辛くてウマいの久しぶり

昨夜は、西中島バール・イルソーレの常連仲間のKお嬢様がお気に入りという、創作四川料理のお店に連れて行ってもらった。今回はすべてをKさまにおまかせして、ボクは事前リサーチなどをいっさいせず。

えにし
心斎橋の大丸で待ち合わせたのちに至ったのは、このあたりによくある飲食ビルの地下1階にある、縁(えにし)というお店。表には目立つ看板はなく隠れ家的なフンイキ。店内はカウンター席のみでオサレ。

鯛の刺身
中華風鯛の刺身。
甘辛くて、酸味のアクセントのきいたタレといっしょに、ナッツや揚げた春巻の皮と和えて食べる。香りのしっかりとした香菜(パクチー:コリアンダーリーフ)がついてるのもウレシい。

台湾腸詰
台湾腸詰。
サラミっぽいが、熱を通されて出て来る。甘味噌と薬味をのせて食べるのだが、Kさまは、ニンニクのスライスを一切とらずに、すべてボクにおまかせなさいましたわ。そのために、この後、ボクの口腔内は、始終ニンニクが香ることに(笑)

四川水餃子
四川水餃子。
皮がモチモチ系、四川といいながら、辛くはない。味噌ダレのウマミがイイ。

春巻
春巻。
焼売は餡を食べ、餃子は皮を食べるもの。春巻はさらに皮を食べるもの。というが、こちらの春巻は、皮がまさにガラスのようにパリパリのような芸術品。アツアツのうちに食すべし。

紹興酒
この夜、一杯目は生ビールで乾杯。食中は、紹興酒の燗で。もちろん、ザラメとレモンをいれて。

麻婆豆腐
白子いり麻婆豆腐。
Kさまによると、白子入りは冬季のスペシャルとのこと。先日、見識を改めたとおりクレマのようにトロッとしたテクスチャが、麻婆の餡にマッチ。

麻婆豆腐
麻婆の「麻」とは、山椒のシャープでピリッとした刺激のことなんだが、こちらのは、さらに好きなだけシゲキを追加してといったカンジで、粉山椒が添えられる。Kさまもボクもたっぷりと加える。もちろん、豆板醤のピリっとした辛味、豆豉醤のウマミもしっかりした、満足な一品。

ホタテと牡蠣のピリ辛炒め
ホタテの牡蠣のピリ辛炒め。
一緒に盛られたトウガラシも食べたら、K嬢が「平気なの?!」と。調理の過程で入っていて、辛味成分が多く油の中にしみ出してるから、それほど辛くないんだよ。

Kさま、料理、アトモスフィアともによかお店にお連れくださいましてありがとうございました。
こんなにシッカり辛くて、それでいてシッカりおいしい料理は久しぶり。
またの機会も是非お連れくだされ。

創作中華 縁 (えにし)
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-2 山本ビル B1F
TEL: 06-6281-0373
営業 18:00~27:00 日祝休

 

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

2011-12-18 : 四川料理 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター