クリスマスケーキ初號機

土曜日にお会いした折、西中島バールイルソーレの常連仲間のKお嬢さまより、パウンドケーキを頂いた。

パウンドケーキ
このような紙袋にいれてくださってた。

パウンドケーキ
「Especially for you」だって。ウレシイねぇ。ま、他の方にも、同じ袋でお渡ししてるんだろうけど(笑)

パウンドケーキ
さらにウレシイことに、2つ入ってますた。

パウンドケーキ
しかも、クリスマスラッピング。クリスマス向けのケーキとしては、今年初かな。

パウンドケーキ
日曜の晩に一個いただいた。
ナッツとともに、生地に織り込まれたフルーツは、半年ラム酒に浸けていたとのこと。で焼いてから2週間熟成させたとか。生地は口の中に入れると、ふんわりほぐれて、やさしい甘さがある。フルーツとナッツのバランスもピッタリ。

このエントリをうpしたら、残りの一切れも食うからな。Kさま、おかわり!!!
 

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

2011-12-21 : 飲み物 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

カキのドリンク

前回のエントリは海の牡蠣だったが、今回は果物の柿。

柿ドリンク
アンドレDDハウス店のイタクラ店長の帰省土産、岐阜の富有柿のドリンク2種類。
海のやつもいいって言うけど、こっちのカキのカキポリフェノールも悪酔いに効くで。

柿サワー
こちらの柿サワーほうが、より効きそうな見た目だが、実際はどっちも深酒にかなり効くかと。
これら飲んだら、酔い方も楽だし、翌朝もスッキリ。だからといって、こういうのに頼ってバカ飲みしちゃイカンがの。

しかし、富有柿ってそれなりに高価なもんではなかったかいな?
イタクラさん、ありがとうございました。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

2011-11-17 : 飲み物 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

AL AVISでお茶休憩

イルソーレロッソでの昼食のあと、心斎橋から梅田に出てちょいと散策。
福島、西梅田方向へいってみようというKお嬢に従い、ブラブラとハービスエントまで至ったところで、ちょっとお茶休憩との提案が。Kさまがコ案内してくれたのは、ハービスエント地下二階のアンティコカフェ アルアビス(ANTICO CAFFE AL AVIS)。ここのパニーニがお好きで、Kさまは時々ランチでこのお店を使っているとのこと。なんならパニーニも食べてみる?と振ってみたところ、さすがに「さっき昼食べたからいらない」とのお返事(笑

グラニテ
Kさまの飲み物は、ミックスベリーのグラニテ。
11月にはいったにしては温か過ぎる日、女のコも、ちょっと歩いたあとには、こういった冷たいものがほしくなるんやろね。

アイスエスプレッソコンパナ
ボクのは、アイスエスプレッソコンパナ。
エスプレッソのショットにホイップを浮かせたのをコンパナというのだが、それの冷たいやつ。こちらのは、凍らせてからクラッシュドアイス様にしたエスプレッソに、冷たいエスプレッソを注ぎホイップをのせてレモンピールフレーバーの砂糖を散らしたスタイル。凍ったぶんも含めて、エスプレッソには程よい甘味がついている。温かいエスプレッソには滅多に砂糖を入れないボクも、これは気に入った。Kさまに味見してもらっても、これはイケてるといった反応。

イタリアの街のバールを意匠したコンセプトの店とのことだが、ボクには、ヨーロッパの5つ星クラスのホテル内のバーの雰囲気のカンジ。また、アイスコンパナ飲みにこやうっと。

ANTICO CAFFE AL AVIS ハービスPLAZA ENT店
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT B2
06-6346-2588
営業時間
月~金 07:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝 10:00~23:00(L.O.22:30)


テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

2011-11-04 : 飲み物 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

ヒルトン大阪のエスプレッソ。

エスプレッソ
ビスコッティがついてくる。
味も、クレマ(泡)のテクスチャも濃厚。で、お値段もけっこうイく。
 

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

2011-03-08 : 飲み物 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

Cha de Limao

寒い時期に、無農薬のレモンが手に入ったとき、よく淹れる飲み物。
Cha de Limao
Cha de Limaoと書いて「シャ・デ・リマオン」と発音する。ポルトガル語。
「Cha:シャ」とは字面のとおり茶のことで、「Limao:リマオン」とはレモンのことである。
Cha de Limao2
レモンのピールをあたかもヘビの抜け殻のように剥いて、そこに熱湯をそそいでつくる。そんだけ。「茶」といいながら、茶葉は一切入らない。
11年前にポルトガル経由でマルタに赴いたときに、リスボン郊外のシントラの駅のバルでいただいたのが最初の出会い。そこでは、レモンピールをマグカップに入れて、業務用の立派なエスプレッソマシンより、熱湯を注いでというより噴出させて作ってくれた。ホテルのバルでは、素焼きのポットにレモンピールをいれて熱湯注いでつくってくれた。それもおいしかったな。
Cha de Limao3
料理でも飲み物でも、ほとんど砂糖をつかわない、たとえ使っても三温糖かザラメ、はたまたハチミツにしているボクでも、このCha de Limaoだけは、飲む時にグラニュー糖を入れる。果肉、果汁はほとんど入らないので、酸味はほとんどないが、レモンのフレーバーがよりしっかりしている。精製された、より雑味の少ない砂糖で、嗜好にあわせて甘味をつけるのがおいしいのである。
レモンのヴィタミンCは皮により多く含まれているので、普通のレモンティーよりも、こちらのほうがより多く摂取しやすいのではないかとも思う。



三連休最終日の朝食。
サンドウィッチ
パン食にしてみた。休日の朝だしビールもつけてもいいでしょ。休日の朝のサンドウィッチ
ミニバケットを切って開いて、底にマスタードと和カラシを塗って、ハムとチーズと固茹で玉子のスライスをかさねて、マヨネーズとケチャップとタバスコかけて、パンを閉じただけのサンドウィッチ。
ビールをすすりながら、ガブリ、ガブリと食べたった。

2008-02-12 : 飲み物 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

寒い夜だから~♪ - 露助式紅茶 -

ここ数日のように冷える夜は、ロシアンティーがおいしい。
ロシアンティー
頂き物のティーバッグがあったので、まずは、それで熱い紅茶をいれた。
まず一杯目は、マーマーレードに紅茶を注いで。
二杯目は、ミックスジャムに紅茶を注ぐ。かき混ぜないで飲むと、ひとすすりごとに、甘味が増しておいしい。
三杯目、画像右端の細い瓶、地中海ゴゾ島産のオレンジリキュールを紅茶で割る。
三杯の紅茶で身体も気持ちもポカポカ。



ちなみに、ほんまの「ロシアンティー」は、紅茶にジャムを入れたものを言うのではなく、ジャムや砂糖、チョコレートなどを口にふくみながら、紅茶を飲むという、飲み方のことなんだそうな。

2007-12-17 : 飲み物 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター