-1-12 塩田ビル1F
06-6363-1598
不定休 11:00~02:00



光華のあとは、これはもはやシャッチョー様との定例、アヒャ(゚∀゚)酒屋アンドレへ。
やっぱり、というか二人して、一杯目はモヒートで。
アンドレ
女シャッチョーさまの二杯目は、フローズンマルガリータ。
女シャッチョー様いわく、こちらバーのフラッフペは、氷のキメが細かくてよいとのこと。
ボクは、フローズンダイキリ「シロップ抜き」、モヒートとともに、アーネスト・ヘミングウエイが好んだカクテル。
アンドレ
女シャッチョー様の三杯目はマルティーズ・コーヒー。
先回こちらのをいただいてから、本場マルタのよりもおいしいとお気に入り。

我々の隣で、世界陸上の関係者らしき、イタリア人(話してる言葉でわかった)の熟年グループが飲んでたのだが、彼らが勘定を済ませて帰るときに、「チャオ~」と声をかけたら。ボクのすぐとなりに座っていたマダムが返した言葉が
「チャオ、バンビーノ
だってさ。
イタの熟年マダムにかかれば、ボクでもボウヤ扱いかよ。なんか複雑な気分。

tag : 梅田

2007-09-02 : ベトナム料理 : Vietnamese cuisine : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

カサ・デ・マノーロにクォーコと行く

マルタとえげれすの話を進行させているところだが、今回は、時間と場所を今にもどして.......

8月の営業スケジュールの都合で、バール・イルソーレのソットシェフのウエダ氏が、昨11日の土曜が休みとなったとのこと。ならば、この機会にカサ・デ・マノーロにいってみたらということに。
で、他の常連さんも交えていってみた。

レブヒート
乾杯の飲み物は、レブヒートいっといた。
シェリーを炭酸レモネードで割ったカクテル。他の二人は「暑い暑い」と生中。

タパスなどをどんどんいく。
焼き野菜のマリネ
焼き野菜のマリネ。
味付け、塩加減が絶妙。

いわしの酢漬け
いわしの酢漬け。

ハモンセラーノ
ハモンセラーノ(生ハム)。
例によって、店長が専用のナイフで削ぎ切ってくれる。ウエダ氏いわく、切り方から、かなりの技術の高さを感じるとのこと。他所の店では乱雑な切れ端を出されたことが何度もあるとか。

サングリア
最初の飲み物があいたところで、サングリアを赤ベースでもらう。
いよかんのソルベがのっているのが特徴。今回は、果物にぷどうも加わっている。

ガスパチョ
冷たいスープ、ガスパチョ。
アンダルシア地方の夏の家庭料理なので、それ同様、日本のお店でも、いろいろなスタイルがある。こちらのは、皿の上の具を加えていきつつ飲む。

タコ
タコのアリオリ。

ぶたミミ
ブタの耳とニンニク芽のオーブン焼き。
耳の食感とニンニクの香りがよい。

トルティージャ1トルティージャ2
トルティージャ(スペインオムレツ)。
今回は、断面も撮影。フワフワトロトロホクホク感が再現できるかな。

マッシュルーム
マッシュルームのニンニクオイル煮。
当然、マッシュルームをさらえた後は、バケットをオイルにひたして食べる。

茄子のフリット
ナスのフリット。
揚げると、一度大量に油を吸うが、時間がたつと油を吐き出すナスの特性をうまく生かした一品。外サクサク、中ホクホク。塩加減が非常によいと、ウエダ氏が絶賛。

タイのカマのコンフィ
鯛のカマのコンフィ。
カマとは言え、鯛が380円!

パエージャ
そして、シーフードパエージャきたー!
こちらのお店のは、注文がはいってから調理をはじめる。ほんの少し芯の残る見事な炊きあがりで供してくれる。

ドルチェ
ドルチェは自家製ソルベ。
奥から時計まわりに、いよかんといちじく、チョコレートとココナツ、いちじくとココナツの組み合わせで。

ウエダ氏いわく、氏の店イルソーレではお酒の肴としての味付け、こちらのカサ・デ・マノーロは食事として、料理の味付けをしているとのこと。なるほど。

tag : 梅田 スペイン料理

2007-08-12 : スペイン料理 : Spanish cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター