FC2ブログ

ゴゾ海峡とグレンイーグルスバー - Gozo Channel and Gleneagles Bar -

Last 2nd May, Violet san, Tony and me went to excursion around Ghawdex(Gozo). We got on board the ferry she departed at 1030hrs from Cirkewwa .
ゴゾ行き
5月2日はゴゾへ遠足。
当然ながら、マルタ本島北端のチルケッワからゴゾチャネル社のフェリーに乗る。10時半の便に乗れた。ヴァイオレットさんはなんか車の扱いの要領がいいと言うか、運がいいと言うか。駐車場所なんかも最適なとこがすぐに見つかるし。例年通り、いつものトニーさんがドライバーだったら、11時15分の便になってた。
コミノ
マルタとゴゾの間の小島、コミノを右舷に眺めて、みなさんワクワクちう。
すれちがい
中間点で、ゴゾのイムジャール同時刻発のチルケッワ行きとすれ違う。
They enjoyed short voyage through Gozo Channel.
間も無くイムジャーに上陸
ゴゾ上陸間近で、みなさんソワソワちう

ゴゾを巡ったあと、夕方に寄るのがフェリー港イムジャールのグレンイーグルスバー。
グレンイーグルスバー
The ending of the excursion in Ghawdex I always stop by Gleneagles Bar ashore Mgarr harbour.
グレンイーグルスバー
テラスからはイムジャールの入江が一望。
店名は、この入江に幾年月も出入りをしたマルタ〜ゴゾの最初の定期便だった汽船グレンイーグルス號に由来。
クィネル先生
A.J.クィネル先生の遺影が変わらず見守っていてくれるので、いつものようにVサインを出して、心の中で「遺影に向かってイェイ!」と言う。毎度、常連の誰かに、コイツ何やってんだと言うような、怪訝な目で見られる。

Tony the owner bartender poured me my favorite Lamb’s Navy
アヒャ酒
ここ来ても結局アヒャ酒。
一杯目のエール、ホップリーフを飲み干したら、「お前の好きなのはこれだよな」と、オーナーバーテンダーのトニーさんがすかさずついでくれる。で、グラスを空けたら間髪入れずに注いでくれる。三杯目が注がれたとき、ヴァイオレットさんが「あんた!飲み過ぎ!!」って、血相変えてやってきた。奥さま、ボクにはこれがフツーですよ(笑)
ちなみに、同じトニーさんでややこしいので、この店にいるときは、いつものトニーさんのことは「プロフェソール」と呼ぶようにしている。
いつもなら、オーナー・バーテンダーのトニーさんの弟、サムさんのお店、イル・クッチーナ・タル・バラッカに降りてって夕食をいただくのが、残念ながらこんときは臨時休業。マルタに戻ってからマショックベーカリーのフティーラを食べたと言うのは先述の通り。

We voyaged back from Ghawdex to Malta under twilight.
黄昏のゴゾ海峡
サムさんとこで夕食たべてからだと、早くても2130時発のフェリーで夜の帳の中海峡を航るのだが、それがなかった今回は、20年くらいぶりに、黄昏どきを航る。

箱入り娘
下船間近になって、船内でこんな箱入り娘に遭った。ちなみに、マルティーズ犬の原産地は、本当はマルタではないからな。

テーマ : 海事
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : マルタ共和国 マルチーズ 地中海

2019-11-25 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

夜なお楽しいヴァレッタ - Fun Valletta at Evening -

Decad ago, Valletta was the city of business time. At 4.30 p.m., every shops were closed. No one was on the streets after sunset. Only a few restaurants was running till 10 p.m. Recently, we can fun the city in evening. Many restaurants, cafes, and bars open till late. Some souvenir shops open until 8 p.m. or 9 p.m. Peoples are going down streets after sunset.
ヴァレッタって以前は、ビジネスタイムだけの街というカンジだったが、ここ数年で、夜も楽しい街になってきている。
夕方のリパブリク・ストリート
この画像は、ヴァレッタのバックボーンであるリパブリク・ストリート。18時半ごろの撮影で、まだまだ明るいが、以前ならこの時点で、土産物屋などは全て閉まっていて、「定時上がり」に遅れたらしいビジネスパースンがいそいそと帰宅するのを希に見るくらいだった。
南東に一本隣のマーチャント・ストリートなどは、通り沿いの多くの飲食店が路上の「テラス席」を設けて、さらに賑やかなことになっている。
Party on South street started from twilight zone. It had been held until midnight maybe.
サウス・ストリートでパーティー
上の画像とほぼ同時刻、サウス・ストリートで、結婚披露かなんかのパーティーが始まろうとしていた。暗くなってからなお盛り上がるんやろね。

そんな中、2年前に見かけて、来てみようと思っていたSTR.EATに入ってみた。
STR.EAT
I checked in STR.EAT near St.George Square.
Bar
地上階にテーブル席、路上にテラス席もあるが、「マルタで初めての本格ウィスキー専門バー」を謳うこの店の根幹である地下のバーに降りていった。マルタのそこそこ以上に古い建物の地下らしく、アーチで空間が区切られているのが面白い。バーカウンターの向こうには、ウィスキーの定番の銘柄がいくつも。中段タナ真ん中あたりにジャパニーズ。
They say STR.EAT is first authentic whiskey bar. I had Yamazaki 12ys On the Rock. I know they have good kitchen and chef. Next time I will have supper there.
Yamazaki
山崎12年をオーダーしたら、ワンショットに足りない分しか残ってないので出せないという。ワンショットのお金払うからそれちょうだいといってオンザロックを作ってもらう。ジャパニーズの銘柄モノは今後の入荷の目処が立っていないとバーテンダー氏。山崎の蒸溜所の近くに住んでいるが、蒸溜所でもエイジドのものは最近売っていないと話すと、入手が出来るようになったら、是非買って送ってくれと軽口。
こんときは「まだ日のあるうちの一杯」だけにしたけど、フードのメニューも充実してるので、次回は食事もしてみたいな。そんとき、マルタ人らしくてシャイだけど親切なこのバーテンダー氏に、何かお土産を持って来てあげられるといいな。

20時半頃のリパブリク・ストリート。以前ならこの時間は人通りがほとんど絶えてる。
夜のリパブリクストリート
Mornings and evenings were cool in May in this year. Heaters warmed peoples on streets dinnings.
ヒーター
今年の黄金週間期、朝夕冷え込んだので、どの店もテラス席にはこういうストーブを出してたのも面白かった

トリトンの泉
トリトンの泉のとこから、バスターミナルを南に移して、泉の周りを明るく、見通しがきくように改修したことも、ヴァレッタの夜の賑わいに貢献してるかも。以前は、暗がりが何箇所もあって怖かったものね。
マルタの夜といえば、スリマ、サンジュリアン、パーチェビルで、ヴァレッタはパラッツォ・プレカのような店で食事する以外は夜何もないトコだったのが、今ではホントに夜も楽しいトコになっている。エクセルシオールに泊まることのアドヴァンテージも上がってウレシい。

昔のことを言うと、ザ・ガットと呼ばれる船乗りなんかための歓楽街通りがあったんだけど、まともな人間は夜だけではなく昼も近寄るなって言われてたなあ。今で言うとどのあたりかは、言わぬが花。
( -.-)
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2019-10-23 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高き城 - High Citadel -

Citadel, Ghawdex(Gozo). It was shot from Zebbug in 2012
Citadel
ゴゾの島都ヴィクトリアと周囲を見下ろすようにそびえる城塞。この画像は北のゼブージの方角から、2012年5月に撮影。
周囲では英語でシタデルと呼ぶ人が多いので、ボクもそう呼んできた。マルタ語でチッタデッラと呼ぶ人もそれなりにいる。あとスペイン語風にグラン・カステリと記した地図やガイドブックもあったな。

Last May, When We be to Ghawdex I called on Museum of Archaeology in Citadel
MuseumMuseum
MuseumMuseum
5月2日にゴゾに遠足したとき、気まぐれでシタデル城内の考古学博物館にはいってみた。
It’s small however lovely and interesting museum.
Museum
こちらの博物館は、小さいながらも常設展示が面白く興味深いので、何年かぶりに知のシゲキをいただいた。

After checked out the museum I explored in Citadel.
Citadel
ここ何年ものあいだ、ゴゾには「観光」にはいっていないと嘯きながら、考古学博物館を出たあとは、しっかり城内を散策。

Qattus(cat) on wall calls me.
Qattus
頭上より、なんか視線を感じると思ったら、こんなコが。ぬこらしい好奇心の強そうな目をしてるけど、城内のぬこたちはあんまり人になつかない。声をかけながらゆっくり近づいても、日本のぬこ同様、けっこう離れた位置でぴゅんと逃げる。

Citadel
北東がわの城壁の巡視路から南東のほうを見る。
シェウキアのドーム、ゴゾ海峡、コミノ島、マルタを視界におさめることができる。

Citadel
北のマルサルフォンの方向を見てみる。
テーブル状の丘の上に村があって、丘の間に農地が広がるのがゴゾの風景の特徴。あと、東西10キロ足らず、南北6キロ程度の小さな島なので、どこにいてもその空気に海を感じる。

Citadel
城内にはかつて、シクロノルマン調の家屋が建っていたのだが、多くが崩れてしまった。4年前までは、瓦礫だらけだったのだが、結構キレイに片付けたね。それでも月夜に来ると「荒城の月」が似合いそう。

Grazzi Alla temp tajjeb!
Citadel
今年の「ゴゾ遠足」は、スコブル好天に恵まれたので、シタデルでも、光や色がいい感じの画像が撮れてる。

Citadel
好天にサーキュラーフィルターが効いたような画像だなあ。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2019-10-10 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

命名、モップ - Mop Head -

I saw the qattusa(female cat) at Nadur Ghawdex. I immediately named her Mop Head.
モップ
ゴゾのナドゥールで見かけたコ。即座にモップ、Mop Headと日本語と英語でアダ名つけたった。棒をつけて、そのへんを拭いてやりたくなるようなルックス(笑)

She didn't run away when I was closing in her. Because, there was the black dog as her bodyguard.
モップの護衛
一枚目の画像を撮るくらい近づいても、モップは逃げない。なぜなら、彼女には黒ワンコの護衛がついていたから。このワンコ、かしこいよ。他のワンコが通りかがったり、気配を感じても吠えかかったりしない。このワンコは散々なでなでもふもふさせていただきました。ワンコたちには、同列以下の遊び相手として受け入れられやすいタチのようで。
 
2019-08-13 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カリプソとトゥクトゥク - Tuk Tuk at Calypso -

ゴゾへ遠足にいった5月2日、イムジャー上陸後、まずは、カリプソの洞窟のとこの、Calypso's Boutique という、小さな店のばーちゃんに会いにいくことに。血の繋がったぢぢばばドモは全て鬼籍なボクにとっては、大事なぢーちゃんばーちゃん達のうちの一人。
この日のドライバーはヴァイオレットさん。ゴゾはどうやらボクのほうが道を知ってるように感じたが、黙ってたら、なんかエラい時間がかかった(笑
ばーちゃんはあいかわらず元気、というよりは、こちらも今年の例にもれず、例年になくお客が多くて忙しくしてはった。まあ繁盛でなにより。
When I be to Ghawdex, I called on the old lady in the small boutique beside Calypso's Cave to say hello to her. She is like real my granma.
ラムラベイ
で、観光を目的としないといいながら、毎年のごとくこういう画を撮る。
去年あたりから、向こう側のがけのところにあるミシュタの洞窟が推しになってるが、今年は行けず。また次回。
It was so good weather on this time. I got good shots of Ramra Bay.
ラムラ
アングルも毎年似たりよったりなんだが、今年はスコブル好天だったため、色遣い光遣いのいい画が撮れたな。
洞窟には入れなくなって、このあたりは廃れるかとも思ったが、オデュセイアも魅せられたこの景色を観に変わらず観光客がやってくる様子。

I sow many Tuk Tuk in Ghawdex and Malta. I think those are good transportation for tourist.
トゥクトゥク
今回、ゴゾでトゥクトゥクをよく見かけた。この画像のは、ばーちゃんの店の前に3両ほど居たうちの一両。前回以前は全く見なかった。どうやら今年からやってるみたい。ゴゾの観光の足にはピッタリだと思う。始めたヤツは目端が利くな。マルタ本島でもやってる業者いるみたいだけど、あっちは交通事情を考えると危ないやろ。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2019-08-08 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沈黙の街、いずこ - Silent City, Where is? -

29th April, I explored Mdina that is old capital of Malta
イムディナゲート
4月29日、夕刻から「古都」イムディナを散策。イムディナゲートを入ったところで、一時間後に再集合ということにして、トニーさん、ヴァイオレットさんと別れる。

Following are Charming icons in Mdina.
ドアノッカー
アイコン
標識
アイコン
ドアノッカー
イムディナは、ドアノッカーなどの建物のアイコンを見て、撮影するのも楽しい。

Former 'Palazz Qattus'.
ぬこ屋敷
ぬこ屋敷」全景。一階部分は何年も前からお土産物屋になってる。ここでぬこを見かけることがなくなっても何年も経つが、ウワサの「ぬこバアちゃん」は今もここに住まい続けているのだらうか。

Two decades ago, they said Mdina is the Silent City. However now a day, there are many tourlist. Is is not silent.
イムディナ
昔、イムディナは「沈黙の街」をキャッチとして謳っていたのたが、2年前からは、バスの便が増えた上にわかりやすくなったからだろうか、16時半を回ってからも大勢の観光客で賑わっている。昔は16時半には土産物屋も皆店仕舞いしてたもんな。

路地
この日は晴天だったから、空の青さが際立つな。こういう路地を撮影してても、左右や背後に観光客の気配を感じる。「住人を尊重して(Respect habitants)」とか「静かに!(Silenzio!)」と言った掲示があちこちに見られるようになってるな。「静かに!」が伊太語ということは、やはり伊太公が一番騒ぐということか(笑)

They shot Wedding commemorative photos.
ウェデング
結婚記念の撮影には、以前からよく出くわす。素敵な画が撮れるといいね。末長くお幸せに!

パルッチャン
イムディナが「沈黙の街」でなくなっているのは残念だけど、友人達の商売が繁盛してるのは喜ばしいかな。ラバトのパルッチャンにはひっきりなしにお客が来るし、タ・アーリの線銀細工屋の若社長は超忙しそうだし。
イムディナ全景
イムディナの全景を撮るのに良いスポットは、タ・アーリ・クラフトヴィレッジの駐車場のとこ。さらにベストのスポットは別にあるけど、そこイくには足が要るからね。
2019-06-23 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カメラ4台体制 - The Old Pen -

Nikon DX format digital reflex, compact digital, old Olympus half-size film camera, and iPhone 6s that is my camera fleet. Below wsa shot by iPhone
カメラ
今年のマルタ帰省ではカメラ4台体制。
DXフォーマットのデジイチ、バックアップ用のコンデジ、ハーフサイズのフィルムカメラ、そしてこの画像を撮ったあいぽん6S。フイルムの一眼レフ1台を使っていたときは、感度はロードしたフイルムので固定、一枚撮るごとに覚悟と緊張があったし、取り回しの関係で、食べ物系はほとんど撮れなかったもんな。ひとまわりほどの間だが、あれから、えらい隔世の感がある。

で、ちょっと前からフイルム回帰したいなあと思ってたところ、ヤフオクでハーフサイズのオリンパスPENがお手頃価格で出ていたので買った。 しかし、フイルムについては「トライ-Xで万全」と言っておきながら、画像見たら、400T-MAXを買っちゃっているじゃないか。ボーっと生きてるなぁ。そのうち五才児に叱られるかも。
オリンパスPEN
Model name of this old type Olympus is Pen. I got this old Pen at the internet auction at reasonable price.
Olympus Pen
レンズにシャッタースピードと、絞りのリングがあって露出を手で設定しないといけない。露出計は内蔵してないが、あいぽんの露出計アプリで露出値を算出。
ピントも、レンズのピントリングでもって目測の距離であわせる。

で実際撮ってみたのを何点か下に貼り付け。
Following B/W photos were shot by Old Pen

ヴァレッタ
Triq Ir-Repubbulika(Republic Street), Valletta, Malta

ヴァレッタ
Triq San Gwan(St. Johns' Street), Valletta, Malta

シタデル
Cathedral, Ghawdex, Malta

ウィド・イッ・ズリー
Wied Iz-Zurrieq, Malta

ラバト
Triq San Pawl(St. Pauls' Street), Rabat, Malta

オールドベーカリーストリート
Triq L-Ifran(Old Bakery Street), Valletta, Malta

ピカデリーサーカス
Piccadilly Circus, London
この一枚はカメラとレンズとフイルムの性能がうまく引き出されてかみ合ったものになったかと。

パディントン駅
Paddington, London

パディントン駅
Paddington, London

まあ大人の高級トイカメラというカンジで購入したから、それ見合う味のある写真が撮れたかと。ハーフサイズカメラは普通に構えると縦長のフレームになるから、スマホ内蔵カメラに慣れた人には馴染みやすいかもね。

このあたりのハナシ、もうちょっと後でエントリにまとめようと思っていたが、富士フイルムが、昨年一度製造中止にしたネオパン(白黒フイルム)の製造と販売を、今年の秋にも再開するとのニュースが入ってきたので、そのお祝いに本日うP。
「トライ-Xで万全」派だけどね。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

tag : マルタ島 ロンドン マルタ共和国

2019-06-13 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

新京極の木刀 - Wooden Sward -

I found wooden weapons at a souvenir shop at the foot of the Citadel in Ghawdex. Wooden Swards, Battle Axes, War Picks, who use? how to use??
Wooden Weapons
ゴゾのシタデルの登り口のところのお土産物屋さんで、木剣をはじめとした木のおもちゃの武器が売られているのを見つけた。
京都の新京極や寺町の土産物屋でなぜか木刀が売られていることと、 あれらは修学旅行生同士のケンカにでも使われているのかと勘ぐり続けていたことを思い出し、ここの木製の武器は、語学学校の留学生どうしのケンカにでも使われるのだろうと妄想して、ちょっとニヤついてしまった。
バットもあるけど、野球文化圏でないこちらでは、やはり武器の扱い?(笑)

まあ、周辺にいくつかある映像アトラクション観た子供が買ってもらうってのが、ホントのところなんだろうけど。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2019-06-08 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「逆光は勝利」だ - Triumph of Backlight

トリトンの泉
ヴァレッタ市門前のトリトンの泉。
Triton Fountain, Valletta, Malta, late afternoon on 28th April 2019

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2019-06-01 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

歩数まとめ@マルタ帰省 2019 How Many Steps

How many steps are in the journey on Malta in this year.
今年(2019年)のマルタ帰省での歩数。

27th Apl. 10,468 steps
4月27日
4月27日 10,468歩 アヂト〜関空〜ヒースロー

28th Apl. 16,691 steps
4月28日
4月28日 16,691歩 マルタ国際空港〜エクセルシオールホテル〜アルケディアスーパーマーケット〜カメレリ邸〜ヴァレッタ散策〜エクセルシオールホテル

29th Apl. 16,661 steps
4月29日
4月29日 16,611歩 エクセルシオールホテル〜ヴァレッタ散策〜お墓参り〜マルサシロクで昼食〜ラバト、イムディナ散策〜ヴァレッタで夕食

30th Apl. 14,685 steps
4月30日
4月30日 14,685歩 エクセルシオールホテル〜ヴァレッタ散策〜JMT社表敬〜イムディナで昼食〜タ・アーリで買い物〜航空博物館〜ディングリ・クリフ〜ヴァレッタで会食〜エクセルシオールホテル

1st May 15,829 steps
5月1日
5月1日 15,829歩 エクセルシオールホテル〜セントポールベイにてBBQ〜ヴァレッタ散策〜エクセルシオールホテル

2nd May 12,804 steps
5月2日
5月2日 12,804歩 エクセルシオールホテル〜コゾへ遠足〜エクセルシオールホテル 

3rd May 17,128 steps
5月3日
5月3日 17,128歩 エクセルシオールホテル〜郵便博物館〜イムジャール(マルタ)で昼食〜ブルーグロット、ハジャ・イム〜アー・ラプシ〜ラバト〜バルツァンで夕食〜エクセルシオールホテル 

4th May 14,936 steps
5月4日
5月4日 14,396歩 エクセルシオールホテル〜マルサシロクで昼食〜マルタ国際空港〜ヒースロー空港〜ヒルトンパディントン

5th May 23,771 steps
5月5日
5月5日 23,771歩 ヒルトンパディントン〜こやSOHOで朝食〜郵便鉄道・郵便博物館〜スタンフォーズ書店〜パディントン駅〜ヒースロー空港

5th May 11,046 steps
5月6日
5月6日 11,046歩 羽田空港〜伊丹空港〜バールイルソーレ〜アヂト

今回は例年になく多く歩いているね。
いつもの5月に比べると涼しかったな。朝夕はジャケット必須だった。
あと、国や人種を問わず、いつも以上に観光客が多かった。ヴァレッタの主要な通りは常時混雑してたし、観光スポットなどでは、人が群がってたり、行列作ってたし。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2019-05-07 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター