靖国参拝 - Prayed at Yasukuni shrine -

靖国神社
I prayed at Yasukuni shrine at the time of day trip of last Saturday.
Yasukuni shrine where the soul of the war dead are enshrined.
先の土曜の東京日帰りで、靖国神社にお参りしてきた。

靖国神社外苑

イチョウの並木がキレイな外苑では、
フリーマーケットが開催されていて結構なにぎわいだった。

今回の東京日帰り旅行では、下記のたうり、5つのミッションを自ら課していて、うち三つを達成。

1.文京シビックセンター展望台より富士山の画像を撮る → 失敗:曇りで富士山見えず。

2.靖国神社をお参り → 達成:冒頭のとおり。

3.銀座三州屋で昼飲み → 失敗:14時前に行ったら、大勢並んでいたので入店断念。

4.銀座アンドレをSTARTに、アンドレ全4店舗制覇 → 達成:先日のエントリのとおり

5.秘密のミッション → 達成

テーマ : 日帰り旅行
ジャンル : 旅行

2013-12-11 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

比叡のお山を越えてみた。

ちょっと前から、比叡山を、琵琶湖岸の坂本から、京都の八瀬に超えてみたいと思っていた。こないだの日曜、そこそこ早く起きれたし、天気も良くなってきたので、思い切って出かけた。

まずは、JRを京都線、湖西線と乗り継いで比叡山坂本駅で下車。
坂本は、信長の焼き討ちにあうまえは、比叡の三門下の街として栄え、その後は明智光秀によって整備された、由緒ある街。
坂本
JR比叡山坂本から、1キロ強の登り、坂本ケーブルのケーブル坂本駅に向かう道、途中で車道の両脇の舗道がこんなカンジに。坂本の街もうわさどおり風情があって、こんどゆっくりと歩いてみたい。

ケーブル坂本
このケーブルカーで、一気に延暦寺諸堂と同じ高さに、20分足らずで登る。

延暦寺駅
ケーブル延暦寺駅。なかなかエレガントな佇まい。
2階は展望テラスになっていて、琵琶湖をのぞむ素晴らしい景色がみられる。こんときサーキュラー(偏光)フィルター持ってこなかったことが悔やまれる。

表札
駅の表札の旧字体もなかなかイイヨー。

根本中堂
国宝、延暦寺根本中堂。

紅葉
紅葉もあちこちで色づいてる

山道
延暦寺から、ロープウェイ比叡山頂までは、徒歩でいくと、ほんまの山道をいくことになる。途中でこんな風景なども。

ケーブル
山頂から、ロープウェイ、ケーブルカーを乗り継いで、京都八瀬がわの下界へ下りる。この叡山ケーブルカーは、高低差日本一の区間をイくとのこと。

八瀬駅
叡山電鉄八瀬駅。琵琶後がわのJR比叡山坂本駅をスタートしたのが、正午ちょうど。ここに至るまで2時間たらず。山中のアップダウンある山道をかなりの早足でいったので、けっこう涼しかったにもかかわらず、汗でびしょびょになった。ここで、アンダーと上ともにシャツをかえた。
 

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

2010-11-09 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

予報は悪天候だったが

『選択の自由と責任 - 伊丹空港で朝食 -』からの続き

で、なんで、昨日の土曜朝、伊丹空港にいたかというと、JAC2321便にて、但馬空港へ飛ぶためであった。
フライト案内モニタ
この時点での予報では、兵庫県北部但馬地方は、一日中降雪が続くということだった。空港においても、このフライトは但馬空港の天候いかんによっては伊丹に引き返すということが、繰り返しアナウンスされていた。前日の同じ便は、降雪のため着陸できずに、伊丹に引き返して運航停止となっている。
さらに、該当機材を使用する、出雲からのフライトの伊丹到着が遅れたため、出発が遅れることとなった、たかが10分のディレイだが、出雲便のディレイの原因が、積雪によるものということに、一抹の不安を覚えた。

SAAB340B@伊丹
それでも、9時にはゲートインで、トランスポータでSAAB340のところへ運ばれる。
ほぼディレイ変更後とおりの時刻に出発。機体が小さいのでタクシーイング(滑走路への移動)の速度が早く感じられる。

フライト
離陸後、神戸あたりから、北に変針してしばらくいったあたりの風景。
雪も悪天候も感じさせない。CAならびにキャプテンから、改めて、到着地の天候によっては、伊丹への引き返しもあるとアナウンスされる。

フライト
但馬空港に向けて、降下を開始してしばらく、眼下は、積雪の様子が見える。こういう風景が見えるということは、少なくともここでこの時点、降雪はないということ。豊岡市街上空に至る前あたりで、機体が上下に一度強、左右には何度も強く揺さぶられる。
しかして、ファイナルアプローチにはいって安定し、素人目には、見事なタッチダウンをキメた。

SAAB340B@但馬
積雪とヒコーキをあわせてフレームにおさめたかったのだが、なんとなくそれがわかる画にはなったか?

但馬空港ターミナル
後で聞いた話では、この朝のような、10センチ程度の積雪ならあっという間に除雪してしまうらしい。
この後、全但バスによる運航の、快適な空港バスで、豊岡駅前へ。このバスは、豊岡を経由して城崎温泉までいく。
バス停
フライトの遅延にあわせて、10分遅れで出発したバスは、時間通り15分の行程で豊岡駅前バス停に到着。全但バスの豊岡駅前東口バス停は、駅前ロータリーではなく、道路一本渡ったアイティというショッピングセンターの前にある

出石行きバス
ここで、同じ全但バスの路線バスに乗り換え。行き先は、近畿圏随一のそば処、でいし(※)。


「出石」は本来「いずし」読むのだが、最近ネット上で「でいし」という読み方がよく見られるので、それにあわせてみた。町村合併で静岡に「伊豆市」ができて、そこも蕎麦どころでまぎらわしいということで、2chでひろまったらしい。

【つづく】

テーマ : フライト全般
ジャンル : 旅行

2009-12-20 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

義経、強いわけだよ

夏に鞍馬山へいった折、涼しくなったら貴船のほうから登ってみたい、と言ってたが、昨日実行。来週から、冷え込むとのことで、紅葉ともなれば、タダ混みで、タイヘンなことになるからな。

貴船口
「京都のフニコラーレ」叡電を、貴船口で下車。
このあたりでも、一部紅葉が見られるが、冷え込みが不十分なのでボケた色となっている。

鞍馬、西門
貴船川ぞいを、ボクの足で20分ほどのぼったところ、この赤い橋を渡って、西門をくぐる。

西門登り口
西門をちょっと登ったところ。この険しい登りが魔王殿までずっと続く。

魔王殿
30分ちかく、登りに登って魔王殿に至る。これだけで、かなり汗だくになる。替えのアンダーシャツと靴下をもってきて正解。
義経は毎日このルートを登って山にはいっていたとのこと、この険しいルートでいけば、基礎体力はもちろん、反射、洞察力もついて、そら強くなるわ。
この後、本殿をへて、叡電鞍馬駅へ至る。貴船口から所用一時間半でいけた。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

2009-11-01 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アクアライナーでいく、京橋~淀屋橋

10月24日の土曜日、カイシャ行事で、大阪市の水上バス、アクアライナーにて、寝屋川、大川(旧淀川)のクルーズ。
カメラの露出補正をアンダーめにしてしまっていたので、画像が全体的に暗い目になってしまったが、当日の曇天の雰囲気がかえってでているかと。

OBP
まずは、大阪城ホール前の第二寝屋川から、寝屋川に入り、大阪ビジネスパーク(OBP)を望む。

中之島公会堂
どんどん下って、大川から、土佐堀川にはいり、辰野金吾による代表建築物のひとつ、中之島中央公会堂を見る。
ここからまた上流へ溯る。

らいよん
ライオンの欄干が特徴のなにわ橋。水都大阪には、そのなりたちや、造りの面白い橋がおおい。

OBP遠景
OBPを遥か遠くに望む。

大阪城天守閣遠景
安藤忠雄氏デザインによる、帝国ホテルを中心とした、OAP(大阪アメニティパーク)のあたりまで、大川を溯って反転。このあたりから見る大阪城天守閣がいちばんカコイイらしい。ここの両岸は、桜の名所なので、春にはなおよいかと。

アクアライナー
この黒く塗ったらゴキブリのようなになりそうな平べったいアクアライナーで、下り上りしてきた。平べったいのは、低い橋桁の下をくぐるためで、さらに30センチ、高さを縮められるように出来ている。

テーマ : 大阪観光
ジャンル : 地域情報

2009-10-26 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

鞍馬山へ遠足

カーラ・ラガッツァでランチしたあと、せっかく京都まで来たんやからということで、奈緒チャソ☆と鞍馬のお山までいってみようということになった。
もちろん、Sanji君のお許しをいただいた上でのこと。祇園からだと、京阪電車、叡山電車、略してを叡電を乗り継いで、わりとカンタンに行けるのである。

出町柳から乗り継いだ叡電、はじめは市街地を走っていたが、やがて登山電車の様相に。
叡電
途中の駅の待合室は、丸太づくりのロッジ風。しかし、ここは京都市内である。

鞍馬駅
鞍馬駅の待合には天狗のお面が飾られていたり。

緋色
駅前駐車場の赤い天狗さんと赤いボルボが、なぜかボクの感性にピピピッとキタ。

16時半すぎくらいに、山門のところについて、拝観料を支払おうとしたところ
「本殿は17時に閉まるので、拝観料は無用です」
とのこと。
鞍馬鋼索鉄道
ケーブルカーで、本殿の標高近くまであがる。
このケーブルカー、免許をうけているものとしては、日本でもっとも営業区間の短い鉄道だとか。

本殿への石段
ケーブルカーで登ってきた参拝者も、本殿前のこの石段は避けられぬ

本殿
本殿。
正面の石畳が、六芒星の形を描いているところが興味深い。なんでも、鞍馬のご本尊は「天尊」といって、月輪の化身とも、金星から降り立った神とも言われている。

香炉
香炉にも天狗さんの団扇の紋が。
しかし、奈緒チャソ☆、その足許は山へ登る履物とちゃうで(w

経塚
本殿前より南東を望む。しかし、ここは京都市内である。

ケーブルカーは1720時で終了ということで、九十九折の参道を歩いて降りることに。
大杉
ヒールの高い履物の奈緒チャソ☆をエスコートしつつ降りていった途中にあった大杉社。
樹齢800年の立派な杉を祀ってある。

なんだいっても、30分程度で高低差約160メートルのところを降りてきた。
叡電
叡電にのってさらに出町柳まで降りるよ。
鞍馬駅も緑深い。しかし、ここは京都市内である。

大阪からでも、阪急か京阪をつかえば、電車の乗り継ぎで、かなりカンタンに、標高600メートルちかい鞍馬の本殿まで達することができる。
次回は、涼しくなってから、叡電を貴船口で降りて、牛若丸が修行のために駆けたというコースでいってみようか。

京都の「フニコラーレ」叡電は、行きも帰りも楽しい。
ただし、紅葉シーズンや火祭りのときは、ムチャクチャ混むらすい。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2009-08-17 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

旧中山道

20081026152408
妻籠宿。栗きんとんウマー。
木細工店で、日々の弁当用に、わっぱ買うかどうか迷ったが、今回はやめといた。
2008-10-26 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

駒ヶ岳

20081025152809
千畳敷より。遠くにフッジサーンも見える
2008-10-25 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

恵那谷峡菜園

20081025130604
「松茸すき焼き」。
色々と思うトコあるので、詳細は別途
2008-10-25 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

チソチソ電車でいく、大阪~堺小旅行

土曜日、ちょっとゆっくり目に起床し、入浴、洗濯、果物とヨーグルトだけの軽い朝食、クリーニング屋への洗濯物の依頼と先週分の引取りをすませ、JR島本駅から、下り快速電車に乗った。大阪で市営地下鉄御堂筋線、なんばから南海本線と乗り継いで住吉大社に至る。
まずは、洋食の老舗名店「やろく」へ。
やろく盛り
「やろく盛り合せ」で、ちょっと早めだけど、ボリュームたっぷりの昼食をとる。詳細はまた別エントリにて。

TakeTakeきっぷ
南海住吉大社駅に隣接する、阪堺電気軌道住吉公園駅に停車中の電車の運転手さんから、乗り放題チケットである「TakeTake(てくてく)きっぷ」を購入。
TakeTakeきっぷスクラッチ
スクラッチで削った日に限り、乗り放題という仕組み。

住吉大社鳥居前
チソチソ電車の通る通りを渡って、住吉大社にお参り。雨が降っていたが、強くもなく弱くもなく、むしろ、いい雰囲気づくりをしてくれた。
太鼓橋
「太鼓橋」という通称のほうがよく知られる「反橋(そりばし)」。淀君による奉納らしい。これを渡らねば住吉さんにお参りしたことにはならないとか。一の本宮
第一本宮では、結婚式が厳かにおこなわれていた。
ここの境内、国宝と文化財だらけ。

阪堺住吉
阪堺電軌の住吉駅は、阪堺線と上町線の交差分岐点。鉄ちゃんな風景。ここから、チソチソ電車に乗って南にむかう。

我孫子道で下車して、徒歩で、大阪市と堺市の境界でもある大和川を渡る。
大和川駅 大和川駅ホーム
大和川駅は、大和川南岸の堤防につくられたちょっと変わった駅。さらにここから電車に乗って南へ。

パンと喫茶 松波
宿院の停留所で降りて、以前も訪れた「パンと喫茶 松波」でお茶にする。ここの詳細も、また別エントリにて。

浜寺駅前
一服したら、またチソ電に乗って、南の終点、浜寺駅前に。
ここからは、南海電鉄に乗って北へ戻る。
浜寺公園駅
南海電鉄浜寺公園駅の駅舎は、辰野金吾の設計によるもので、100歳を越える。バブルの時期に一度撤去改装の話がおこったが、幸いなことに、なんとか残った。しかし、南海本線の高架化のためにふただひ撤去の危機がささやかれている。
浜寺公園駅待合室
プラットフォーム上の待合室も、おそらく駅舎とともに作られたと思われ。

住吉電車停留所
住吉大社で南海電車を降りて、阪堺線住吉より、ふたたびチソ電に乗る。今度は北へ。
恵美須町
北の終点、恵美須町に至る。
通天閣
降りてはすぐそばにこんなんがありま。
でんでんタウン
北に向かえば、電気店街「日本橋でんでんタウン」。とは言いつつ、ここもアキバのように、良くも悪くもヲタクの街化してるなあ。
このあと、場所はさらに北にうつって、ちょっといい夕食たべた。それもまた別エントリにて。

雨降ったけど、それがいい風情となった小旅行だったな。

2008-05-25 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター