有給なんてもんを久々にとってみた。

1月29日木曜は、有給休暇をとって、満期となった口座の整理にいったり、来月には切れるパスポートの更新にいったりした。
パスポートセンター
大阪府パスポートセンター本所。谷町筋側から見ると地上一階のように見えるが実はこの建物の地下1階となる。

アイマーケット
今、パスポートの申請で、いちばん難儀するのは写真ではないかと思うが、パスポートセンター本所で申請する場合は、西隣にあるこの旅行用品店「アイマーケット」で撮ってもらうとよいかと。
申請用のサイズにきちんとカットしてくれて、カオのプリントサイズも、キチンと規格にあわせてくれる。一回1050円だが、全くのおまかせで手間なく、しっかりしたものをもらえるので、その値打ちあり。
2009-01-30 : 社会・生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

冬の夜、ラム酒と。。。。

ラムとチョコ
冬の夜、ラムが練り込まれた冬季限定のチョコを齧り、舌の上でとろかしながら、ラムを飲む。ラムはダークかオーロで。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

2009-01-28 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今の部署に移って一年強

決算が見えてきてすげー忙しい。そんな連日つづく残業の供はこれ。
うまい棒
うまい棒。ひと袋30本はいってても300円。
2009-01-27 : 軽食/間食 : Snacks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

寒い休日のブランチ【弐】

日曜のブランチは湯豆腐にした。
湯豆腐したよ
お豆腐は、例によって、いちまる豆腐のもめんときぬを半丁ずつ。

湯豆腐
今回も昆布のダシがしっかり出てる。まずは、豆腐だけ、きぬともめんは一切れずつ。

湯豆腐
きぬはフワっトロ、もめんはプリっトロっとウマい。
もみじおろしは、もちろん今回も自作。

オニクとネギいれる
ネギとオニクもいれる。

豆腐、オニク、ネギ
オニクは、お好み焼き用のバラスライス。サシがプリプリでウマい。

ビール
寒いときには、濃厚なビールがウマいということで、お昼前から、琥珀エビス。

雑炊
いいダシ出たから、やっぱり雑炊で。
味付けは、薄口しょうゆでやったのだが、それでも黒っぽい色になったな。次回は白醤油でやってみようっと。
雑炊で月見
溶き玉子をまわしかけする前に、玉子丸ごとしずめといたので、それの黄身がほどよい半熟に。
青ネギ用意するのわすれたのがザンネン。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

2009-01-26 : 朝食 : Breakfast : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

寒い休日のブランチ【壱】

この週末は、とくに朝寒いとのことで、まずは、土曜日のブランチはアイリッシュシチューにすることにした。金曜の夜中に調理する。
アイリッシュシチューの材料
材料はこんなカンジ。ラム肉は、ジンギスカン用の厚切りを300グラム。肉は値段が100グラム148円なので、それなりの鶏肉よりも安いくらいかと。

肉を鍋にしく
一口大に切ったラム肉を鍋に敷き、皮を剥き芯を抜いたニンニクを転がす。

ジャガイモとニンジン
肉の上に、ジャガイモとニンジンを置く。

タマネギ
一番上の層はタマネギをおく。

ビールを注いで茹でるよ
ビールをひたひたになるまで注ぐ。この時、塩をパラパラとふたつまみくらい入れると、苦みが和らぐ。
まず、火は中火で鍋を温める。アルコールが飛んで、沸騰したら、とろ火にして、コンソメキューブを二つ半いれて、蓋をして30分煮込む。
煮込んだ後、薄力粉大さじ3をバター15グラムほどで炒めて作ったルーをいれ、とろみをつけたて出来上がり。

アイリッシュシチュー
土曜の朝、温めて食べる。煮込み料理は、やっぱり一晩寝かすのがよいな。この夜半から朝は寒かったからなおさら。

アイリッシュシチュー
立ち上る湯気がまたあたたかげ。煮込み時間が半時間でも、ビールで煮込んだので、オニクはヤワラカ~。

今回、煮込みに、アイルランドにキルケニーを使ったが、コーンスターチとか米といった余計なモンが入ってなければ、ビールはなんでもいいかと。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

2009-01-25 : 朝食 : Breakfast : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

お誕生会

バールイルソーレ関係者は、1月生まれが多いということで、昨日、18日の日曜に「一月のお誕生会」を開催。
プリモ・クラタさんのコーディネートで、大阪市営地下鉄谷町線太子橋今市駅を降りたところの、Kappao(カッパオ)というお店が会場となった。
Kappao看板
重厚なカンジの入り口。でもカジュアルで気楽に入っておっけー。メニューを見るカンジではお値段もそこそこだったかと。
プール
店内にすすむと、バールスペースと、ダイニングスペースに別れたホールの真ん中にプールがあり。ただし、泳げない。
クラタさんに聞いたハナシでは、過去に、一人だけ、結婚式の二次会で新郎が放り込まれたことがあるらしい。
タネをあかせば、水深は40センチ程度なので、ヘンな投げ込まれかたすると怪我するよ。よい子はマネしてはいけません。
ディスプレイからして、リゾート地のプールサイドバーをイメージした店内なのかなといったカンジ。

シャンパン
まずは、シャンパンで乾杯。
これは店長の三木さんからのプレゼント。

カルパッチョ
最初にシーザーサラダとともに出てきた鯛のカルバッチョ。
カルパッチョには、チョップしたキムチがはいってるカンジがした。なかなか面白くて美味しい味。

骨せんべい
魚の唐揚げ、骨せんべいとともに、つーか、骨せんべいのほうが主役。
シャンパンに続くビールにうれしい。

ワイン
シャンパン、ビールと続いたあとで、赤ワインを開けてもらった。
微発泡で、飲みやすい1本。三木さんがセレクトしてくれた。

さばふぐフリット
さばふぐのフリット。
いちおーフグだぞ。フグ。

パスタ
パスタ。ボクは「ペスカビアンコ」と言ったが、即座に「いやちがう」と否定される。じゃ、何?この一皿。

エビマヨピッツァ
エビマヨネーズのピッツァ。
クラタさんによると、ピッツァの生地は、お店で捏ねているとのこと。

オニク
鶏を骨つきのままぶつ切りにして焼いたん。
このタレでほんまは手羽先を焼いたらウマいとのことだが、手羽先は、前日売切れてしまったとのこと。なんのなんの、これもかなり美味しかった。

リゾット
リゾットたべたいとお願いしたら出てきたのが、ホッキ貝リゾット、ペスト・ジェノヴィエーゼをのせて。
ペスト・ジェノヴィエーゼをリゾットに使うなんてのは、おぢさんちょっと思いつかないな。ホッキ貝の食感と旨味もおいしいよ。

ブルスケッタ
ブルスケッタ。トマトが甘い。

ドルチェ
ドルチェはお店のおすすめ、クリーミーチーズケーキ。
濃厚でしっとり。

太子橋今市なんて、生活の面でも、仕事の面でも行動範囲から外れてて、接点のないトコなんで今回のアレンジがなければ、まずこのKappaoに出会うことはなかっただろう。
クラタさん、いいお店に連れてってくれてありがとう。
店長の三木さん改めまして、バースデープレゼントのシャンパンをありがとう!!

Kappao
大阪府守口市京阪本通1-3-6
06-6997-3344
火曜定休
営業時間:
17:00~27:00(LO 26:00)
日祝は17:00~24:00(LO 23:00)

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-01-19 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ポークカレー

先の金曜の夜中、久々に、土曜のブランチ用のカレーをつくってみた。
ポークとキャベツのカレーの材料
材料はこんなカンジ。
ポークとキャベツのカレーにした。主な材料は、豚バラ肉200グラムほどと、タマネギ中1個、キャベツ1/4玉。
レシピは次のとおり。

1) 油を敷いた鍋で豚バラを焼く。これは脂を出してラードとして使うのが狙い。表面に焼き色がうっすらつき出したら、鍋から取り出す。

2) おろしたニンニクとショウガを1)の鍋で炒める。

3) ニンニクとショウガの香りが脂に移ったら、タマネギのスライスを入れて中火で炒める

4) タマネギが深い飴色のペースト状になったら、カイエンヌペッパー小さじ1、カレー粉小さじ1をかけ、大さじ1のウスターソースをかけて練りこむ。

5) 一旦鍋から上げた1)の肉を一口大に切って鍋にいれ、酒を大さじ2~3くらいふって、4)のペーストになじませる。

6) ザク切りしたキャベツを鍋に入れて、ふたをしてコンロは弱火にし、キャベツの水分だけで小一時間蒸す。キャベツは芯の部分も入れること。

7) トマトペースト一包、コンソメキューブ2ケ、カイエンヌペッパー小さじ1、カレー粉小さじ2を鍋に入れ、ひたひた程度に水を注いで、小一時間トロ火で煮込む。

8) 火をとめて一晩寝かせる。食べる前に温めて、盛り付け直前に、ガラムマサラを小さじ1ふる。

ポークとキャベツのカレー
できあがりはこんなカンジ。つけあわせは、大根のサラダ。

豚バラ肉
オニクは煮込んだ豚バラらしくトロトロ。量はもっと多くてもいいかも。

キャベツの芯
これ、キャベツの芯の部分。
柔らかくトロトロに煮込まれていて、上品なおイモを食べてるようなカンジに。

トロミがタマネギと煮崩れたキャベツから出るので、ルーは不要。タマネギからのものよりも、キャベツから出たイヤミのない甘味がきいているのがまたよい。
今年初めて作ったカレーとなるわけだが、かなりよいものが出来たかと。こいつはまた幸先いいな。

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

2009-01-14 : カレー/印度料理 : Curry & Indian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

寒いけどナガ~ンいってみた。

12日の月曜は祝日ということで、11日の日曜、長堀橋のナガ~ンは営業となる。せっかくの機会なので、寒いながらも、でかけてみた。空気が冷たいと、都心でも気分的にすがすがしいカンジがしてよかった。
ミネストローネ
まずは、ミネストローネ。
やさしい味もさることながら、この日のような寒い日は、その温かさもうれしい。近頃、イタリアンにしてもフレンチにしても、こういったスープを置いてる店少なくなったね。

鴨とひよこ豆のコロッケ
つづいて、鴨とヒヨコ豆のコロッケ。
鴨の存在感と旨味がイケてる一品。

カキのリングイネ
カキのリングイネ、少しトマトとサフラン。
カキの風味がすごくしっかりして濃厚でウマい一皿。パスタを食べきったあと、皿にはソースがほとんど残らないところも絶妙。

スズキのグリル
セコンド(メイン)はペシェ(魚料理)で。西京味噌を塗って、サトイモのおろしをのせたスズキのソテー。
むちゃウマすぎなんですけど、この一皿。

イチゴのグラニテ
ドルチェは、イチゴのグラニテとミルクのジェラート。
ま、「冷たいイチゴみるく」ってとこか。イチゴは粗めのチョップになっていて、その食感も楽しい。トカイワインをあわせてみた。最初、スプマンテと合わせるべきだったかと思ったが、トカイでもなかなかいけた。

ワインロッソ ワイン、ビアンコ
ワインは、この二つをグラスで。
ロッソ(赤)は、シシリーのカンティーネ・コローシ・ネロ・ダーヴォラー、ビアンコ(白)は、カンパーニャのマストロ。

Naga~n cucina italiana
大阪市中央区 東心斎橋1-3-7 ENT長堀1F
TEL:06-6252-5566
ディナー :18:00~22:00   L.O.22:00(金曜・土曜はL,O26:30)
ランチタイム:11:30~14:30   L.O.14:30(土曜はランチタイムのみお休み)

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-01-12 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カエサルがルビコン川を渡った日

某イタリアンバールのカレンダー。
1月12日
12日のところにこんな書き込みが。
「Buon Compleanno! Mr.Sakata(お誕生日おめでとう! Mr.サカタ)」
そーだよ。ボクの誕生日だお。

「なんでMr.(ミスター)なんじゃい。こういうとこも伊太語で徹底して、Sr.(シニョーレ)にせんかい」
と言ったら、
「Sr.なんて書こうものなら、『し尿』にひっかけて、大きな声でキタナい話しまくるでしょ。あーたは」
とアッサリ返された。

しかして、某バールは、この日は休業(笑
2009-01-11 : 未分類 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

2009年も残すところあと357日

昨年末、某イタリアンバールの納会(なんでそんなトコに居るのか)にて、2009年の目標と称して「嫁をもらう」と言ってしまったらしい。その時点でかなりアルコールはいってたので、正直オボエてないのだが........

お店のスタッフの結婚組って、なんか楽しそうにやってるし、その晩ことさら「なんだいっても、結婚はいいよ~」って言ってくるし、年末色々あって気持がブレてることもあって、そんなこと口走ってしまったらしい。

「目標」を達成するにしても、2chの既婚男性板などの

 「嫁のメシがマズい」
 「嫁がブスで毎日が辛い」
 「嫁がバカすぎてシャレにならん」

といったスレッドの住人にならんよう。相手選びは、慎重にありたい。

抱負についてマジなハナシ。
今年は、困難や苦労を、自分の資質への挑戦として捉え、自身の修養を積む機会とできるよう、心を強くありたい。
あと、気持ちは前向きに、できるだけ楽しく、そして堂々と歩みたい。



4日は、アンドレの営業開始日。5日は、バールイルソーレの営業開始日ということで、それぞれ新年の挨拶にいってきた。

アンドレ1月のキャンペーンはズブロッカ。
バイソンロック
つーことで、今年のアンドレ一杯目は、ズブロッカのオンザロックにライムをしぼった「バイソンロック」。
キャンペーンメニューにはなかったけど、ズブロッカって、すごく面白い飲みかたが(以下自粛
アヒャ酒
で、今年はじめてのアヒャ酒。


イルソーレではまずはアンティパストミスト。
アンティパストミスト
いんげんとツナのサラダ、いろんなネギのスフォルマート。

スズキのカルパッチョ
スズキのカルパッチョ。
辛口のスプマンテとあわせて。
スズキのカルパッチョ
スズキは、グリルが今月のおすすめに入ってるので、ときどきこういったおいしいカルパッチョも期待できるかも。

グラタン
プリモはサルシッチャのペンネグラタン。
レンコンが入っている心遣いがまた憎いね。

ガシラグリル
セコンドはペシェでガシラ。
アクアパッツァにするか、あるいは唐揚げにしてもらうかとも思ったが、結局はグリルにしてもらった。こういう不細工なカオの魚ってなぜか、白身が上品で旨いよな。


6日には、バルマルエスパーニャ西中島へ新年の挨拶に。
豆のサラダ トルティージャ
まずは豆のサラダ、トルティージャ(オムレツ)をつまみにビール。

牛ほほ肉のワイン煮込み
メインは牛ほほ肉のワイン煮込み。赤のグラスワインといっしょに。
牛ほほ肉のワイン煮込み
牛ほほ肉って、上品なスジってカンジ。ソースももちろん余さず、バケットですくって食べる。
2009-01-07 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

鶏と大根の雑炊

冬休み最後の日の朝食は、鶏と大根の雑炊にした。
鶏と大根の雑炊
昆布とカツオの出汁に、鶏と短冊切りの大根をいれて、味噌で味付けしてごはんを投入。味噌は、白味噌の割合をかなり多めにした合わせにした。ごはんがいい炊きあがりになったら、真ん中に卵黄をおとし、さらに溶き卵をまわしかけて、火を消して蓋。

鶏と大根の雑炊
ほんとは、かぶらで作りたかったけど、手頃なのがなかったので、大根でいってみた。大根も身体が温まるし、独特の辛みがウマい。
鶏と大根のボリュームほどほどで、ウマく炊きあがった。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

2009-01-04 : 朝食 : Breakfast : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

幸先がいいで

昨年からの上達課題メニューの一つが、玉子焼き、だし巻玉子なんだが、きょう、今年はじめてのだし巻玉子を焼いてみた。
だし巻
結構うまく焼けたかと、こいつは新年早々なかなか幸先がよいかと。
ま、「おかんの玉子焼き」にはまだまだ遠いんだけど。

2009年1月3日の朝食
今朝の朝食はこんなカンジ。いくらのしょうゆ漬け意外は、日常の朝食に戻った。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

2009-01-03 : 朝食 : Breakfast : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

鍋の翌日

鍋の翌日といえば、やっぱり残った出汁で雑炊だろ。ということで、昼食は雑炊。
鍋のあとの雑炊
昨夜の鍋の残りの出汁に、ごはん半合、うすくち醤油大さじ半分を加えて煮立てる。いい頃合いになったら、斜に切ったネギを散らし、火を止めて、溶き卵をまわしかけて蓋をする。

鍋のあとの雑炊
玉子が半熟のとこもあれば、しっかり固まったとこもありと、なかなかいいカンジの出来上がりになった。


雑炊作りに先立つ事、鍋から冷えて固まった脂を引き上げたら、下の画像のごとくに。
脂
さすが、豚バラ肉(笑

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

2009-01-02 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お鍋とお雑煮

元日は、朝、実家でお正月料理をいただいた。
で、夜は、寒いので、お鍋にした。大晦日に、いちまるとうふで買ったきぬともめんもあったしね。

お鍋だし取る
水をはった鍋に、昆布を二時間ほど沈めてダシをとっておいた。この昆布、むっちゃいいダシがでた。
鍋の材料
材料はこんなカンジ。豚肉、ネギ、小松菜、きぬ豆腐にもめん豆腐。薬味はもみじおろし。

待ってるあいだイクラ
鍋が煮立つのを待つあいだ、いくら醤油漬けを大根おろしにのっけたのをつまみながら、ウォトカをチビチビと。

お豆腐からいってみる
鍋が煮たってきたので、まずは豆腐だけからいってみる。
お豆腐からいってみる
豆腐は、中のほうに、ほんのちょっとだけ冷たい部分が残っているころが食べごろかと。手前きぬ、奥もめんで、それぞれの食感を楽しむ。もみじおろしは、当然、今回も手製。

どんどんいくよ
お肉も野菜もどんどん入れていくよ。
どんどんいくよ
お肉は、豚バラのスライスを使った。脂身のプリプリの食感が好き。



本日、二日の朝は、実家でお雑煮。
お雑煮
今年は、鶏、大根、にんじん、ネギ、三つ葉のおすまし。モチは焼き餅ではなくて、水餅で。

テーマ : ★☆お正月料理・おせち☆★
ジャンル : グルメ

2009-01-02 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

エンヤーこ~らやっ♪

昨夜の紅白歌合戦、アイルランドからの中継で、エンヤが出演したわけだが、「オリノコ・フロウ」の歌詞、「オリノコの流れで、トリポリの海岸に連れてって(まこりの超訳:let the orinoco flow,Let me reach, let me beach On the shores of Tripoli.)」から、海兵隊讃歌「モンテスマ宮から、トリポリの海岸まで(まこりの超訳:From the halls of Montezuma To the shores of Tripoli,)」を連想してしまうボクの思考回路は、やっぱヘンなんだろか。

こちらが「海兵隊讃歌」。



こんなご時世、正月はこういった景気のいいのがよいかと。
2009-01-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ま、正月ということで

元日のボウモア
朝から、ブラックコーヒーをチェイサーに、ボウモア飲んでま。

テーマ : お酒全般
ジャンル : グルメ

2009-01-01 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Is-sena It-tajba!! 2009

エントリタイトルの Is-sena It-tajba(イッセナ・イッタイバ)とは、マルタ語で
あけましておめでとう
の意
元日のボウモア
新年に乾杯ということで、ことしもボウモアを開けた。

皆さん、本年もよろしくお願いします。

2009-01-01 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター