その名も「くじら」

昨日、2月の経理締めも終わり、週末でもあるし、後輩S君と終業後になんか食べにいこうかということになった。
S君は、クジラを食べたことがないとのこと。それならばと、西中島で前々から気になっていた店にいってみることにした。
居酒屋くじら
クジラ料理専門の居酒屋で、その名も「居酒屋くじら」

くじらの刺身の盛り合わせ
まずは、刺身の盛り合わせ。
手前のモコモコしたカンジのはおばけ、つまりは脂肪の湯引き。奥左から、クジラベーコン、皮、さえずり(タン)、赤身。
刺身タレ
おばけは右の酢味噌ダレ、その他は、左のショウガ醤油につけて食べる。
皮は脂コッテリなカンジが気に入った。クジラの肉は馬肉に近いということで、赤身はクセがなく馬刺同様にウマい。今回は外してしまったが、次回は高級部位のおのみを食べてみたいな。

竜田揚げ
我々の世代で、クジラ料理といえばこれだろうということで、竜田揚げ。
かつて学校給食で供されたクジラの竜田揚げは、児童のアゴを鍛える目的でもあるんちゃうかいなと思うぐらい固かった。ゆえに、ある程度は固いことをカクゴして口にいれるてみると、なんと、びっくりするくらい軟らかい。それでいて、クジラらしい旨味がしっかりとある。このお店きたら、ぜったいコレははずしたらあかん。給食の竜田揚げの固さがトラウマみたいになってる人結構いるけど、そういう人にこそ食べてほしい。
そんなわけで、S君が「クジラってこんなにおいしいモンだったんですねー」とよろこんで食べているのを見るのは、なんともフクザツなキモチだった。

ローマ・カソリックの教義では、クジラは魚ということになっている。
復活祭(イースター)に先立つ40日のことを四旬節といって、この期間、カソリック教徒は肉食を控えねばならない。が、魚は食べてもいいということになっている。クジラは、獣や鳥ではなくて、魚とするということで、四旬節でも食べてもよいことになっている。
つーことで、ここの竜田揚げのようなウマいクジラ料理を、四旬節にカトリック教徒のケトウやアメ公に食わせて、捕鯨賛成の陣営に引き込むことはできんだろうか。
ちょうど、今年もそろそろ四旬節がはじまるな。

居酒屋くじら
大阪市淀川区西中島3-21-1
06-6304-1988
17:00~00:00L.O.23:30
平日ランチ11:40~14:00

土曜定休

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

2009-02-28 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

※米屋 COCOYA

先日の牡蠣焼きツアーで、スタッフや常連の皆さんとご一緒して、※米屋(COCOYA)にえらい興味がわいたし、イルソーレのプリモ・クラタさんが「自分の家で飲んでる気分で飲める」ともいうので、ツアーの翌日の月曜の帰宅時に、早速寄ってみた。

つきだしおでん
つきだしはおでん。
カラシではなく、ゆずこしょうが添えられている。

東京コロッケ
まずは、東京コロッケ。
ビー玉くらいの大きさの球形にまとめた具を揚げたもの。小皿のソースがついてくるが、それ自体にもしっかり味がついててうまい。
東京コロッケ2
ひとつをお手塩にとって、割ってみたところ。大きさ、味ともに、ビールを飲みながらにぴったし。

メンチカツ
お肉屋さんのメンチカツ。
外側はカリっと揚ってて、中はしっとりかつジューシー。盛り付けてる器も面白いが、刻みネギと、刺身のつま様に、細い千切りにした大根と人参が添えられているのが、なお面白いかと。

馬刺
ネットであらかじめメニューを予習した折、これ食べたい!と思った馬刺。
お店のおすすめは四種盛だが、単品も注文可とのことなので、今回は赤身で。薬味は、ニンニクとショウガ。馬肉はクセがないので、とくにニンニクの風味が活きてくる。翌日も仕事だが、かまわずニンニクでいっとく。

そうめんチャンプル
シメはさんざ迷った結果、そうめんチャンプルーに。
花カツヲをどっさりのせたうえに、アクセントの青ネギのインパクトが強い。
そうめんチャンプル
具は、大きめにチョップされた豚三枚肉と、スライスしたタマネギがおもで、なかなかのボリューム。
シメの候補として、他に、カレーと、塩焼きそば、XO醤焼きそばが挙っていたのだが、今回は、これにしておいて正解だったかと。

COCOYA
お店の前に立つのは、代表のスエノブさん。
うまい具合に逆光で顔を隠せました。ご本人は顔出しゼンゼンOKとおっしゃってたが(笑

フード類がフツー以上に、あたりまえ以上おいしいお店だった。まだまだ食べてみたメニュがいっぱいあるので、次回は誰かときて、いろいろな品に手を出してみようっと。

呑み食い所※米屋 COCOYA
大阪市淀川区西中島3-6-6
06-6885-8807
営業時間 18:00~03:00(祝日01:00)
日曜休業

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

2009-02-25 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

志度湾の牡蠣焼き

今日は、バール・イルソーレバルマル・エスパーニャ西中島、同じく西中島にある呑み食い処 ※米屋 COCOYAのスタッフと、それらの店の常連で、バスを仕立てて、香川県に焼き牡蠣を食べにいった。

うどん商人づづみ
せっかく香川まで来たので、ついでに讃岐うどん。お店は高松市のうどん商人づづみ屋
海鮮天ぷらぶっかけ
海鮮天ぷらぶっかけうどんと、トッピングに半熟玉子天ぷらをオーダーしてみた。
海鮮天ぷらぶっかけ
玉子天ぷらを割って、うどんにのせるよ。
釜玉
これは、バルマルのカマレラのハヤカワさんの食べた釜玉うどん。
みそ鶏
バルマルのスーシェフ、キム~♪がサイドでとったみそ鶏。
鶏唐揚げに、味噌ダレがかかってて、なかなかウマい。
ここのおうどんは、さすがにコシがあっておいしかった。
オーダーは、醤油うどんにしておいて、トッピングをいろいろ取ってみたほうがよかったかな。

八栗寺ケーフルカー
四国八十八ヶ所の八十五番、八栗寺にケーブルカーでお参りして、腹ごなししてから、いよいよ焼き牡蠣へ。

かき焼き鎌倉
志度湾をのぞむこの地区にいくつかあるお店で、今回お世話になったのは、かき焼き鎌倉本家まるか

牡蠣焼き
ガスバーナーで熱した、おおよそ1.5メートル四方の鉄板の上で、大きな牡蠣を焼く。
お世話をしてくれるおばちゃんが、焼けた牡蠣を、鉄板のへりの各々の前にトングで取り分けてくれる。
鉄板は、真ん中が凹んでいるので、こういう造りなのかと、おばちゃんに訊いたら「最初は平らだったが、使っているうちに、熱で真ん中あたりが落ち込んでいく」とのこと。
牡蠣焼きセット
各人に用意される「牡蠣焼きキット」。
利き手と反対の手に軍手をはめて、とりわけてもらったもらった牡蠣を押さえて、利き手で牡蠣ナイフを操って、殻を開けたり、身を取り出したりする。
牡蠣の身でかっ
シーズンも終わり近くなってるので、見事に身が太ったものが多い。

香草バター
バールイルソーレから、牡蠣やエスカルゴに使っている香草バターを持ってきてたよ。

サルサピカンテと香草バターで
そのままを、レモンをちょっと絞って食べてウマいのだが、持ち込んだケチャップとタバスコ、お店にあった調味料で「調合」したサルサピカンテと、香草バターで味付けして食べてみた。もちろん、ウマい。
本当は、鉄板についた焦げが取れなくなるという理由で、バター、チーズ、マヨネーズの使用は禁止なのだが、鉄板にはぜったいにバターはつけない、こぼさないという約束で、特別にお許しいただいた。おばちゃんも「大阪の人はやっぱり食通やねぇ」と、半ばあきれながらも興味をもってみてくれてた。
牡蠣とシャベル
システムは100分間食べ放題。追加の牡蠣は、おばちゃんがこのシャベルですくって、鉄板の真ん中にのせてくれる。

ワイン
ドリンク、調味料は持ち込み可(ただし上に書いたとおり、乳製品とマヨネーズ類は禁止)。往路車中で消費したぶんも合わせて、もってきたスプマンテ三本と白ワインのマグナムボトル六本をここまでで飲みきってしまった。

かきごはん
100分なんて、アッという間にすぎてしまった。終了まぎわには、かきごはんと、味噌汁をシメとして出してくれる。やさしい味で、なんぼでもおかわり可。

牡蠣直売
おなじ「鎌倉」屋号の隣の店で、牡蠣の直売をやっている。殻つき、むき身ともに、一個60円とのこと。イルソーレのオーナー、ナカニシさんが購入していたので、明日、イルソーレかバルマル・エスパーニャのメニュに載るかも。

牡蠣がおいしかったのは当然として、我々のお世話をしてくださったおばちゃんらが、親切で、なんかかわいらしくてよかった。またお世話になりたいもんである。

かき焼き鎌倉本家まるか
高松市牟礼町原360
TEL:087-845-2456
期間:11月~3月 (年によって前後)
営業時間:10:00-20:40 無休

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

2009-02-22 : 名物料理/郷土料理 : Regional cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ナポリタン@アヒャ酒屋

月度の締ということで、ここ一週間は非常に忙しかったが、昨夜は、残業もそこそこにして、新フードメニューを何品か試すついでに、アヒャ酒屋アンドレDDハウス店で夕食にしてみた。
アンドレのナポリタン
まずは、ナポリタンスパゲッティ。
熱い鉄板に、玉子を流し込んで、その上で仕上げるスタイル。玉子の焼け具合、しっかり焼けているところと、半熟部分があるのが絶妙。
アンドレのナポリタン
当然、タバスコをドパドパ、粉チーズをどっさりかけて食うのが流儀。ソースは、トマトピューレとケチャップのバランスが絶妙なかんじ。ナポリタン食べたくなったら、今度からアンドレに来るよ。
麺は「喫茶店のナポリタン」のような太めのスパゲッティではなくて、茹で時間短縮のためにスパゲッティーニ(太さ1.6ミリ)を使ったとのこと。メニュー検討の折りには、より細いフェデリーニやカッペリーニの使用も考えたのこと。

ナポリタンは、関西の喫茶店などでは、「イタリアン」と呼ばれ、そのようにメニューに載っていることが多い。
これは、昭和三十年代に、一般むけにスパゲッティーが発売されたおり、メーカーが、件のケチャップスパのレシピを、関東では「ナポリタン」、関西では「イタリアン」と称して紹介したことに起因するらしい。
関西でもいまや一般家庭での呼称は「ナポリタン」が定着したが、飲食店ではまだまだ「イタリアン」が多く、客側も店側もそれで承知しているのだから、心情的には、アンドレのメニューも「イタリアン」にしてほしかったな。

カニクリームコロッケ
カニクリームコロッケ。コロッケがレギュラーメニューとして復活というわけ。これで颱風の日も安心。
カニクリームコロッケ
コロッケの下には、タルタルソース♪
ジャガイモコロッケとメンチカツのセットの復活もキボン。

あとハンバーグとエビフライがあれば、「洋食アンドレ」が開店できるな(笑

テーマ : 洋食
ジャンル : グルメ

2009-02-21 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

雪が舞ってやんの

土曜日曜の陽気はどこへやら、今日は午後からだんだん冷えてきた。
で、残業タップリやって帰ってきたら.......
雪の舞う駅前
雪なんか舞ってやがんの!!

雪の舞う駅前
明け方には、気温は零下にまでさがるとのこと。こんな晩は、かけ蕎麦の熱いところをやりたいけど、あいにく蕎麦が切れてる。明日もシゴトがんばんなきゃなんないから、早よ寝よっと。
2009-02-16 : わが街 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

異業種交流会........

ちょっと前から、バールイルソーレで「2月14日は異業種交流会やるます」といった主旨のビラが配られていた。
アモーレパーティー
その実、ヴァレンタインデーにかこつけた合コンだろ(笑笑笑
色々あったようだけど、飲み過ぎでgdgdになってたので詳細書きません(笑

オペラ
ドルチェは、去年のヴァレンタイン・イヴェントと同様に、オペラ

ペンネ
ビンゴ大会で、ペンネ500グラムもらった。
上位では、スプマンテやワインが商品して出ていたようす。ボク自身、料理するから、ペンネはありがたいけど。料理せん人はもらったらどうするんだろ?

なんにせよ。スタッフの皆さんお疲れさまでした。ありがとうございました。

2009-02-15 : 行事・歳時記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

豚角煮みたいなん

バール・イルソーレ、2月のおすすめメニューのひとつ。
茶美豚の赤ワイン煮込、バルサミコ風味
茶美豚の赤ワイン煮込み、バルサミコ風味。

角煮みたい
分厚く切った三枚肉が、角煮みたい。

角煮みたい
ほれ、タップリなサシがプリプリと。

角煮みたい
これでもかと言わんばかりに、オニク分厚く切っとるわ。たぶん2月限定となるので、豚バラ肉好きな人らは、逃すことなかれ。

林檎のコンポート
リンゴのコンポート、ジェラートをのせて。
リンゴは皮付きで、それが独特の食感を構成して面白い。ノルマンディのリンゴのブランデーであるカルヴァドスをなめながらいただくと、またウマい。

ハーブコーディアル
近頃、イルソーレでは、英国風のハーブ飲料、ハーブコーディアルをスプマンテで割った食前酒がおすすめ。オナゴどもに、スコブル評判がいいらしい。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-02-13 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベーコンな夕べ

アヒャ酒屋こと、ショットバー・アンドレDDハウス店が、今月よりフードメニューを新たにしたというので、先の土曜の夕食に使ってみた。

ポークビーンズ
まずは、ポークビーンズ。
丁寧に炒めたタマネギがウマい。これにはコロナビールがあうかと。好みでチリソースをふって、チリコンカルネみたいなってカンジにしてもイイヨー。

ベーコンステーキ
ベーコンステーキ。
なんじゃ、このボリュームと押し出し感は?!これがショットバーのフードメニュー??(笑
デフォで粒マスタードがついてるけど、頼むと、和からしも出してくれる。マスタードもウマいけど、和からしで食うともっとウマい。

グラタン
これは、冬季限定メニューのグラタン。
一口目は、なんかちょっとパンチの足りなさを感じたが、なんのなんの、たっぷり入ってる厚切りベーコンと合わせると、絶妙な美味しさとなる。なんでも、チーフ・バーテンダーのイタクラさんが、テレビのバラエティー番組の「モテる料理」ってのを見て、自分なら、店にある材料だけで最高のベシャメルソース作ったると言って、できたソースを活用したメニューがこれ。
なんか、ベーコンものばっかり食べてるな(笑

新メニュー、他にも色々試したいものがあるので、この先しばらくは、アンドレでは、フードも色々試すことになりそう。

テーマ : bar
ジャンル : グルメ

2009-02-09 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

牡蠣のクラムチャウダー

この土曜のブランチは、牡蠣のマンハッタン・クラムチャウダーにした。
クラムとは、二枚貝のことだから、二枚貝の一種である牡蠣を主役にしても、全然おっけーかと。
例によって、煮込み料理は、一晩寝かせたほうがウマいということで、週末深夜の帰宅後に調理を始める。

クラムチャウダー材料
材料はこんなかんじ。牡蠣は150グラム使った。レシピは下のとおり。

1) ニンニク1房のスライスとオリーブオイルを鍋に入れ、とろ火で炒める。

2) ニンニクの匂いが油に出たら、刻んだベーコンを加えて炒める。

3) ベーコンに火が通ったら、火を中火にして、1センチ角くらいに切った、ジャガイモとタマネギを鍋にいれて炒める。一度に入れるのではなく、炒めながら様子を見つつひと掴みずついれていくのがよいかと。

4) タマネギにちょっと透明な部分が出来たくらいの火のとおり具合で、流水で洗った牡蠣を入れ、日本酒をふる。風味が出やすいように、このとき、木べらで牡蠣をすこし潰した。

5) スープのキューブを投入。今回はマルタのスーパーで買った、クノールの魚スープを2ブロック。

6) カットトマト缶をまるまる投入。煮立ったら、弱火にして全体の量が2/3くらいになるまで、水分を飛ばす。

7) 中火にして、ミルクを400ml入れて軽くかきまぜる。煮立ったら、鍋に蓋をして、トロ火で10分煮込む。

8) 生クリームを100ml入れて全体になじませたら、火を止めて、一晩寝かせる。

9) 翌朝、温めなおして食べる。

牡蠣のクラムチャウダー
できあがりはこんなカンジ。パセリのみじん切りをトッピング。
マンハッタン・クラムチャウダーは、ミルクやクリームを入れないトマト味スープとするレシピが多いのだが、今回は、ミルクとクリームを加えてみた。ご存知のとおり、トマトを入れずにミルクとクリームで仕上げるのは、ニューイングランド・クラムチャウダー、あるいは、ボストン・クラムチャウダーという。
ケチって野菜はジャガイモとタマネギのみとしたが、ニンジンやセロリの角切りを加えてももちろんよいかと。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

2009-02-08 : 朝食 : Breakfast : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

チリトマトカルボナーラ@イルソーレ

火曜の定例道草に先立って、プリモ・クラタさんに、「今日のプリモは、パンチェッタのロゼソース、テラ・ピカンテにしてね」とmailしておいた。
チリトマトのカルボナーラ
出来上がりはこれ、真ん中に卵黄をおとして。
洋麺屋五右衛門の「チリトマトのカルボナーラ」みたいなんが食べたかったので、リクエストしてみたのだが、味はだいたい期待どおりのが出てきたかと。ただし、卵黄が潰れたので、25点減点。

青森牛の三角バラ
セコンド(メイン)は、カルネ(肉料理)で。2月のおすすめのひとつ、青森牛の三角バラの炭火焼。

ティルティウム
ワインは、ラツィオのモンテプルチアーノの赤、ティルティウムで。
この時期、肉料理によく合う重厚なボディ。

チラメス
ドルチェは、ティラミス。
やっぱプロが作ると、とくにスポンジのしっとり感がちゃうね。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-02-05 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

寒の土用丑

本日2月1日は、2009年の寒の土用の丑の日となる。昨年は、宮島まであなご飯を食べいったので、今年は、浜松か三島まで行ってみるかとも考えたが、貧乏暇なしでそうもいかず。で、一日早いが、昨日、シェフ・ウエダさんにお願いして、バール・イルソーレで、うなぎを食べさせてもらった。

アンティパストミスト
アンティパスト(前菜)は、左から備中鶏とじゃがいものロースト、スモークサーモン、あなごとネギのマリネ、バルサミコ風味。
ここにもウナギ科のアナゴがはいっていら。

ペペロンチーニ
プリモはペペロンチーニで。

炭火グリルで焼きマース
うなぎを炭火焼グリルで焼いているところ。

ウナギのグリルの香草パン粉仕上げ。根菜と
そして、セコンドのできあがり。うなぎのグリルの香草パン粉仕上げ、根菜といっしょに。
こういう食べ方のうなぎもおいしいね。うなぎらしく身はトロっと舌の上でとろけるし、つけあわせの根菜は、フワっとした仕上がり。いっしょに口にいれるのがまたよいかと。
上方風のうなぎの店に行くことも考えたが、ま、今年は、上方風でもなく江戸風でもない伊太利風ということで。

念のために書いとくが、今回のうなぎは、数日前からウエダさんにリクエスト出しといて、特別に出してもらったメニューだからな。飛び込みでいっても出てこないからな。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-02-01 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター