ホワイトバランス

先週土曜も、習熟運転の意味で、Nikon D80を持ってお出かけ。
で、先々週同様、ホワイトバランスをオートのまま撮影してみた。
水茄子サラダ
水茄子と生ハムのサラダ。
カマスのグリル
カマスのグリル。
この二枚で、電球色がちょっと出てしまったような。でも、暖かみがあって良いといったカンジもするし.......

チェリソースのパンナコッタ
パンナコッタのアメリカンチェリーソース。
これは、色と光のバランスよいかと。ちなみに、あわせたドリンクは、パンテレリア産のドルチェワイン、モルシデルーチェ。
2009-06-30 : 道具/アイテム/グッズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

冷汁ととり天南蛮@やよい軒

ブランドを「やよい軒」に統一してからは、味、サービス、満足度が劣化の一方だった、かのチェーンだが、久々にやってくれたかも。
宮崎冷汁
期間限定メニュー、冷汁ととり天南蛮定食。
冷汁(ひやじる)とは、宮崎の郷土料理で、やよい軒では、とり天南蛮とあわせて供する。

冷汁説明文
「食べ方」のガイダンスがついてくる。

とり天南蛮
「食べ方」ガイダンスで、まずこれから食べてねといってる、とり天南蛮。
セントラルキッチンで作られたソースの素と、店舗調達の食材であわせて作られているであろう、タルタルソースが見事。鶏、衣、甘酢タレととてもあう。

冷汁
冷汁。豆腐、薄い小口切りの胡瓜などが入り、氷の浮いた冷たい味噌汁。

冷汁
「食べ方」ガイダンスのとおり、アジの開きをほぐしたん入れて、ご飯も入れて。サラサラっと食べてみる。ご飯のぬくもりが、氷を溶かして、いいカンジの冷たさになる。
ボクは、夏でも食事は温かいものをとりたいんだが、たまには、こういうのもいいね。

テーマ : お昼ごはん
ジャンル : グルメ

2009-06-29 : 昼食/ランチ : Lunch : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アメリカンチェリー・ウォッカ

昨夕、アヒャ酒屋アンドレいったら、先週のフィンランディアのオレンヂ漬けにつづき、
フィンランディア
「アメリカンチェリー・ウォッカ」と称して、フィンランディア・ギザ瓶のアメリカンチェリー漬けが出てた。

フィンランディア・チェリー・ソーダ
ソーダ割りでいただく。まだ少し陽光の入る、夏の夕方のバーにはぴったりな、美しいルビー色ではないかと。

パイナップル漬けも出てたんだけど、金曜までに売り切れてしまったとのこと。

フィンランディア・ギザ瓶 フィンランディア・ギザ瓶
このギザ瓶の後ろには、注ぎ口がついてて、オーダー時に、トルグをつまんでグラスに注ぐようになっている。毎度よっこいしょと持ち上げて注ぐわけではないので、その点、ご安心を。

テーマ : bar
ジャンル : グルメ

2009-06-28 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

レンコダイ、尾頭付き。

火曜の定例道草。

アンティパスト
アンティパストは、ハモとジャガイモのジェノベーゼ、備中鶏のエスカベッシュ。
関東の人らってハモ食べない(以下略

パスタ
プリモは、青ネギと青ジソたっぷりの鶏ラグーソース・スパゲッティ。
もちろんピカンテで。

レンコダイ
セコンドはペシェで、この日のおすすめの長崎産レンコダイを焼いてもらう。

ベルメンティーノ
ワインは、ベルメンティーノをあわせてみることにした。

レンコダイのグリル
レンコダイのグリル、ドライトマトのソース。
見事な尾頭付き.........って、イマドキの結婚式の披露宴の鯛って、ほとんどこのレンコダイらしいよ。

レンコダイ、腹
ワタを抜いたお腹の中には、ニンニクとハーブが詰められてた。
丁寧でいいシゴトするな..........って、ここまでやったら、もはやバールのフードじゃないような(笑
シェフ・ウエダさんの「オレはもともとレストランの料理人やった」という、ミョーなプライドが見え隠れ(笑
かんじんのお味のほうだが、くさっても鯛、マダイでなくてもタイ、ということで、なかなかウマーだった。

ドルチェ
ドルチェは、白桃のコンポートと白桃のジュレに、ジェラート沈めたの。
チンザノ・ロッソに、グレナデンシロップ落としたのといっしょに。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-06-24 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

たのしみ。ウマいとんかつが食える。

朝、雨が降っていたので、駅から、職場に至る経路を変えたところ、新大阪駅2階部分のモールであるメディオ新大阪で、こんな告知を見た。
KYK告知
とんかつwadaの閉店以来、やっとマトモなとんかつが、新大阪界隈で食えるようになるのか。
ファンの方には悪いけど、ウチの職場の対面のビルにはいってる、いな●●ば和●幸は、ボクにとっては、KYKに比べて数段落ちるもんな。
同じ新大阪駅構内には、KYKのデリもあるけど、やっぱ揚げたてのを、ほかほかごはんと、旬の野菜を実の中心にした味噌汁といっしょに食べられるというのは、やはり格別。あとKYKは、食費補助としてカイシャからもらってる食券がつかえるんだな。

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

2009-06-23 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

はじまり

いろんなとこで告知されていたが、西中島のバールイルソーレのカポ・カメリエーレのSanji君こと、折井孝史さんが、6月20日の出勤を最後に、退職されることとなった。バルマル・エスパーニャ西中島の開店から、二年たらずのつきあいだが、ひとまわり以上歳が下のSanji君には、こちらが教わることのほうが多かったと思う。色々ありがとうと、まずは言いたい。そして、お疲れさまでした。
新たな生活のはじまり。Sanji君らしさを失わず、頑張ってほしい。

で、もう一つのはじまり。Nikon D80とのおつきあい。
昨日のエントリで書いたとおり、試運転、自身の慣らし運転で、夕方から、持っておでかけ。
ギザ・フィンランディア
まずは、アヒャ酒屋アンドレ。フィンランディアのギザ大瓶に、オレンジ漬けたん取ってみる。コンパクトデジカメのS500とちがって、光の捉えたかのバランスがよいかと。

アヒャ酒 アヒャ酒
アヒャ酒を、左ストロボの発光なしと、右発光ありで。
不満はないが、内蔵ストロボだと、やっぱこの程度か。

DDハウス
露出補正をマイナスにして、夕方って雰囲気で、DDハウスを撮ってみた。
もっと先で、広角めいっぱいで撮ったほうが、いい画になったな。

バルマル
阪急電車で、南方へ移動。ホームより、開店直後の、バルマル・エスパーニャ西中島の店頭を撮ってみる。店の前で写っているのは、店長のシオタニさんと、カマレラのハヤカワさん。

この日がラスとなった、Sanji君への挨拶も兼ねて、バールイルソーレへ夕食に。

スプマンテ
食前酒は、ロゼのスパークリングに。細かく立つ泡をキレイに捉えることができた。

バケラッタ
アンティパストの一品、ブルスケッタ。

鯵
鯵の炭火焼。
ご存知のとおり、ボクは背中の青い魚焼いたん大好き。

イベリコ
イベリコ豚ロースのグリル。

キアンティ
ワインは、キアンティ・メリーニで。

パスタ
なぜか、この晩も、「パスタがシメ」の日本スタイルに。ホタルイカのピリ辛トマトソースのスパゲッティ。

ドルチェ
ドルチェは、ジェラートを沈めたメロンとグレープフルーツのジュレ。
メロンの濃厚な甘さを、グレープフルーツの酸味と苦みが引き締めた、なかなかの絶品。
Sanji君と、クラタさんのリコメンドで、アスティ・スプマンテのロックとあわせてみた。

アンドレやイルソーレでの撮影の際、S500では、ホワイトバランスを「電球光」に切り替える。今回のD80では、オートのままだが、バランスは悪くないと思う。
一眼レフは、そういった機能の切替えが、かなりわかりやすく簡単な操作で、モノによってはファインダーを覗きながらできるのが、またよいところかと。
レンズは、マクロ機能をもっていないが、ズーム全域での最短焦点距離が、0.38mなので、くいもんの撮影もカンタンだった。

でも、普段の持ち歩き用は、これからもS500だよ。
2009-06-21 : 道具/アイテム/グッズ : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

荷物キタ━━━ッ!!

今朝、一番の時間で、クロネコさんが届けてくれた。
パケット
ニコンからの荷物。

Nikon D80パッケージ
一眼デジカメ、Nikon D80とレンズのキット。
これで、ウチのニコンファミリーは3台になった。

NiKon D80
組み立て、および、初期導入が終わって。
ニコンのコンパクトデジカメと、フィルム一眼レフを使い続けているので、設定は半ばフィーリングで、チャッチャと出来てしまった。

ニコン D80
レンズは、DX AF-S ニッコール 17~70mm(フィルムカメラで27~105mmに相当)。
当面は風景からポートレートまで、これ一本で充分かと。

さてさて、慣らし運転、試運転してこようっと。
2009-06-20 : 道具/アイテム/グッズ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

パイのパイのパイ~♪

先週木曜の西中島バールイルソーレ。
水茄子
まずは、水茄子のバジルとワインビネガーのソースと、雲仙トマトのブルスケッタ。
関西は茄子がおいしいのがウレシイよな。

ミートパイ
この日のアンティパストのスペシャル、ミートパイ。ジェノベーゼ・マヨネーズを添えて。
餡は、ひき肉のトマトソース和えに、ジャガイモ、ナッツ、レーズンなどを加えたもの。これ、ランチの部で、メインとして出してもいいと思うよー。

海老のフリット
6月のおすすめ、アカエビと夏野菜のフリット。
夏野菜はここでも茄子。茄子は油と相性いいからね。エビは例によって、アタマからバリバリ食べられるからな。

タコのスパゲッティ
パスタは、タコのテラ・ピカンテトマトソース。
タコの淡白な甘味が、テラ(激)ピカンテ(ビリ辛)のトマトソースがせ実によくあう。

チェリーパイ
ドルチェはアメリカンチェリーのチェリーパイ。
ボクの世代で、チェリーパイというと、ツインピークスなんだが、ちょっとイメージちがうかなw
ボク的には、この晩は、パイづくしということで。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-06-15 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

はじめて「ひげ」いってみた。

ず~と昔から気になってて、三年ほど前から「梅田芸術劇場に出演する役者さん御用達」とかいって、マスコミの露出も多くなった。かっぱ横丁の「ひげ」。
ひげ
いつも満員で、ずっと入れずにいたのだが、昨日とおりかかったら、落ち着いていたので、いってみた。

ぎょうざ
名物のぎょうざ、二人前。
19時半までなら、生ビールとセットで1000円。ニラの香りがきいていて、餡にはタップリ野菜を使った、ウワサどおりのおいしい餃子。

豚天
単品で、豚の天ぷらもとった。
添えられた塩コショウでたべる。豚天となればウスターソースとカラシで食べたいのだけど、それは何度か来てからたのんでみよう。これはこれでほんまウマかった。

お勘定のあと、この対面にDDハウスがあるので、アヒャ酒屋アンドレへ。
モリモト店長に、つひに「ひげ」にいったことを告げると、「あそこ、ほんま美味しいでしょ」と。うん、ほんまウマかった。
次回以降は、二、三人でワイワイいきたいな。

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

2009-06-14 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

アンティパスト・ミスト@屋台

職場の入っているビルの、対面のビルのわきに、時々、屋台が出ているのを、ちょっと前に気付いた。
屋台
軽トラの荷台につくられていて、「屋台なまパスタ」「手作りベーコン」といったサインが出ているので、やたら気になっていたのだが、いつもお客がいっぱいで、なかなか試せなかった。今夜、退勤時に通りがかったら、お客の入りが落ち着いていたので、寄ってみることにした。

メニュー
料理をオーダーして、待つあいだ、グラスワインの白を飲む。木でできたメニューブック、ひょっとして手作りかなあ。

アンティパスト・ミスト
一品目、アンティパスト・ミスト(前菜3種盛り)。
左から、ベーコンのソテーをパイナップルに載せたのん、キノコのソテー、アサリのワイン蒸しアンチョビソース。これら、メチャうま。夕方から、涼しい風が吹いていたので、温前菜なのはありがたい。
ベーコンとバイナップルの組み合わせ、好きじゃない人って結構いるかとも思うが、豚肉って、パイナップルやリンゴにすごくあうのである。先入観や既成概念によって、さけているとしてら、損してるよ。キノコのソテーは、ピリ辛具合がちょうどよい。アサリは身がプリプリで、旨味がつよく、アンチョビソースにまけてない。

アラビアータ
夜だけ限定激旨アラビアータ。いわゆるメランザーネ(ナス)とベーコンのアラビアータで、これに限らず、パスタ料理は、生麺のフェトチーネと、乾麺のスパゲッティーニを選べるようになっている。今回は当然、画像のごとく、フェトチーネで。フォークで一口分すくいあげて、皿のヘリでクルクルっとやると、うまくフォークに巻き付いて、とても食べやすい麺だった。
パスタメニューは、これのようなトマトソースのほかに、クリーム、オーリオ(オイル)、和風など、盛りだくさんに用意されているカンジ

チラシをもらってみたところOnion cafeというお店で、新大阪の北側界隈を主に、ランチとディナーの営業をしているらしい。営業スケジュールと場所は、サイトから確認できる。

Onion cafe
http://onioncafe.jp/home/

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-06-08 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

豚しょうが焼き

土曜日、午後から隠密出社。
カイシャにいく途上で、昼食をとることにした。なんかオニク食べたかったので、とんかついんば和幸新大阪店へ。
まさに食べたいと思っていた豚しょうが焼きがあったので、オーダー。
和幸の生姜焼き定食
他のとんかつメニュー同様に、ごはん、キャベツ、しじみの味噌汁はおかわり自由。
つーことは、この画像でいうところのしょうが焼きと漬物以外は食い放題ってことか。

豚しょうが焼き
しょうが焼きをアップで、お肉の質と、厚さはボクの好み。あと二枚くらいあるとウレシイなあ。
一口食べて、まずは味が濃いなと思った。外食ランチなんで、午前めいっぱい働いてる人のために濃い味にしているのかとも思ったけど、ボク自身も午前中、自分の身の回りのことやって、それなり以上に動き回って汗かいたり、アタマつかったりしてるはずだが。。。。
でも食べ進んでみて、こばんとあわせるのに実にぴったりな味付けなのがわかつた。
味噌汁は、シジミの粒が小さくて、そのあたりが面倒くさいのだが、シジミの風味と、出汁のうまみのバランスがよくて美味しかった。
テーブルには、フレンチドレッシングと、しそ風味のノンオイルドレッシングがそなえつけられているが、キャベツには、とんかつ用のソースとカラシをつけて食べるほうがウマい。



テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

2009-06-08 : 昼食/ランチ : Lunch : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ビール吹いたかも

見つけて即刻消去したけど、先日のエントリについたスパムコメントのタイトル

 あなたの前世は精子です。

スパムのくせに、なかなかやるやんけ(笑笑笑
もしビールなんか飲んでる最中だったら吹いてたな。
でもな、それって、厳密にいうと、発生の過程であって、前世とちゃうからな(笑

ヱビス
で、今日、リアルで飲んだビールは、ヱビスの2009年限定、超長期熟成。
コクがあって、それでいてスッキリ、エールなのに冷やしてこそ美味しい、まさに日本のビールって感じでおいしかった。
グラスは、とっておきのためにつかう、マルタのペールエール「HOPLEAF」のやつね。

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

2009-06-07 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

トビウオと赤海老と、けいおん!

なんつーか、近頃、イルソーレグループの半公式ブログみたいになってるな。ここ(笑
ま、それはそれとして、木曜日の定例道草。
アンティパスト
アンティパストは、アジのカルパッチョと、ヤリイカとズッキーニのトマト煮込み。

トビウオのグリル
またまたプリモをさしおいて、先にセコンドで、トビウオのグリル。
淡白だけど、旨味が強くしっかりしていて美味しい。
たまたま、席が隣になったベリーダンサーのJUNさんに、少し味見してもらったところ、「あっさりしているけど美味しい」という感想をいただいた。

赤エビのパスタ
赤海老のピカンテ・トマトソースとジェノベーゼ・ソースのスパゲッティ。
上に乗っかってる海老のアタマもバリバリ食べられるゾ。
プリモ・クラタさんいわく、赤海老3尾ぶんのウマミをぜんぶ使ったとのこと。いうとおり、バチあたりなくらいウマー。

このあと、スタッフと客とで、アニメ「けいおん!」の話題で盛り上がる。とくに、エピソード2の楽器店について。

帰宅後、イルソーレのブログをチェックしたら、衝撃の発表が!!!!!

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-06-05 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

今シーズン初のハモ、そしてジェノベーゼづくし

月が変わって、西中島のバールイルソーレでは、6月のメニューがはじまってる。
アンティパスト
まずは、アンティパスト(前菜)として、夏野菜のカポナータ、そして、ハモとジャガイモのジェノベーゼ。今シーズンはじめてのハモ。

マンドラ・
あわせたワインは、ソアーベ・クラシコ。

ハモのグリル
セコンド(メイン)は、ハモのグリル、松の実のトマトソースとジェノベーゼソース。
シェフ・ウエダさんと、オーナーのナカニシさんは、ハモはシーズンがはじまったばかりで、イマイチとおっしゃるが、これはこれで、なかなかおいしい。つまり、これから、さらにどんどんおいしくなることを、期待していいわけだ。
毎年、毎シーズン言うけど、関東の人らって、ハモ食べないんだってね。人生損してるよ。

マンドラ・
あわせたワインは、マンドラロッサ。
これからの季節にあわせて、冷やしてスッキリおいしく飲めるワインが、おすすめとして揃えられている。

ジェノベーゼ
セコンドと順番が逆になったけど、日本らしく、パスタをシメとして。タコとインゲンのジェノベーゼのリングイネ。
初ハモづくしであるとともに、ジェノベーゼづくしの夕食だったな。

ピスタチオのプリン
ドルチェは、ピスタチオとクリームチーズのプリン。
なかなか濃厚でおいしかった。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-06-03 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター