デリーへの道

土曜日、ミナミまで出る用があったので、東心斎橋のカレースタジオ「ルー・デリー(Rue Delhi)」へ行った。
写真
いままで食べたカレー専門店のなかで、ここがのが一番ウマい!
辛さの調節も可能で、店内のメニューには、辛さ30倍まで表示。リクツでは「辛さ2000倍」までいけるとか。
かつて、1100倍をオーダーして完食した人もいるらしい。

ボクはいつも30倍をオーダーする。
「何倍」とは何を基準にしているのかよくわからんが、30倍でCoCo壱の5辛くらいの辛さか。
CoCo壱だと、4辛あたりから、辛いばっかりで味がわからなくなるのだが、ここのカレーは30倍でも、辛い中にも、しっかりと旨みとまろやかさも感じられる。
おそらくは、ブイヨンの煮込みの仕上げの時に加えている、ジャガイモとヨーグルトと牛乳のペーストにヒミツがあるのだろうと睨んでいる。

写真
まずは、付け合せの野菜サラダと、薬味のラッキョウ、福神漬け、キャベツのピクルスと、ラッシーが、トレイに載せられて供される。
ボクはカレー食べるときには、薬味類には、あんまり手を出さないのだが、ここのは全部いただいてしまう。特にラッキョウは、よくあるいやらしい臭みがなくて美味しい。
ショットグラスに入ったラッシーは、カレーを食べたあとの口の中の辛味消しに飲むのだが、希望する人には、別料金でコップ入りにしてくれる。

写真
カレーは、ライスと、ソースボートに入れられたソースに分けて供される。

写真
肉は焼肉屋で使うハラミと同じモノを使っているとか。
店の名付け親は、評論家の竹村健一氏。
フランス語で「通り」の「Rue」とカレーのルーをかけた上で、カレーの本場「印度のデリーへの道」と洒落込んだらしい。
しかして、この店のカレーソースは、ルーは使っておらず、サラサラのシャバシャバで、スープとして飲むこともできる。


ビーフカレー1100円、辛さの追加は5倍までは無料。6倍~10倍で100円増。11倍~30倍で300円増。
平日ランチタイムには、ラッシーのみついて700円。

http://gourmet.yahoo.co.jp/0002147772/M0027000278/
2006-10-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター