てっぱく - Kyoto Railway Museum -

てっぱく
鉄道博物館
It was off duty today. I visited Kyoto Railway Museum.
本日は、「過重労働対応」と称して、強制的に代休を取得させられた。この機会に、今年4月末の開館以来まだ行ってなかった、通称「てっぱく」こと京都鉄道博物館に行ってきた。

ブランチ
First of all I called on the cafeteria. I had a mug of beer and a strip of pizza for brunch.
入館して早々、本館2階のレストランにて、昼飲み兼ブランチ。窓の向こうには東海道線と新幹線が見える。細長いピッツァは「京都駅0番線ピッツァ」と称して、かつて京都駅にあった世界最長のプラットホーム、0番線ホームをモチーフにしている。

C58 C58
The steam locomotive is decorated as the Imperial train.
機関庫にて、お召し列車の装飾をしたC58。

EF58
Old fashioned electric locomotive that operated by Japan National Railway(JNR). Her name is EF58. We call her 'Gon Pachi'. This nickname mean just '5 & 8'. I love this old lady.
大好きなゴンパチ(EF58)。

キハ81
Good designed old fashion diesel vehicle.
交通博物館以来の再会、キハ81。

マルス
Terminal of MARS ticketing system in one upon a time.
マルス端末ってのも展示されていた。そういや、昔、こんなゴツいのみどりの窓口にあったなあ。

JNRエンブレム
Emblem of Japan National Railway.
若い人は知らんやろうけど、国鉄(JNR)のエンブレムはやはりカコイイ。

スカイテラス
On the terrace of 3rd stair of the museum building you can see trains of Shinkansen(Bullet Train), Tokaido line and Sanin line.
3階、スカイテラスからは、新幹線、東海道線と山陰線とその分岐を眺めることができる。

率直に言うと、2年半前に閉館した、大阪弁天町の交通科学博物館の方が、粒は小さいけど味は濃いってカンジやったね。
ほいでも、ここにはまた遊びに来るな。

京都鉄道博物館 Kyoto Railway Museum
http://www.kyotorailwaymuseum.jp

テーマ : 鉄道博物館
ジャンル : 趣味・実用

2016-10-06 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

原鉄道模型博物館 - The Hara Model Railway Museum -

鉄道模型博物館
I called on the Model Railway Museum in Yokohama downtown on 18th October.
10月18日は川崎日航ホテルをチェックアウトしたあと、JRで横浜へ移動。駅すぐ近くの原鉄道模型博物館に開館時間直後に入館。以下、動画を二編。

You can see realistic demonstration of model trains on the huge diorama in the museum.
列車が通り過ぎたあと、信号が青から赤に切り替わるこだわり。


列車の接近とともに、見切りの警報機が点滅をはじめ、列車が通過すると、点滅が止まる。


じっくり観ても、所要2時間足らずくらいでイけるので、多少なりとも興味のある方は、ゼヒとも訪れるべし。

原鉄道模型博物館 / The Hara Model Railway Museum
http://www.hara-mrm.com
横浜市西区高島一丁目1番2号 横浜三井ビルディング2階
TEL: 045-640-6699
開館時間 11:00〜18:00 (最終入館 17:30)
火曜休館 ただし火曜日が祝日の場合は翌日に振替

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

2015-11-09 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フリーメイソン博物館 - The Library and Museum of Freemasonry -

After lunch at Borough Market on May 8th 2015, I rode underground again. I got off underground at Covent Garden
2015年5月8日、バラマーケットでの値段は重いがヴォリューム軽めの昼食を摂ったあとは、地下鉄を乗り継いでコヴェント・ガーデンへ。
masons hall of london
I called on The United Grand Lodge of England (UGLE) of Freemasonry.
やってきたのはフリーメイソンの世界総本部。
正確には、ユナイテッド・グランド・ロッジ・オブ・イングランドという。フリーメイソンは、建前、総本山的なものは置かないことになっているのだが、ここが実質のそれとなる。ちなみに、フリーメイソンには、正規派とお仏蘭西系の非正規派(大東社)があって、こちらのロッジは当然正規派を束ねている。

UGLE
UGLE is really the world headquarters of freemasonry.
通用口のところにある「訪問者は受付に申告のこと」「手荷物を検査する場合もある」「防犯カメラが見てるで」の掲示。
実は、今般ロンドンでの別の訪問先について調べているときに、偶然、こちらのロッジ内にフリーメイソン博物館があることを知ったのでやってきた。

来客タグ
There is The Museum of Freemasonry in this masons hall.
通用口を入ると、受付カウンターがあり、そこにいた二人の紳士に「博物館を見学したいのだけど」と告げると、画像のような訪問者タグを渡され
「まずこれを着けて。それから、階段を2階に上がって、回廊を右に進み、つきあたりを右に進んで」とガイダンスを受ける。

博物館
After check in, I walked down long corridor then I got to entrance of the museum.
結構長い回廊を、教えられたとおりに進むとやがて図書館兼博物館の入り口に至る。ここにいた紳士に、見学前の記帳を促される。記帳には、訪問日付、名前、住所、などに並んで「何でこの博物館を知った?」という欄があって、ほとんどの訪問者が「ネットで」と記入、他に「たまたま通りかかって」ってなカンジなのも散見された。記帳をすませ、先ほどの紳士に「撮影は禁止ですよね?」と訊くと、「OKだよ。好きに撮って」との返答。

博物館
The museum is in the hall room of 1st floor.
図書室奥のホールを博物館として、儀式に使う道具、衣服、絵画、手紙などが展示されている。

衣装 衣装
Grandmaster's clothes that were used for ceremony.
歴代グランドマスターの儀式用の衣装など。

目っ
Eye of Providence on the apron for ceremony.
儀式で着用するエプロン。フリーメイソンを象徴するものとしては、やはりなんといってもこの「プロヴィデンスの眼」

ラウンジ
Guests of this hall can rest in this lounge.
博物館への途上、受付から階段で2階に昇ったところに、こういうロビーがある。日に何回か行われるガイドツアーの参加者の集合場所になっているようだが、参加者以外も自由にはいって休憩できる。さらにありがたいことにお水が自由に飲める。その他のドリンクについては、ドリンクマシーンに50ペニーを投入して作るようになっている。
徳島のそうめん業者さんの作った結社「フリーソーメン」も、ここでそうめんを振舞えば面白いのに。

一階回廊
This freemasons hall including the museum are enter free.
2階の博物館のほかに、1階にも展示物があり、さらにショップもあるのだが、お土産として売られているものがたいがいショボかった。フェイクな便箋とかメモパッドなんかあれば、買って友人に配るんだけどな。

受付で訪問者タグを返却して退出した。
ロッジそのものや、博物館は入場無料だが、博物館の出入口に寄付を募る箱がおいてあったので、いくらかいれておいた。

The Library and Museum of Freemasonry
開館 月曜〜金曜 10時から17時
Freemasons’ Hall
60 Great Queen Street
London WC2B 5AZ
UK
Tel+44 (0)20 7395 9257
Fax +44 (0)20 7404 7418

http://www.freemasonry.london.museum/

■地図は次回エントリ「地図専門店スタンフォーズ」にて。

テーマ : 博物館
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-08-19 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

てつのくじら館と大和ミュージアム - Naval Kure Museum & Yamato Museum -

Late August, I was to Kure, Hiroshima Prefecture. Kure is a port town and a naval town. I checked out the hotel then I walked to museums.
もう3か月前のハナシ。
8月30日、前夜から宿泊した、呉駅前の呉阪急ホテルをチェックアウトして、駅の反対側へむかう。
まず目指したのは、てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)。開館時間の9時をちょっとすぎたところで入館。

てつのくじら館
At first I called on Naval Kure Museum. She is a genuine submarine that there is in front of museum building.
ちなみに建屋の前にあるのはホンモノの潜水艦。
前の岸壁からクレーンで釣り上げて、ここに置いたそうな。

2階展示 掃海
There is exhibition about Japanese naval history on the ground floor. On the first floor, There is exhibition about minesweeping.
1階は、呉地方隊を中心にしての海上自衛隊の歴史に関する展示があり、順路に沿ってエスカレータで2階に上がると、機雷と掃海に関する展示。

2階展示 掃海
The display imitates a deck of a minesweeper.
フロアの一部は、掃海艇のデッキを模しているのが面白い。

3階展示 潜水艦
Exhibition of Submarine Activities on the second floor.
3階は、潜水艦に関する展示。

あきしお エンター
あきしお エンター
Enter to submarine for exhibition.
で、目玉はなんといっても、建屋に「展示」してあるモノホンの潜水艦の艦内の見学。

あきしお 士官室
Officers bunks.
士官居室。各寝棚の南京錠かけた収納スペースの中は....言わぬが花(笑)

あきしお 発令所
Her command center. You can observe outboard by periscopes.
水上艦でいうところのブリッジとC.I.C.を兼ねた発令所。
正副の二基ある潜望鏡は、実際に覗いて外を見ることができる。画像右端のオヂ様は、海自OBの案内ボランティアの方。館内の要所要所にこのオヂ様のようなボランティアがいらっしゃって、訊けば色々と説明をしてくださったりする。

After Naval Museum, I called on Yamato Museum.
てつのくじら館につづいて、大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)
1/10 大和
This museum is well-known by the one-tenth scale model of the battleship Yamato. However I was interested in exhibition of the history of Kure.
ここの目玉なんといっても、1/10スケールの戦艦大和の模型だが、ボクには、呉鎮守府の開府から現代にいたる呉の発展と、海軍、造船、海上自衛隊との関わりなどを取り扱った、呉の歴史の展示が非常に興味深かった。

大和ミュージアムとてつのくじら館
There are Naval Museum and Yamato Museum close in.
大和ミュージアムとてつのくじら館は、道路を挟んでお向かい。
てつのくじら館は開館とともにいったので、空いててゆっくりじっくりと観てまわれた。観覧所要時間は一時間ちょい。で、その後に大和ミュージアムに行ったら、団体さんを中心に結構混んでた。

てつのくじら館は、掃海と潜水艦をメインの展示にしているが、かつての帝国海軍では、大和のような連合艦隊の艦艇が華で、潜水艦や掃海部隊は日陰モノであったのが面白いところ。これも時代というところか。

テーマ : 海事
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-11-30 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

明日閉幕!宇宙兄弟展 - The Exhibition Arts of Space Brothers -

Because there was the special exhibition, I went to the Museum of Kyoto. The special exhibition is Arts of 'Space Brothers'(or 'Let's go to space, brother' : Uchu Kyodai ). I love those works as comics and as animated cartoons.
宇宙兄弟展
京都文化博物館で開催中の「宇宙兄弟展」、今月いっぱいの開催かと思っていたら、明日23日が最終日とのこと。ウマい具合にカイシャが休みだった本日、文博の開館と同時にいってみた。

宇宙兄弟展
宇宙兄弟展
原作マンガの原画とか。

宇宙兄弟展
JAXA協力の出典品とか、色々あるヨー。
フラッシュさえ炊かなかったら、ほぼ全ての展示は撮影可やで。

アニメ作品の好きな人は、600円追加で払ってでも、音声ガイドを借り出すべし。ムッちゃんとヒビトといっしょに観覧しているような、楽しい気持ちで会場を巡れるゾ。

さきにこの特設展を観覧した人から「宇宙兄弟のファンなら観とくべし」と言われていたのだが、ファンというほどではないけど好きとか、興味あるという人らも観ておくべし。

宇宙兄弟展
京都市中京区三条高倉
京都文化博物館

2014年9月23日まで
開館時間 10:00〜17:30

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-09-22 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

交通科学博物館 - Modern Transportation Museum -

In my childhood, I had called on Modern Transportation Museum in Osaka every month. Last decade I could not be to there. They say this muse will close in coming April. I was to there yesterday.
弁天町にある交通科学博物館が、再来年京都に開館する鉄道博物館に統合されるので、4月6日をもって閉館となるとのこと。
子供の頃は、月に一度は足を運んだところ。閉まる前に一度は行かねばと思っていたが、やっと昨日、何年かぶりに行けた。10時の開館と同時にいったのだが、同じ考えの人らですでに人大杉状態(笑)

新幹線0系
First vehicle of Shinkansen(Bullet Train).
新幹線0系一号車は大人気。

こだま
そして、新幹線登場前の東海道の覇者、こだまも開館と同時に人だかり。
0系とこれの運転台に登りたかったのだが、過去にさんざん登ったし、子供たちにゆずろう。

ヘッドマーク
ブルートレインのヘッドマーク。
関西発着の列車は、青を基調にしてるのが多かったんやね。左となりに「なは」のヘッドマークもあったのに、フレームに入れそびれ。

自動車と航空機
JR所有の鉄道博物館ではあるが、名称に「交通」とあるとおり、自動車、船舶、航空機に関する展示も豊富。

中島「誉」
そんな中に、第二次大戦期の航空エンジンの最高峰のひとつ、中島「誉」。
以前は気がつかなんだが、これ、ずっと展示されてたんや。

パノラマ
Children has been enjoying Model Train Panorama.
子供の時、これを見るのがここでの一番の楽しみだった、鉄道模型のパノラマ運転。
最前列で見たいがために、運転開始のかなり前に行ってたもんだが、今では、身体もすっかり大きくなったので、一番うしろの列に立っても、ヨユーで見られる。

ロケット
企画展で、収蔵品棚卸しみたいな形で展示されていたベルX1のロケットエンジン。実物!
ベルX1とは、水平飛行で初めて音速を超えた実験機である。当時の交通科学館の開館時に、アメ軍に頼んで借り受け、その後、アメ軍より寄贈されたとのこと。

コンコルド
JAL塗装のコンコルドの模型。
これ見て、いつかはと夢見たわ。

映像館
この建物の中は、映画館になっていて、映画や資料映像などが上映されてた。
ここで見たので、いちばん印象に残っているのは、鉄道や交通に関連するものではなくて、なぜかアニメ「天満のとらやん」なんだな(笑)

義経
義経
義経號はかわらず子供達に人気。
同形の二両の機関車にも、それぞれ「弁慶」「静」って固有名ついてたんだよね。そのセンス、イカす。

キハ81
ボンネット型のデザインと国鉄色がカコイイディーゼル特急車両。
まさに、このくろしお號で乗ったことあるゾ。

JNR
若い人らは、これ知らないだろな。
今でも十分通用するカコイイデザインだと思うんだけど。

80系
「さよなら」のヘッドマークをつけた80系電車。
閉館を前に、特別に車内も公開中。

After close this museum, New Railway Museum will open in Kyoto.
展示車両の多くは、新しい鉄道博物館でも展示公開されるんだろうけど、他の展示設備や、模型もよく出来たものが多いので、引き継いでほしいな。
あと「鉄道」博物館となるからには、誉エンジンや、X1のロケットエンジンはどうなるのだろう?捨てるんだったら譲ってほしいな。

交通科学博物館
Modern Transportation Museum
大阪市港区波除3丁目
(JR大阪環状線・地下鉄中央線「弁天町」駅下車すぐ)
TEL:06-6581-5771
営業時間 10:00~17:30(入館17:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料
大人(高校生以上)400円
小人(4才以上)100円

http://www.mtm.or.jp
 

テーマ : 水族館・動物園・美術館・博物館など
ジャンル : 地域情報

2014-03-22 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

リニア・鉄道館 - SCMaglev and Railway Park -

リニア鉄道館
I was to SCMaglev and Railway Park in Nagoya a week ago. 
先週、カイシャ行事の一環として、名古屋のリニア・鉄道館にいってきた。

リニア鉄道館
That is a kind of Railway Museum. Successive Shinkansen(bullet train) vehicles and any kinds of railway vehicles are displayed.
歴代の新幹線車両をはじめとして、旧国鉄、JRの実物車両が展示されている。

運転シミュレータ
I was able to experience a simulator of the driving a train by drawing lots.
抽選に当たったので、在来線電車の運転シミュレーションやってみた。ブレーキングがかなりむつかしく、キッチリと定位置に停めることができんかった。

食堂車
ギャレー
The dining car of the 100 series Shinkansen and its galley has been shown for a certain period. Those are not usually shown.
This carriage is double decker. Dining cabin is in upstair. Galley is in downstair.
新幹線100系の食堂車と、その厨房が特別に期間限定で公開されていた。この車両はダブルデッカーで、二階部分が食堂、一階部分が厨房となっている。厨房はかなりの広さをもち、設備もかなり充実している。ここでは結構なものが作れるのではないだろうか。現在、豪華列車以外で、食堂車の文化が絶えてしまっていることは残念だ。

エッチング
There is a splendid etching relief with JNR Trains as design on the deck of the dining car.
この食堂車のデッキなどには、旧国鉄の列車を意匠とした、見事なエッチングの装飾がある。

ごんぱち
Old fashioned electric locomotive that operated by Japan National Railway(JNR). Her name is EF58. We call her 'Gon Pachi'. This nickname mean just '5 & 8'.
I love this old lady.
ボクの大好きなゴンパチ(EF58)。しかも、お召し列車牽引用の小豆色のやつ。

リニア・鉄道館
http://museum.jr-central.co.jp
所在地: 〒455-0848 愛知県名古屋市港区金城ふ頭3−2−2
電話: 050-3772-3910
営業時間:
月曜日 10時00分~17時00分
火曜日 定休日 (祝祭時に関連して変動の場合あり)
水曜日 10時00分~17時00分
木曜日 10時00分~17時00分
金曜日 10時00分~17時00分
土曜日 10時00分~17時00分
日曜日 10時00分~17時00分

 

テーマ : 水族館・動物園・美術館・博物館など
ジャンル : 地域情報

2013-11-16 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

北斎展(後期展示)、@京都文化博物館

京都文化博物館で開催中の北斎展、先週行った前期展示から出展作品を全て入れ替えた、後期展示に、今朝出かけてみた。
北斎展
開館と同時の10時にいったら、チケット売り場たるインフォメーションの前には、すでに蛇行した長い列が。また「おまえら、北斎展ごときで、普段来てない文博に来てんじゃねーよ。片手にスポーツ紙って、芸術鑑賞の後に、ウインズ寄るのか。おめでてーな」と2ちゃねるコピペ風な思いがアタマをよぎる(笑
受付は混んでたが、4階の特別展示会場にはいってみると、開館直後なのでまだ落着いていた。「富嶽三十六景」の「山下白雨」「尾州不二見原」「遠江山中」「東海道江尻田子の浦略図」や、「諸国瀧廻り」「諸国名橋奇覧」などの各作品を心ゆくまで、観ることができた。

北斎展は当然撮影禁止なので、また別の画像でお茶濁し。

文博
京都文化博物館の南向きの部分は別館と呼ばれ、かつては旧日本銀行京都支店だった。辰野金吾の設計による赤煉瓦の建物で、国の重要文化財。

別館「営業室」
かつての営業室は、ホールとしてイヴェントとなどにつかわれる。

別館「客だまり」
玄関から、客だまりと営業室の方向を見てみた図。

カウンター
客だまりと営業室をカウンターとともに仕切る格子。上下に開閉させて、お金や証券類、伝票類を遣り取りしたんだろな。
 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

2012-03-04 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北斎展と、ミッチェナー。

2月23日、帰宅後、NHK-BSを観てたら、山田五郎教授が、葛飾北斎について解説していた。
コーナーの終盤、京都の文化博物館で北斎展が開催中である旨、キャプションが表示。ネットでチェックしてみると、3月25日までの開催とのことで、そのうち近々にいけばいいやという気持ちになっていた。で、さらに詳細を確認すると、前期展が2月26日までで、月曜の 休館日をおいて、28日からは、後期展となり、前期と後期では全作品が入れ替わるとのこと、これはイカン、この週末のうちに観にいかねばということになった。

北斎展
で、25日の夕刻、京都は、三条高倉の京都文化博物館に。
ええかげん空いてるだろうと思って、16時前にいったのだが、なんなんの、チケットを販売するインフォメーションの前には、行列が。
「おまえら、北斎展ごときで、普段来てない文博に来てんじゃねーよ」という、2ちゃんコピペ風がアタマをよぎる(笑
それなり以上の混雑ではあったが、「富嶽三十六景 凱風快晴」と、「神奈川沖浪裏」はしっかり観られた。後期展だけでも観られればいいやなんてナマケ心をおこさなくてよかったよ。
今回の北斎展は、ホノルル美術館所蔵品が出展されていて、そのほとんどが、故ジェームズ・A・ミッチェナー氏による寄贈品だとか。
ミッチェナー氏は、一般の日本人にはミュージカル「南太平洋」の原作者として知られているが、日本の美術品、工芸品の蒐集家としても知る人ぞ知る人物。しかしながら、今回の北斎のコレクションのすごさには、改めて驚嘆させられる。
氏は、当然のことながら、親日家、知日家であった。しかも、日本のいけないところをはっきりと諌めることのできた、本物の親日家であった。

氏は、おもに歴史のファクトを下敷きにした、重厚かつ緻密なフィクションを書いたのだが、現在、なぜか邦訳が出回っていない。司馬遼太郎や塩野七生の好きな日本人にはウケるスタイルだと思うのだけどね。過去に翻訳されたものが何作か、ネット上の中古本市場で入手できるようだが、ボク自身が読みたい作品はない。それらは過去に邦訳されたこともないようす。ま、時間かけて原書を読むか。

ミッチェナー
本棚から、ぱっと取り出したミッチェナー氏の作品。他に、このアジトにはあと2冊、実家には数冊あるはずだ。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

2012-02-26 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

THE BRITISH MUSEUM

5月7日、KM100便は、ほぼ予定時刻どおり、ちょっと早いくらいに、ロンドン・ヒースロー空港に到着。
ヒースロー空港
荷物をターミナル3の一時預かりに預けて、ヒースローエクスプレスにて、ロンドン市中に。
ノンストップ20分で到着したパディントン駅からは地下鉄ベイカールー線に乗り換え。

ベーカー街駅
地下鉄ベイカー街駅には、シャーロック・ホームズの横顔のシルエットの意匠が。

オックスフォードサーカス駅でセントラル線に乗り換えて、トッテンハムコートロード駅で下車。目指すは、エントリタイトルどおり大英博物館。
ロンドンの町並み
駅から博物館へ至るに途中にあった。いかにも倫敦といった街並。

大英博物館
初めてロンドンに来たとき、まずゼッタイに訪れたいと思い、やってきたのが、ここ大英博物館だった。
正月にいったとおり「原点回帰」という意味あいももって、十何年の時を経て、ふたたびやってきたってこと。

グレートコート
エントランスを真直ぐぬけて至るのは、グレートコートという中庭。
以前は大屋根はなかった。真ん中にある円筒形の建物は、かつての大英博物館図書館。
南方熊楠が足繁く通ううちに、ここで調査員として働くようになり、ロンドン留学中の夏目漱石も足繁く通った.......って、この二人は同窓生どうしじゃないか。天才ってお互いに触発されつつ、いろんなトコで縁をもつものなんだなぁ。ちなみに、ここにあった図書館機能のほとんどは、現在、大英図書館のほうへ移っている。

ロゼッタ石
以前は、ぶ厚い透明アクリルパネルにはさまれる形で展示テーブルに置かれてて、横から手を入れて触り放題だったロゼッタストーンも今はケースに守られてる。
【画像はクリックで拡大】

エルギンマーブル
大英博物館いったら、ロゼッタ・ストーンとともに、これだけは観ておけという、エルギンマーブル。
アテネはパルテノン神殿にあったレリーフを初めとする、大理石彫刻群。
【画像はクリックで拡大】

エルギンマーブル
そう、初めてここにきたとき、何が何でも観たかった、できれば触れたかったのは、ロゼッタストーンと、このエルギンマーブルだった。
【画像はクリックで拡大】

大英はくぶちかん
ここ大英博物館は、なにがすごいって、入場無料なことと、撮影が自由なとこだな。

日本ギャラリー
日本に関する展示は北側の棟の5階だったかのフロアをほぼ丸々つかっていて、日本のちょっとした博物館よりも充実している。
2008年より10年間、この日本ギャラリーのスポンサーシップとる三菱商事がリキ入れてるのは金銭面だけではあるまい。敬服する。三菱商事がスポンサーに入るまでは、ステロタイプ的な展示も多かったって聞くしね。

和時計
欧州の人らには、武士の甲冑と日本刀がやっぱり人気のよう。その次くらいが春画かな。ボクはこの和時計になんか魅かれたんだけどね。

昼メシ食うのも忘れて見学してまわったが、ここ、全部見るには、一日だけではゼッタイ無理だわ。
つーか、万一、えげれす経済が破綻しても、収蔵品を切り売りしていけば、国としてやっていけるらしい。

温風タオル
トイレの温風タオルもダイソン。さすが大英!!
 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-06-28 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター