ドライとフレッシュ。

給料日あとの月曜は、カイシャ帰りに、バルマルエスパーニャ西中島に寄ることにしている。ということで、今宵も寄ってみた。

タパ、じゃがアリオリとゴボウ
まずは、最初の一杯といっしょに、タパとして、ジャガイモのアリオリと、ゴボウのバルサミコマリネをいただく。
アリオリは、以前よりニンニクがきくようになったカンジ。よりボクの好みになっている。

タパ、ドライトマトとチーズ
新しいおすすめメニューで、自家製ドライトマトとチーズのマリネ。
これを、添えられたバリバリのバケットにのっけて食べるとめちゃウマー。一皿280円なので、かなりのお得感もあり。

鉄板焼き盛り合せ
鉄板焼きの盛り合せ。
手前左の肉々しいところはイベリコロース。そこから時計回りに、下仁田ネギ、サツマイモ、フレッシュホタテと満願寺トウガラシ、フレッシュトマト。
トマト焼いてとお願いしたとき、店長クラタさんに「ドライとフレッシュどっちにしましょ」と訊かれたわけただが、ドライはタパで食べてるわけだし、なにより、フレッシュのフライドトマトが好きなので、ここはフレッシュでお願いした。
しかし、このヴォリューム、とてもではないが、独りで食いきれるものではなく、ちょうどシフトの終わったアルバイト・カマレッラのノムたんに、ご一緒いただくことにした。

鉄板焼き盛り
自分の取り皿にとってみて。
いやあ、ノムたんにおつきあいいただかなければ、やはり、全てさらえるのはムチャだったか。

ポストレ
ほいでも、ポストレ(デザート)は別腹。マンゴーのジェラートと、チヨちゃん(♂)の愛情たっぷりパウンドケーキとの盛り合せ。

半ば無理矢理にご一緒いただいたノムたん、若いのに、お話しをしてて楽しい。賢くて、物知りで、そのうえ「聞き上手」だからなんだろね。
改めまして、ノムたん、今宵はお疲れのところ、おつきあいいただきまして、ありがとうございますた。

バルマル エスパーニャ(BAR MAR ESPana) 西中島
大阪市淀川区西中島3-15-7 新大阪プリンスビル1F
Tel: 06-6886-1525
Open 17:30~26:00(Lo25:00)
日曜休

テーマ : スペインバル
ジャンル : グルメ

2009-11-30 : スペイン料理 : Spanish cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オペラナイトのスペシャル

先のカンティーナ アレーグリでのオペラショーのとき、シェフのヒラカワさんに、ちょっと変わったものを頼んでみた。
ラルド炒めるよ
まず、パンチェッタの脂身の部分を、フライパンで炒めてもらって.....滲みだした脂だけをパンにかけてとお願いしたのだが.......
パネのパンチェッタのせ
パンチェッタものっけてサーヴしてくれた(w

パネのパンチェッタ脂かけ
パンチェッタの脂身をよけて、脂かけただけの状態にして食べてみた。目論んだとおりのウマさだった。
パンチェッタの脂身のっけてて食べてもウマーだった。



テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2009-11-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大盛況、大迫力。

先日の告知のとおり、昨日の夜は、心斎橋のカンティーナ アレーグリにてオペラショー。
ごあいさつ
オーナーのナカニシさんによる、お店とショーのご案内。いちおう、一般人ということで、画像のお顔のほう、加工させていただいた。
ヴォーカリストの山中雅博さんと、稗方攝子さんは「カオ出し許諾」をちゃんと頂戴してる。

オペラ
山中さんは、セクシーヴォイスだけでなく、お得意のヴァイオリン演奏をあちらこちらに盛り込んでのパフォーマンスで魅せてくださった。稗方さんは、素晴らしいソプラノに、フラメンコのパフォーマンスで楽しませてくださった。
画像のとおり、マイクロフォンとアンプをセットしているが、さすが、お二人ともプロのオペラ歌手、肉声だけでも大迫力。山中さんは、マイクを持たず、ヴァイオリン片手に店を縦横に歩き回って唄うというパフォーマンスまでご披露。
オーディエンスは、今回のイヴェントのことをあらかじめ知っててやってきた方々が半分、知らずにやって来た飛び込みの一見さんが半分てとこだったかと思うが、演目が演歌から、カンツォーネ、オペラ、アニソンと及び、みなさんにも馴染みやすく、満足されているようだった。
今回のスペシャルは、稗方さんによる「ゴッドファーザー 愛のテーマ」シチリア語バージョン。

オペラショー
ホールの奥のほうから、ショーの様子を撮影。後ろ姿は、オーナー・ナカニシさん。
この新しい店舗の造りは、今回のイヴェントに、ばっちりとマッチしたかと。今から、次回を楽しみにしたい。

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

2009-11-29 : 行事・歳時記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

中国料理ファンファン

水曜の夕刻、同僚のYさんと、新大阪イーグルボウル三階のファンファンへ出かけてみた。ボウリング場の3階というロケーションながら、本格的なチャイニーズが食べられるということで、新大阪界隈では知られた店である。

エビチリ
エビチリ。
大きくて、プリプリの芝エビをたっぷり使っている。

餃子
この店ご自慢のメニューのひとつ、鉄鍋餃子。
テーブル備え付けのタレ醤油より、自分で、酢、醤油、ラー油を配合して、タレを作って食べるのがウマいかと。

春巻
五目春巻。
皮がガラスのように見事にパリパリ。サーヴされたての熱々のをアチアチ言いながら食べるのがよいかと。

小龍包
小龍包。
日本人にも食べやすくアレンジされているので、サーヴされたら、冷めないうちに、さっと食べるべし。

豚天プラ
豚ロース天ぷら。
ボクは、ねぎ醤油タレに、さらにマスタードをつけて。Yさんは、抹茶塩で。

酢豚
黒酢仕立ての酢豚バルサミコ仕立て。
一見、えっ、これチャイニーズ?ってルックス。いいオニクを丁寧に料理してある。

で、ここからがシメ。

炒飯
Yさんは、炒飯食べたいとのことで、蟹肉とレタスの炒飯。

麻婆豆腐
ボクは、この店を有名たらしめている四川陳麻婆豆腐。
これらを二人でシェア。

麻婆豆腐
とりわけた麻婆豆腐。
好きなだけ、粉山椒をかけて食べることができる。

麻婆と炒飯
炒飯と、麻婆豆腐がいっしょに出てきたら、これをせねばなるまい。炒飯の麻婆豆腐がけ。

おっきいガタイのが二人がかりでいったので、色々食べられてたのしかった。
Yさん、おつきあいありがとうございました。

中国料理ファンファン
大阪府大阪市淀川区宮原4-3-9 アザドビル3F
06-6392-3104
月~土 11:30~15:00(L.O.14:30) 
    17:00~23:30(L.O.22:30) 
日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30) 
    17:00~22:00(L.O.21:00) 
2009-11-28 : シナ料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ちりめん山椒

ちりめん山椒
パールイルソーレのカメリエーラ、ミカさんに、お手製のちりめん山椒をいただいた。

玉子かけごはんとちりめん山椒
早速、朝食にいただく。
玉子といっしょにごはんに乗せた。ウマー。もちろん、ごはんにちりめん山椒だけでもウマーなんだけどね。

おかゆ
今朝は、おかゆにかけてみた。

ミカさん、いいものをありがとう。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

2009-11-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

スペアリブとキャベツのカレー

とある土曜のこと、駅前のスーパーにいったら、スペアリブがタイムサービスで半額だった。500グラムのパックを400円たらずで購入、キャベツとあわせてカレーを作ってみることにした。

タマネギを炒める
タマネギ炒める
最初こんだけあったのを
ペースト
これくらいまでになるまで炒めて、カイエンヌペッパー、カレー粉、醤油、ウスターソースを練りこんで、カレーペーストにする。

ニク焼く
カレーペーストを鍋のわきへよけたところへ、おろしニンニク、カレー粉、オリーブオイルでマリネーションしておいたスペアリブを並べる。

キャベツ盛る
トマトピュレを入れて、乱切りキャベツをかぶせ、ビールを注ぎ、煮込む。
キャベツの芯がトロッとなるまでだから、煮込むのは、一時間強くらいか。

スペアリブとキャベツのカレー出来上がり
コンソメキューブで味をととのえて、仕上げのカレーパウダーと、ガラムマサラを加えて完成。

スペアリブのカレー
見た目はパッとしないが、キャベツがトロトロになるまで、しかもビールで煮込んだからスペアリブも骨がスっと抜ける。
ポークとキャベツはよく合うからな。食べやすくて、おいしいカレーになった。

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

2009-11-25 : 料理 : Cookery : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カンティーナ アレーグリ、お客として参上。

まずは告知。
2009年11月28 日土曜、心斎橋カンティーナ アレーグリにて「カンティーナ アレーグリ オープン記念」として、オペラショーを開催。
19:00からと、21:00からの、それぞれ約30分の二回公演。演目は歌謡曲、映画音楽から、本格オペラまで。出演者は、バリトンandテノール山中雅博さん、ソプラノ稗方摂子さん、ピアノ伴奏西野雅千子さん。
ご興味のある方はご予約されるがベター → 06-6421-6888

連休の最終日である23日、夕食をとりに、心斎橋のカンティーナ アレーグリに赴いた。
先回は、オープニングレセプションへの「ご招待」ということもあり、今度は、客ととして、しっかりお金を落とさせていただくことも目的である。

アンティパストミスト
アンティパストはミスト(盛合せ)で。
左は、根菜のアラビアータ。右は、鯖の薫製と赤タマネギとルッコラのサラダ。鯖の脂のトロっと感がおいしい。

プリモ
プリモ(パスタ)はポルペッティーニのスパゲッティをメッツォで。
ポルペッティーニ(肉団子)のオニクは豚のみ。

プリモ
ポルペッティーニを、崩しながら、トマトソースとともに、パスタにからめながら食べるのが流儀。

セコンド、豚タン
セコンド(メイン)は、シェフ・ヒラカワさんのおすすめ、茶美豚の豚タン炭火焼。

セコンド、豚タン
豚タンを、野菜のブロードで二時間程度茹でたものを、スライスして炭火焼にしたとのこと。そのためか、ナイフの通りもよく、口に入れると牛のタンシチューのように、しなやかに崩れる食感がある。

ランブルスコ
プリモとメインには、ランブルスコをあわせた。
濃いけど、微発泡でスルスルと入るアブないワイン。

食後酒
食後酒はマルサラ酒。エスプレッソといっしょに。

ドルチェミスト
ドルチェは、左からコンポートと季節のジェラート、アイスクリームのバルサミコかけ、クレームカラメル。

クレームカラメル
クレームカラメルは、まあプリンみたいなもんで、クレームブリュレみたいな作りになっている。
見よ、カラメルがガラスのごとくパリパリ。底には、バニラの粒。丁寧な仕事しはる。

パンチェッタ
店の入り口のケースには、熟成中のパンチェッタ。
ポルコ(豚肉)に力いれてる店であることを、迫力をもってアピール

カンティーナ アレーグリ
大阪市中央区心斎橋1-4-14 燕京ビル1F
06-6241-6888
OPEN:11:30~14:30/17:30~22:30

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2009-11-23 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タップダンスショー@イルソーレ

21日土曜、西中島バールイルソーレにて、夕刻よりタップダンスショーが催された。
アイリッシュタップ
アイリッシュタップダンスの日本での第一人者であるEDDY吉野さんによるショーであった。
タップダンスを間近に見るのは初めてだが、EDDYさんの巧みなMCとオーディエンスへの誘導で、とてもノリのよい楽しいショーだった。
ケルティックなものに興味があるボクにとっては、フィドルの大森ヒデノリさんと、ギター
岡崎泰正さんによる伴奏の音楽もゴキゲン。

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2009-11-23 : 行事・歳時記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バナナラム

昨日、アヒャ酒屋アンドレにいったら、フィンランディアのキザ瓶のなかに、バナナがつかってた。
バナナラム
バカルディーにカラメルソースを溶いて、そこにバナナを漬込んで、バナナラム作ったとのこと。
この瓶はフィンランディアを使い切ったあとは、お店のほうで、こういうふうに好きに使っていいと、納品したサントリーのほうも言っているとのこと。

ホットラムバナナ
寒かったので、そのバナナラムをホットミルクで割ってもらった。甘味と香りと温かさで、飲んだらいっぺんに身体があたたまった。

ボジョレー・ヌヴォウ
ボジョレー・ヌヴォウもアンドレで飲んだ。
今年のは、酸味が強いね。チーズに合うかも。

テーマ : リキュール
ジャンル : グルメ

2009-11-22 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お蔵に入ってた

バールイルソーレで、IBook内の過去画像をいぢって遊んでいたところ、背後を通りかかった常連仲間のKさんが「あら、これおいしそう」とピックアップしたのがこの3月初旬撮影の画像で、お蔵入りになっていたもの。
ペンネアラビアータ
異業種交流会のビンゴでもらったペンネで作ったアラビアータ。
ペンネの他の材料は、トマト缶、ベーコン、タマネギ、トウガラシだったかと。で、みじんにしたパセリと粉チーズをトッピング。

とうがらし
トウガラシは、母上が町の観仏サークルで滋賀県北部にいったときに、現地で買ってきたヤツ、辛さの強いタイプこれのおかげでウマ辛く出来たようなキオクが。

シルクヱビス
画像の記録によれば、このときあわせたのが、期間限定のシルクヱビス。

テーマ : 男の料理
ジャンル : グルメ

2009-11-21 : 料理 : Cookery : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Il Sole Paradiso! - 極楽イルソーレ -

昨夜、定例道草を気取って、西中島のバールイルソーレに寄ったら、フロアは、美人カメリエーラ三人のみが仕切ってて、しかも、この三人に「囲まれる」というシチュエーションが度々おこって、なかなかの極楽であった。
さらに、そんな中食べたのは、牡蠣のカルトッチョ(香草バターのホイル蒸し焼き)。
カルトッチョ
カウンターにサーブされたのを、カメリエーラの一人、シモネッタが、ナイフとフォークを使って、ホイル開をいてくれた。殿様気分にもなれるなかなかゴクラク気分の料理。

カルトッチョ
ホイルに包んで蒸し焼きにしているので、見た目も風味も温かげなカンジがするし、牡蠣をはじめとした食材のウマミが封じ込められていてウマー。

お誕生日
昨夜は、お店の常連仲間、Dr.Yの誕生日でもあった。
お店のサプライズでもあるお誕生日ドルチェを、常連仲間のO姐さまのプレゼントの日本橋木屋さんの刃物と、ボクのプレゼントのアイスワインとともに撮影。

Dr.Y、あらためまして、お誕生日おめでとうございます。これからの益々のご活躍をお祈りしております。

テーマ : イタリアンバール
ジャンル : グルメ

2009-11-20 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タコさん

たこさん
今日のお弁当のために作った。
急ぎ&寝ぼけのため、粗いつくりになっちまった。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

2009-11-19 : 昼食/ランチ : Lunch : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「マルタ」が隠れてる

わかる人にはわかる、あるお店。あちこちに「マルタ」が隠れている。

ランプーキ
ランプーキのマット。

リキュール
ハチミツのリキュール。

眠れる美女
マルタのスリーピングレディ。

お店に行く機会があって、興味のある人はさがしてみてみて。

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2009-11-19 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

あ、ボジョレー・ヌヴォウ

ちょうど解禁になったところだな。
先週までは、意識してたけど、今週になって、忙しさにかまけて、ドタマから抜け落ちてたわい(笑
さて出来はいかに。ヨーロッパは、今年も夏は暑かったので、そこそこ以上のものになったかな。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

2009-11-19 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シーズン初グラタン

いやね、昨夜、アレーグリのオープニングレセプションではしゃぎすぎたんで、今宵の西中島バールイルソーレでの定例道草はお休みしようと思ったのだけど、やっぱり寄ってしまった。メニューにグラタンが載っていたし、今宵、この時期にしてはかなり寒かったので、オーダーしちまったよ。
グラタン
備中鶏と野菜とカサレッチェのグラタン。

グラタン
名前のとおり、具のパスタは、カサレッチェが使われている。野菜もゴロゴロ系で、熱々のベシャメルソースにしっかり絡めて、ハフハフと、ちょっと舌にヤケドしながら食べた。お腹の底から温まるってカンジ。

タラコロッケ
もひとつ美味しかったのは、タラとジャガイモのコロッケ二種類のソース。

タラコロッケ
タラの匂いと、ジャガイモのホクホク感がタマラん。

ドルチェ
ドルチェは、この日のおすすめ二品をメッツォでミストに。ショコラータのローストしたリンゴ添えと、イルソーレ特製ティラミス。
どっちもアヒャ酒にあう。ローストしたリンゴは、リクエストがあれば、温めてもくれるとのこと。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-11-18 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

パルマが心斎橋にやってきた。

イルソーレグループの新しい店舗が心斎橋にオープンするとのことで、11月16日のプレオープン・レセプションのご招待にあずかった。

アレーグリ
新店舗の名は、カンティーナ・アレーグリ(CANTINA ALLEGRI)。「イタリアきっての美食の街パルマが心斎橋にやってきた」というコンセプトのお店。
正式OPENは、11月18日より。

アレーグリ手前
通りに面した部分は、えげれすのパブみたいなカンジで、明るく、入りやすい雰囲気を作っている。

アレーグリ奥
奥は、いまは閉店となったイルソーレグループの一号店にして、かつての旗艦店だった、オステリア・イルソーレと似た雰囲気をだしている。

田舎風サラミ
まずは、田舎風サラミのスライスで。

ポルペッティーニ
ポルペッティーニ(肉団子)。

ポルペッティーニ断面
こちらの店舗は、ポルコ(豚肉)100パーセントでいくので、ポルペッティーニもそんなカンジで。

イベリコ
イベリコ豚ロースの炭火焼。

ボロニェイゼ
パスタのボロネーゼ(ミートソース)も、ポーク100%で。

パンチェッタ
お店のおすすめ、パンチェッタの炭火焼。

ランブルスコ
今回で、おもに料理に合わせたのは、ランブルスコの赤。濃厚で肉料理によく合い、それでいて、微発泡で飲みやすい。
これ、イルソーレグループの他の店でも置いてくんないかな。

カンティーナ アレーグリ
大阪市中央区心斎橋1-4-14 燕京ビル1F
06-6241-6888
OPEN:11:30~14:30/17:30~22:30

2009年11月18日開業

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-11-17 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

やさしいカレーのランチ

本日は、まず定期検診で近所の歯医者さんにいってから、高槻市の鍼灸整骨院さんにいき、マッサージと鍼を施術してもらった。これら終わった時点でちょうどお昼どき。せっかく身体をメンテナンスしたところだから、なにか心身にやさしいものをお昼に食べたいなと。高槻でやさしい料理といえばこれだということで、カンボジア料理のすろまいへ。
三種類のランチメニューのうちから、カレーセットを注文。

トゲトゲしさのないやさしいすっぱさの酢と、ココナッツシュガーで味を整えたドレッシングのサラダと、海苔のスープが、前菜としてまず運ばれて来る。
サラダ
スープ
海苔のスープは単品でもメニューに載っているが、ランチのは独りで飲み切るには、ちょうどいいサイズ。風味の主役となる海苔の他に、豆腐とシイタケが具としてはいってるのが親しみやすい。

カレー
ほどなくカレーとご飯も運ばれてくる。カレーの見た目は普通の東南アジア系のものに見える。

カレー
カレーをご飯にかけてみる。
具は大きめでゴロゴロ系。同じインドシナ半島でも、別の国のカレーでは、強い辛味と、しっかりときかせたハーブの匂いは、好き嫌いの分かれ目となるのだが、こちらのカンボジア風は、辛さは控えめで、ハーブの匂いも主張し過ぎず、小さいお子様から、お年寄りまでに好まれ、安心して食べてもらえる味だ。

サツマイモ
具のイモはサツマイモ。カレーに入れるのはジャガイモというような、既成観念にとらわれていては、まず考えつかない具だろう。意外にも、甘味がエッジを立てすぎることなく、かえっていいウマミを出している。

マンゴープリン
デザートは、マンゴープリン。
市販品のように、ゼラチンに固め過ぎられるということもなく、ほどよいプリプリトロトロに出来上がっている。

すろまいにはじめてイったときから、このカレーが気になっていたのだが、ランチメニューとしてお手軽にいただくことができてありがたい。量的にもボクにとって腹六分目~七分目で、そういう意味でもやさしい。

すろまいのサイトをご覧になってのとおりオーナーのケンジさんは、11月20日からカンボジアへ赴かれる。政府や企業関係のコーディネートがおもな仕事だが、現地で当然料理の取材もされるとのこと。ご帰国後にまたいろいろ美味しいものをたべさせていただけることを期待したい。

カンボジア料理店すろまい
大阪府高槻市紺屋町3-1 グリーンプラザ3号館 地下1階
TEL&FAX 072-683-2444
ランチ 11:30~14:00(LO13:30)
ディナー 17:30~23:00(LO22:30)
定休日:水曜日

http://www.suromai.com/

テーマ : カンボジア料理
ジャンル : グルメ

2009-11-14 : カンボディア料理 : Cambodian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ミク友さんと夕食

某巨大ソーシャルネットワークで知り合ったayさんという紳士を、西中島のバールイルソーレにお連れするようにお約束していたのだが、先の木曜に果たすことができた。

アンティパスト
まずアンティパストミスト。
いつも三種盛りのところ、二人がかりなんで五種盛りで。

プッタネスカ
プリモ。まずは、ayさんのリクエストのスパゲッティ・プッタネスカ。
ayさんは、どこいっても、まずはこれをオーダーするとのこと。それにまつわるイタリアでの面白いエピソードも聞かせていただきました。

シーフードラグー
そして、シーフードラグーのカサレッチェ。
これはお店側のリコメンド。ソースはボクの好みやね。ayさんも「『ゲヒン』なさまがなんともよい」と、気に入ってくださったカンジ。

ペシェ
さて、セコンドだが、この日、ジムでトレーニングを済ませたayさんが、カルネの気分とのことなので、三種のお肉の炭火焼をいただいた。
左から、オーストラリア牛のタン、ラム肩ロース、イベリコ豚ロース。ayさんも、ボクとおんなじラム好きだった。二人だと、色々食べられてたのしいね。

林檎ケーキ
ドルチェ。
ayさんの温かいリンゴケーキ。これからは、温かいデザートもホッとするね。

カスタードプリン
ポクのはカスタードプリン。
男はいくつになってもプリン好き。それより、見よ、バニラのツブツブが見えるぜ。

ayさん、おつきあいありがとうございました。
一緒にお食事も楽しかったですが、マルタやその他の外国のお話も楽しかったです。次回はぜひ奥様もごいっしょに!!

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-11-14 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

おたんぜうびおめでたう

11月11日、麺の日、ポッキーの日でもあるこの日。
西中島バールイルソーレの常連仲間KさんYくんカップルの片割れ、Yくんのお誕生日だった。
残業の後、21時も半ちかくになって、お誕生祝いの会が催されているバールイルソーレに参上。
バースデーケーキ
ひょっとしたらYくんたち帰ってしまっているかとも思ったが、KさんからYくんへのサプライズのバースデーケーキには、ぜんぜん余裕で間に合った。
バースデーケーキ
ケーキはシェフ・ウエダさん謹製でウマい。

Y君改めましてお誕生日おめでとう。
2009-11-13 : 慶事・お祝い : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

こんな本買ってもうた

ヤン坊マー坊オフィシャルブック
ヤン坊マー坊 オフィシャル・ブック。
1959年に誕生してから、50周年を記念しての出版。

ヤン坊マー坊
このような、50年のあいだの成長(?)の記録、ヤン坊、マー坊それぞれのパーソナルデータなどなど......

これは掲載されていない
↓↓

     ヤン坊  ( ゚д゚)  マー坊
       \/| y |\/


        ( ゚д゚)  @(融合中)
        (\/\/


     ヤンマー (゚д゚ ) ボーボー
       \/| y |\/

 

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

2009-11-11 : 書籍 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

星のグラッパ

マンガ「Bar レモンハート」に「星のラベルのグラッパ」として何度か登場するサシカイア。DDハウスのアヒャ酒屋アンドレにも置いてる見かけたので、飲んでみた。
サシカイア
グラッパはグラッパなんだけど、ややまろやかで飲みやすく、初心者にはいいかも。ブランデー用のタンブラーで出してくれたのは、よくあるグラッパみたいな匂いの面での、強い刺激も少ないからか。
このあと、西中島のバール・イルソーレに移動、たまたまオーナー様がいらっしゃったので、サシカイア置かないのですかい、ショットバーにあって、イタリアンにないのはなんかヘンじゃないですかぁ~、とつっかかってみたら、
「サシカイアは価格設定を高くせなあかんから、どんどん飲んでくださいと言いづらいですからねぇ.....」
とのこと。
うーんむつかしいね。
アンドレでも、ワンショット1350円だものな(´・ω・`)

テーマ : ショットバー
ジャンル : グルメ

2009-11-10 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

豚と林檎

ある晩、南方のバルマルエスパーニャ西中島にて。
豚バラ
豚バラとマッシュルームの鉄板焼き。バラはやはり脂身のプリプリ感がおいしい。

アップルペ
で、別の日になるんだけど、チョコレートと一緒に生地に包んだアップルパイ、ジェラートを添えて。あわせたドリンクは、甘く熟成したシェリー、ペドロ・ヒメネス。
そういや、豚肉と林檎って、よくあうんだよな。

テーマ : スペインバル
ジャンル : グルメ

2009-11-09 : スペイン料理 : Spanish cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ノヴェッロ

お仏蘭西のボジョレー・ヌヴォウに先立って、6日の金曜、イタリアワインの新酒のヴェッロが解禁となった。
ノベッロ
ちょっと出遅れたが、7日の土曜、西中島のバールイルソーレで、今年のノヴェッロをいただいた。今年は、ちょっと酸味が大人しめか。

赤エビとズッキーニのスパゲッティ
ノヴェッロを楽しんだ後、夕食として食べたのは、赤エビとズッキーニのトマトソースピカンテのスハゲッティ。

赤エビ
タップリの赤エビは、頭の殻以外は、全部食べられた。ウマー。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-11-08 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

法隆寺の鐘......しらんがな(´・ω・`)

また牡蠣食った。
牡蠣のパスタ
いうてもフライではなくて、スパゲッティ、牡蠣のドライトマトのソース、ピカンテ。西中島のバールイルソーレにて。
牡蠣は、ポモドーロ系のソースにもよくあう。牡蠣を適度にチョップしてるのでソース全体にウマミがしみ出ててる。ドライトマトも油とあわせると、そのウマミが最大限に出る。かなりウマーなソースをつくってくれた。

法隆寺の鐘?しらんがな(´・ω・`)
そもそも、これは牡蠣。あれは、柿。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-11-07 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

まんねんいきまんねん。

阪急東通りにほど近いところにあるらーめん餃子専門店まんねん
まんねん
勤務先がこの近くだった頃、同僚がよく夜食を食べにいってたし、ボク自身も、残業時の夜食に限らずたまにいってた。ある晩なんかラーメンが食べたくなったし、たまたま梅田にいたので、久しぶりにいってみた。

塩とんこつチャーシュー
塩とんこつのチャーシュー麺をオーダー。
以前、ときどき来てたころは、いわゆる「チャッチャ系」のスープで、脂身の粒が眼に見えて浮いてたりしたんだが、見た目は以前よりマイルドで洗練されたカンジになってる。味は、すこしマイルドになったカンジがせんでもないが、かわらずシッカリしてて美味しい。

チャーシューメン
このとおり、チャーシューはがっつり厚めにスライスしてくれているが、脂身プルプル、赤身しっかりで、よく出来ているので、同じ分量をこの半分から三分の一の厚みにスライスしたほうが、オイシいしウレシいのではないかと思う。
ピリ辛感がほしいので、備え付けの豆板醤をたっぷり落としてみた。それが合う味のスープ。

丼
いかんこととは思いつつ、スープ全部飲んじまった。
丼の底に、アイキャッチのブタさんコンニチワ。で一言「まんねんいきまんねん」。

らーめん餃子専門店梅田本店
大阪府大阪市北区堂山町5-9扇会館1階
TEL: 06-6315-5121
営業時間:平日 AM11:00~翌朝AM5:00
金土祝前日 AM11:00~翌朝AM6:00

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

2009-11-07 : ラーメン : Ramen : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

サルシッチャとメランザーネのシシリー風

11月3日の祝日、バールイルソーレは営業しているとのことなので、そこの勤労青年どもへの労いもかねて、夕食に出かけてみた。
アンティパスト
まずは、アンティパスト(前菜)はミスト(盛合せ)として、左から小玉タマネギの酢漬け、長芋のアラビアータ、チョリソーとキャベツの蒸し煮。

プリモ
この夜はプリモ(パスタ類)をセコンド(メイン)を兼ねていただく。サルシッチャとメランザーネ(ソーセージとナス)のシシリー風ピカンテソースのスパゲッティ。
ローストしたニンニクと唐辛子の香りもきいてて、かなり美味しい一皿。ソースの中で思いっきり崩されたサルシッチャがまたいい味を出してる。

ドルチェ
ドルチェは、スポンジにはさんだ、ラム酒風味のチョコムース。
チョコレート好きにはウレシい一品。ラム酒風味というだけあって、アヒャ酒にあう。

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

2009-11-05 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アンドレミートパイ。

飛び石連休の中日の出勤日である月曜、いつものごとく残業ののち、たまにはアヒャ酒屋アンドレでなんか食うのもいいかと、梅田に向かった。
アンドレミートパイ
で、食べたのはご自慢の手作りミートパイ。パス・ペールエールの生ビールとあわせて。

アンドレミートパイ
中にとろりとしたチーズがはいってるのが、こちらのミートパイの特徴。前シーズンとくらべて、味がスパイシーかつふくよかにもなっている。
たまたま、このメニュの仕込みからやってるイタクラさんがいらっしゃったので訊いてみたら、色々と工夫をされたとのこと。以前あったキッシュのように、アンドレの看板となってもいい完成度に至ってると思う。

テーマ : Shot Bar
ジャンル : グルメ

2009-11-04 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

くずの笹

山口西店でのお食事のあと、Sanji君と奈緒チャソ☆がお土産持たしてくれた。
くずの笹
祇園福栄堂のくずの笹という、ちまきみたいな見た目のお菓子。

くずの笹
栗を餡で包み、さらに、吉野本葛で包み、熊笹の葉でちまきのようにくるんだお菓子。
緑茶といっしょにおいしくいただいた。

Sanji君、奈緒チャソ☆、改めてありがとう。

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

2009-11-03 : ドルチェ/甘いもの : Dolce : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ハロウィン、祇園で夕食

鞍馬山へ登ったあと、叡電と京阪を乗り継いで祇園へ。
カーララガッツァのソットシェフ(副料理長)ホソミさんの彼女さんのあーちゃん、カメリエーラSanji君の奥さん奈緒チャソ☆と、南座の前で落ち合う。
三人で夕食をとりに祇園のおかずどころ山口西店へ。
山口
昨今の町家ブームよりずっと以前に、町家を改造して始めたお店で、カテゴリーはいわゆる「おばんざい屋」であろうか。

かぼちゃ
この日、10月31日はハロウィンということで、まずはかぼちゃ煮。

肉じゃが
こちらのお店の名物のひとつ、カレー風味の肉じゃが。

かに酢
かに酢。
かにと小口切りきゅうりの酢の物。

おでん
あーちゃんのオーダーで、おでんの盛り合せ。
とくに大根に味がしみてておいしい。これをきっかけに、各地のおでんの特徴について話題が盛り上がる。

しいたけ焼き
しいたけ焼き。
しいたけをさっと焼いて、ダシ醤油をかけただけのもんなんやけど、かえって安心でおいしい。

若鶏酒蒸し
若鶏酒むし。
カラシ醤油でどうぞ。

名残はもの天ぷら
はもの天ぷら。
夏が旬とされるハモだが、京都では、11月初め頃まで供される。シーズン終わりが近づいた今の頃のを「名残りハモ」という。旬の夏の頃と比べても劣らず美味しい。関東の人ら(以下略

21時をすぎて、予定より仕事を早くあがったSanji君が合流。そこから、我々の締めタイムと、Sanji君の夕食タイムがうまく重なる。
カキフライ
カキフライ。
量はたっぷり。これで一人前。ウスターソースが添えられてくるが、そなえつけのマヨネーズと両方であわせて食べる。牡蠣の身はまだ細いが、じゅうぶんプリプリジューシーでおいしい。

鉄火めし
山口西店でのシメは、やはり、この鉄火めしか、かやくめしでいかなあかんやろ。

この前後、隣の席の三人の紳士とでえらい盛り上がってしまい、女将さんに「ちょっと静かにしなはれ」と叱られる。女将さん、すんまへんでした。

山口西店
京都市東山区花見小路末吉町西入清本町374-2
075-551-2995
17:30~24:30(LO) 定休日曜

テーマ : 京のおばんざい
ジャンル : グルメ

2009-11-01 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

義経、強いわけだよ

夏に鞍馬山へいった折、涼しくなったら貴船のほうから登ってみたい、と言ってたが、昨日実行。来週から、冷え込むとのことで、紅葉ともなれば、タダ混みで、タイヘンなことになるからな。

貴船口
「京都のフニコラーレ」叡電を、貴船口で下車。
このあたりでも、一部紅葉が見られるが、冷え込みが不十分なのでボケた色となっている。

鞍馬、西門
貴船川ぞいを、ボクの足で20分ほどのぼったところ、この赤い橋を渡って、西門をくぐる。

西門登り口
西門をちょっと登ったところ。この険しい登りが魔王殿までずっと続く。

魔王殿
30分ちかく、登りに登って魔王殿に至る。これだけで、かなり汗だくになる。替えのアンダーシャツと靴下をもってきて正解。
義経は毎日このルートを登って山にはいっていたとのこと、この険しいルートでいけば、基礎体力はもちろん、反射、洞察力もついて、そら強くなるわ。
この後、本殿をへて、叡電鞍馬駅へ至る。貴船口から所用一時間半でいけた。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

2009-11-01 : 国内旅行 : Domestic travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター