インチョンの夕餉


インチョンの空港島怪しいニュータウンで食べた海鮮チヂミ。
(゚д゚)ウマー。

向うがわに写っているのは出張の同行者。
苗字が「田代」なので、「マーシー」と呼んでいる。

マーシーと一緒に出張して、改めて彼に関してわかったこと。

・意外に食べ物の好き嫌いが多い
・ヒコーキ乗るのを怖がっている
・意外に冒険心に乏しい。

ホテルに荷物をおいて、
「腹減った。メシ食おう」
と怪しいニュータウンに繰り出したわけだが、
日本語はおろか、英語すらない街の食い物屋の看板をみて、
マーシー、さっきの「腹減った」はどこえやら。
「気分、萎え萎えや~」
2005-08-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

やっちゃったというか、やられたというか。

あびる民国出張よりの帰国は、
12日金曜夕刻1810時インチョン発のJAL便を使う予定だった。

現地法人社長より、
「ボクも18時25分発の名古屋便で帰国するから、15時半に一緒に出よう」
と言われる。
仕事は、昼には片付くメドついてたし、ほんとは、
もっと早く出たかったのだが、偉い人にそう言われたら、
ノーとは言えず。従うことになった。

スウォンのバスターミナルを1610時発の、エアポートリムジンに乗った。
予定なら、1720時にインチョン空港着。チェックインはギリギリで、
ひょっとしたら、買い物の時間もとれるかも、というかんじ。
スウォン市街を出るまでが、工事による車線制限で、ノロノロ運転。
高速に乗ったら、バンバン飛ばして、遅れを挽回してくれるのかと
思いきや、合流点に近付くたびに、渋滞につかまり、
空港についたのは、1750時。
1810時の関空便は、すでにチェックイン・クローズ。
シャッチョー様は、1825時発名古屋行きにギリでチェックインできた。
我々の関空行きチケットは、種別から、名古屋便への変更はできず。
この時間では、名古屋行きの新たな発券は不可。
ということで、1905時のKAL関空便のチケットを求めて、
セールスカウンターに並ぶがすでに満席。
やむなく、翌日のJAL便に乗ることとなった。

当然、宿泊せねばならぬのだが、空港のホテルカウンターで、
紹介してもらったホテルの、リムジンに乗せられて、
着いたのは、空港そばのニュータウンにある小さなホテル。
この日までいたスウォンは、あんまり外国にいたという
気分がしなかったのだが、いきなり外国にほうり出された
という気持ちになった。
それまでのことを考えると「なんぢゃ?!こりゃー!」
と叫びたくなるような、街の雰囲気であった。
2005-08-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター