今年もあれやった。British Airways Loungeで。

5月7日、大英博物館から、トッテンハムコートロード駅までの道は、往きとは変えたが、あとは同じ、地下鉄とヒースロー・エクスプレスの同じ経路を逆にたどって、ヒースロー空港に戻った。
ターミナル3にて、ひと悶着ふた悶着あったものの、なんとかJL402便にチェックイン。
プレミアムエコノミー利用なので、ラウンジ利用の案内をうける。ロンドンでは、プレミアムエコノミー搭乗客のラウンジ利用資格は無くなったもんと思っていたけど、まだ利用できるらしい。
保安検査と出国審査をうけて出発ホールへ出て、免税店とハロッズでお土産の買い足しをしてから、すぐにラウンジへ。ターミナル3の出発ホールの飲食店て、色んな意味でロクなモンないし、去年のキオクでは、ラウンジの食べ物はそこそこよかったので、そっちで腹ごしらえすることとした。なんせ、朝のエアマルタで飲み食いしてからあとは、飲まず食わずで大英博物館見物してきたので、お腹ぺこぺこ。
JALのサクララウンジはとおの昔に廃止されておって、現在、ロンドンでのJALのラウンジ業務は、英国航空に委託されている。

バー
そんなに混雑してなく、難なくテーブルをひとつ確保し、バーに足を運ぶと、去年同様、グレイグース・ウォトカが。

調味料
そして、リ・ペリン・ウースターソース、タバスコ、塩、コショウ、レモンと調味料がそろい。足もとの冷蔵ストッカにはトマトジュースが。

ブラディメアリ
今年もマルタ出発の時に作れずに、ここで作った。ブラディメアリのウォトカ多め、タバスコ4倍。

カレーとか
食前酒飲んだら、本格的な腹ごしらえじゃ。ケータリングコーナーの、カレーやソースのコーナー。

ごはんとか
隣に、ショートパスタ(ペンネ)、ごはん、クスクス。

カレー
ベシタブル、チキン、ビーフで三種のカレーライスを作ったつもりが、ビーフカレーと思ったものは、牛肉を甘く煮付けた料理だった(笑
さすが、インド・パキスタン系の移民の多い国、ベジタブル、チキンともにカレーはよく出来ていたが、ボクはやっぱりチキンが好みか。
画像のとおり、ボクは平皿に盛って、おもにフォークで食べてたが、近くに座った、日本人のをっちゃんは、スープのコーナーから、スープボウルをもってきて、そこにごはんを入れて、カレーをかけて、スプーンで食べてはった。をっちゃん、かしこいのぉ。

サラダバー
サラダバー。

サラダ
コールスロー、角切りポテトサラダを主に盛って、マカロニサラダも。炭水化物を摂り過ぎじゃないかって?!我々日本人は穀類をより多く代謝させて生きて来たんだからキニシナイ。

サンドウィッチ
サンドウィッチも、本場の国らしく、種類も豊富で、どんどん補充されていく。これらもつまみながら、登場開始まで、このラウンジでゆっくりさせてもらった。飲み物はもちろん、去年の反省から、地産のエール。

冒頭にも書いたとおり、ラウンジ使用不可と思っていたので、出国後から搭乗までの待ち時間は、出発ホールのある店で、ある物を食べようと目論んでいたわけだが、マズくないものをタダで、好きなだけ飲み食いできるこっちのほうがゼッタイにシアワセ。
 


2011年5月7日の歩数 = 17,835歩
エクセルシオールホテル→マルタ国際空港→ロンドン・ヒースロー空港→大英博物館→ロンドン・ヒースロー空港→JL402便搭乗。
 

テーマ : 機内食
ジャンル : グルメ

2011-06-30 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

タコさんも、イカさんも、

昨夜は、火曜ということで、定例の西中島 バール イルソーレ。

北海水ダコのカルパッチョ
アンティパストは、北海道産水ダコのカルパッチョで。

カルパッチョとロゼ
ワインはこの蒸暑い夜にあわせて、ロゼをキンキンに冷やして。酸味がしっかりしたタイプで、魚介に合うよ。

活きタコ
この水ダコは、見事な活きダコ。カルパッチョもいいが、それこそ、北海道産の山ワサビのおろしとあわせて、醤油でも食べてみたい。

プリモ
プリモは、コンカッセしたトマトと、モッツァレラ、バジルのカプレーゼ風冷製スパゲッティ。ニンニクを結構きかせてくれてある。トマト風味の冷製にニンニクって結構キマる。

ペシェ
セコンドはペシェで、スルメイカの炭火焼き。アリオリソースと、ワタのソースを添えて。
タコもイカも、タウリンがたっぷり(※)だし。こんだけニンニクでキメてくれると元気がでるわぁー。

ドルチぇ
ドルチェは、ブラッドオレンジのグラニテ。
グラニテ得意のシェフ・ウエダさんの作品だから、当然イケテる。次は、何で作ってくれるかな。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

※:参考。健康食品や栄養ドリンクのタウリンは、牛の胆汁を原料するものが多い。
 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-29 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

THE BRITISH MUSEUM

5月7日、KM100便は、ほぼ予定時刻どおり、ちょっと早いくらいに、ロンドン・ヒースロー空港に到着。
ヒースロー空港
荷物をターミナル3の一時預かりに預けて、ヒースローエクスプレスにて、ロンドン市中に。
ノンストップ20分で到着したパディントン駅からは地下鉄ベイカールー線に乗り換え。

ベーカー街駅
地下鉄ベイカー街駅には、シャーロック・ホームズの横顔のシルエットの意匠が。

オックスフォードサーカス駅でセントラル線に乗り換えて、トッテンハムコートロード駅で下車。目指すは、エントリタイトルどおり大英博物館。
ロンドンの町並み
駅から博物館へ至るに途中にあった。いかにも倫敦といった街並。

大英博物館
初めてロンドンに来たとき、まずゼッタイに訪れたいと思い、やってきたのが、ここ大英博物館だった。
正月にいったとおり「原点回帰」という意味あいももって、十何年の時を経て、ふたたびやってきたってこと。

グレートコート
エントランスを真直ぐぬけて至るのは、グレートコートという中庭。
以前は大屋根はなかった。真ん中にある円筒形の建物は、かつての大英博物館図書館。
南方熊楠が足繁く通ううちに、ここで調査員として働くようになり、ロンドン留学中の夏目漱石も足繁く通った.......って、この二人は同窓生どうしじゃないか。天才ってお互いに触発されつつ、いろんなトコで縁をもつものなんだなぁ。ちなみに、ここにあった図書館機能のほとんどは、現在、大英図書館のほうへ移っている。

ロゼッタ石
以前は、ぶ厚い透明アクリルパネルにはさまれる形で展示テーブルに置かれてて、横から手を入れて触り放題だったロゼッタストーンも今はケースに守られてる。
【画像はクリックで拡大】

エルギンマーブル
大英博物館いったら、ロゼッタ・ストーンとともに、これだけは観ておけという、エルギンマーブル。
アテネはパルテノン神殿にあったレリーフを初めとする、大理石彫刻群。
【画像はクリックで拡大】

エルギンマーブル
そう、初めてここにきたとき、何が何でも観たかった、できれば触れたかったのは、ロゼッタストーンと、このエルギンマーブルだった。
【画像はクリックで拡大】

大英はくぶちかん
ここ大英博物館は、なにがすごいって、入場無料なことと、撮影が自由なとこだな。

日本ギャラリー
日本に関する展示は北側の棟の5階だったかのフロアをほぼ丸々つかっていて、日本のちょっとした博物館よりも充実している。
2008年より10年間、この日本ギャラリーのスポンサーシップとる三菱商事がリキ入れてるのは金銭面だけではあるまい。敬服する。三菱商事がスポンサーに入るまでは、ステロタイプ的な展示も多かったって聞くしね。

和時計
欧州の人らには、武士の甲冑と日本刀がやっぱり人気のよう。その次くらいが春画かな。ボクはこの和時計になんか魅かれたんだけどね。

昼メシ食うのも忘れて見学してまわったが、ここ、全部見るには、一日だけではゼッタイ無理だわ。
つーか、万一、えげれす経済が破綻しても、収蔵品を切り売りしていけば、国としてやっていけるらしい。

温風タオル
トイレの温風タオルもダイソン。さすが大英!!
 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-06-28 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

KM One-Hundred, May 7th 2011

もうふた月くらい前のことになっちゃうから、時系列にあんまりこだわらなくてもいいかということで、ここで、今年のマルタ出発の5月7日のことをうp

今年も、通称ワンハンドレッドこと、エアマルタ100便にて、マルタを発った。
お見送りのトニーさんがタイトな時間にやってきたので、ラウンジには寄らず、したがって「早朝ブラディーメアリー」はなし。どんどん出国から出国ゲートへ進む。

エアマルタ
これは、搭乗機の隣に停まっていた機体。

窓のくもり
朝7時前というのは、5月の場合、まだ夜露にぬれるみたいだ。ボクの座った左側は、窓が曇っていた。
が、朝日の当たる右側の窓は、クリア。わかりやすいな(笑 このエアバスA319という金属の筒。

シシリー上空
定刻どおりに出発して1時間ほど後、シシリー西岸のマルサラとトラパニの中間点。手前に見えるのがファヴィニャーナ島、奥がレヴァンツォ島。

KM100ミール
ここでミールが出て来た。
季節の関係なんだろか、去年以前に比べて、果物が少ないな。

KM100ミール
メインは、マッシュルームのオムレツと、ビーフソーセージ。それと、ボクが大好きなグリルドトマト。
朝4時起きで、ホテルでコーヒー、空港でエスプレッソ飲んだっきりだから、バクバクとおいしくいただいた。

キ二ー
食後にシャンパンをリコメンドされたが、ここはキ二ーで。
じつは、スチュワードが往きのKM103便と同じ人で、「ほんとにシャンパンでなくていいの?」と訊き返されたが、んなもん今飲んだらサクラナッツ(マルタ語でヨッパライの意)になっちまうだろって言ったら、「あんた、マルタ語完璧やのぉ」と、ヘンなウケかたをした。

フレンチアルプス
雪景色のフレンチアルプスをデザートがわりに。

シャルル・ド・ゴール空港
パリ・シャルル・ド・ゴール空港。
ここまできたら、到着地のロンドン・ヒースロー空港まで1時間ほど

ヒースロー
ロンドン・ヒースローには、定刻よりちょい早く着いた。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-26 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

スッキリといきたかったので

いやあ、暑い。
今週のとある夕方、退勤時、蒸暑さのあまり、ビールでスッキリしたくなり、新大阪駅の2階、地下鉄改札口前の皇蘭に寄った。

ビールセット
まずは、800円のビールセット。
生ビール中ジョッキに、アテに品を十数種類のメニューから選ぶ。こんときは、バラチャーシューと、焼き餃子。

バラチャーシュー
バラチャーシューはサシがプルプル。カラシをつけて食べる。

ギョーザ
焼き餃子は、何度か紹介しているように、皮もっちりで、餡の肉の割合が多くてしっかりしたタイプ。

冷麺
そして、スッキリとしたなにかで空腹をおさめたいと、冷麺もオーダーしておいた。
過去に何度か言ってるが、京阪神で「冷麺」といえば、よその地方でいうところ冷やし中華のことをまず第一に指す。では、焼肉屋や韓国料理店の冷麺のことをなんというかというと、それも冷麺。中華料理店やラーメン屋で韓国冷麺が出ることないし、焼肉屋で冷やし中華出ることもまずないから、要は使い分けということ。

冷麺
冷たくしても、固くならず、それでいてつるつるモチモチなのは、冷麺の麺のすごいトコかと。
ボクは、カラシはをスープに溶かず、麺のひと手繰り毎に、そのうえにのっけてすすりこみ、刺激と風味を楽しむ。

お会計は1580円。価格としてはビミョーなトコだが、なんかこの組み合わせ、この夏の定番化しそう。

神戸南京町 皇蘭 メディオ新大阪店
大阪市淀川区西中島5丁目16-1
メディオ新大阪2F(地下鉄JR連絡口改札前)
営業時間:10:00~22:00
TEL:06-6307-1215

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-24 : ラーメン : Ramen : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

菓匠パルーチャン。

イムディナで散歩のあとは、すぐ南隣ののこれまた古い街であるラバトを散策。

ラバト
カンのいい方はお気付きかと思うが、イムディナは、アラビア語「メディナ」、ラバトは、アラビア語でもそのままの「ラバト」に由来する。どちらも「街」の意味だが、メディナは「城内市」「中心地」という意味合いで、ラバトは「近郊」「城下」といった意味になるみたい。 

ケーキ屋
街の中心部に途上にあった菓子屋のショーウィンドー。
もちっと、ちゃんとサーキュラー(偏光)フィルター働かせろよ>>ボクちん

母の日のケーキ
この次にやってくる日曜、母の日のための、ヌガーとマジパンで作られたケーキ。
上の「mum」の字も少し丁寧に描いたらどうかと(笑

散策といったが、実は目的もあった。

パルーチャン
西中島バールイルソーレの常連仲間、Dr.Yより、毎年お土産としてリクエストされるヌガーを、今回は、お土産物屋やスーパーではなくて、専門店で買おうと思い、街の中心にある、このマルタ菓子のお店を目指して来たのである。
この楽しくて独特の雰囲気をもつ店構えは、絵葉書の意匠にもなっている。
チョコとアーモンド、オレンジ、ピスタチオの三種のフレーバーのを一本ずつ選んで、計三本の会計をお願いすると、店主が「五本買うと、さらに一本おまけにつくよ」と。
いや、ヒコーキで帰らないといけないから、バゲージのウェイトに配慮しないとなんないのよと説明して、三本で会計してもらう。
看板の綴りからすると、店の名前はパルッチャンだと思うのだが、店主はパルーチャンと発音していたような。
これは、また次回確かめてみやう。

パッルッチャン
しばらく、店主とトニーさんとで、三人でおしゃべり。
店主の奥様は、東洋の文化に強い興味をもってらっしゃって、ひらがなやカタカナ、ハングルくらいなら読めるんだそうな。お写真を見せていただいたけど、地中海美人ですた。
さらにアーモンドを飴で固めた長さ30センチほどのお菓子を一本買おうとしたら
「五本買うと、さらに一本おまけにつくよ」
をゐ、ヒコーキで持って帰るから、ウェイトにはナーバスになってるって言っとろうが(笑
実際、このお菓子は、バゲージの重量軽減のため、最終日に空港でトニーさんにあげた(笑

PARRUCCAN CONFECTIONERY
3, St. Cataldus Srt., Rabat,
MALTA

 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-23 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

大麦のサラダと、スイカのグラニテ

昨日は、西中島 バールイルソーレの火曜定例。

ランブルスコ
ワインは、ランブルスコを500mlのフラスコで。

ランブルスコ
グラスには氷をふたつほど入れて。蒸し暑い日だったが、ワインをこういった楽しみ方のできる日ともいえる。

アンティパスト
アンティパストは、ツナと大麦のサラダと、シシリー風イワシのグラタン。
ムギのサラダはボクが前に漠然とリクエストしておいたものも。蒸した大麦とほぐしたツナを和えたところへ、サラミのチョップと、タマネギのスライスも混ぜこまれている。これがこの日一番のアタリだったかも。
イワシは背の青い魚も摂取しきゃならぬということと、やっぱり好きだし。

プリモ
プリモは、つぶ貝と夏野菜とフレッシュトマトの冷製。

セコンド
セコンドはカルネで。イベリコ豚のロースの炭火焼グリル。
万願寺とうがらしを添えてもらっているのがウレシイが、とうがらしが「当たり」の辛いヤツだとなおウレシイが、まだそれはない。

グラニテ
ドルチェは、まず、今年初のスイカのグラニテ。
できたてでサラサラ。人によっては、グラニテはしっとり重いほうがいいというが、ボクはこのできたてサラサラのがより好き。

シナモンロール
もひとつドルチェ。レーズンとクルミのシナモンロール。
サクサクに焼き上がった生地は甘さ控えめで、レーズンの甘味と、クルミの食感と風味が生きてて、アヒャ酒やウィスキーによくあう。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-22 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ハレのイムディナ。

5月3日、サン・ジュリアンでお寿司食べた後は、まずは、タ・アーリ・クラフトヴィレッジのフィリグリー(線銀細工)工房、アンソニーズへ。先のエントリで書いたとおり、今般の日本における災厄について大いなる同情とお気遣いいただいた反面、「去年につづいて今年も景気が悪い....」と嘆くことしきりなので、今年も一杯お買い求めさせていただいたさ。
ここのフィリグリーは値段もお手ごろだし、重くないし嵩張らないしで、マルタのお土産にするのに、すごくいいと思う。あと、フェニキアグラスのお店でも、軽いもんを買って、古都イムディナへ。

イムディナ イムディナ
イムディナ イムディナ
雨に降られた前日とはうってかわっていい天気。
【各々の画像はクリックで拡大します】

トニーさん
路地を歩くのも楽しい、ボクがゴキゲンなので、同行のトニーさんもゴキゲン。

ロケ
路地の途中で、婚礼衣裳をきたカップルが、おそらくプロであろうカメラマンに写真を撮られているところに出くわす。訊くと、4月30日の土曜に結婚したばかりで、親戚縁者に引き出物的に渡すアルバムのための撮影をしているとのこと。晴れた日のイムディナで、ハレの撮影をしているとのことか。
静寂の街(Silent City)と呼ばれるイムディナの路地でも、時々観光客が通る。通りがかるたび、お二人が新婚ホヤホヤだと聞いては、「おめでとう」と声をかけていく。

ロケ
コロコロとしてかわいいカンジのこのカップル、これもまたマルタの典型的カップルのひとつだな。お幸せに。

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-22 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

イル・カミネット@南森町

イルソーレロッソ、カンティーナ・アレーグリで料理人をなさっていて、それなりに親しくしていただいてるキタムラさんが独立して、南森町でお店をオープンされた。土曜日の夕食に早速出かけてみた。
お店の名前はイル・カミネット(IL CAMINET)といい、ボローニャあたりのオステリア(居酒屋食堂)をイメージしているらしい

キャベツとアンチョビの炒め
アンティパスト一品目は、キャベツのアンチョビソテー。キャベツの歯ごたえと甘味、アンチョビとニンニクとバターのウマミがきいてて、ビールにもワインにもおすすめ。

ハートランド
ということで、震災後初となる、ハートランド。

カルパッチョ
真鯛のカルパッチョ。
締めてこそおいしいタイは、カルパッチョにぴったりやね。

イモ
ポテトフライ、パルメザンチーズと黒こしょう。
ハートランドがすすむ、すすむ。

ボロニェーゼ
ボロニェーゼ・タリアテッレ。
ロングパスタでボロニェーゼを食べる場合は、スパゲッティではなくて、このように、タリアテッレやフェトチーネでいくのがホントのトコなんだが、そのへんのウンチクは、また別の機会にって.....過去に書いたような気もするな。
飲み物は、ここからプーリア産の赤ワインで、サリーチェ・サレンティーノ・リゼルヴァ。

タリアータ
セコンドはワインに合わせる意味もあるが、ボローニャらしく、カルネ(オニク)で、イチボ肉のタリアータ。

タリアータ
断面ロゼのスライスに、削ったパルメザンと、ルッコラを散らして。
上州牛という、関西にはまだあんまり入ってきてない種なんだって。ガンバレ北関東というカンジでいいぞ。

グラッパ
食後にグラッパ。

エスプレッソ
いっしょにエスプレッソ。クレマが濃厚でしっかりしている。

リモンチェッロ
さらにもう一杯、食後酒として、自家製のリモンチェッロをいただく。
キタムラさんは、リキールを漬けるのが好きで、イルソーレロッソにいらっしゃったときも、自家製のリモンチェッロ、アランチェッロを作ってらっしゃった。そういう意味でもこれからが楽しみ。

ドルチェ
ドルチェはガトーショコラ。

オーナーシェフのキタムラさんは、実際にボローニャをはじめとした北イタリアで修行されてきた。イルソーレグループでは、南イタリア料理であるロッソと、それこそボローニャをテーマにしたアレーグリで腕をさらに磨いてこられた。
これから、おいおいボローニャのイロを出して行きたいとのこと。

イル・カミネット(IL CAMINETTO)
大阪市北区東天満1-10-10 サンファースト南森町1F
(JR東西線大阪天満宮駅 2出口すぐ)
Tel/Fax 06-6948-8522

 

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2011-06-20 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

父の日、今年も粋(すい)のケーキ

父の日のケーキ
父の日ということで、今年もパティスリー粋のケーキをプレゼント。
手前のは、チョコ、バナナ、シナモンのフレーバー。奥のはココナッツのフレーバー。
今年、母の日はマルタ帰省からの帰国当日でなんもせんかったから、母の日のプレゼントも兼ねるということにしてもらった。

パティスリー sui(粋)
大阪府高槻市神内2-28-5 宮田ビル1F
072-685-2614
09:00~20:00 火曜定休

 

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

2011-06-19 : ドルチェ/甘いもの : Dolce : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop

鶏と大根の雑炊

雑炊
本日のブランチは、鶏と大根の雑炊。
先の一週間の朝食用に準備して余った、お出汁、大根、油揚げ、万能ネギ、玉子などを活用。白と赤の味噌で味をととのえた。

雑炊
残り食材の処理にしては、手間かけたので、コメはふっくら、大根はトロリの出来上がり。
 

テーマ : ブランチ
ジャンル : グルメ

2011-06-19 : 朝食 : Breakfast : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

雨でモヤモヤしたので、串カツとビール

これ書いてる時点で前日となってしまった木曜の夜。残業の後退勤したら、外はまとまった雨。なんかモヤモヤした気分なので、新大阪駅3階のシオヤでビールでも飲んで行くかってことにした。アテのメインは串カツにしようってことで。

胡麻豆腐
突き出しがわりってカンジでもらったのは、まず胡麻豆腐。
かなり高級な部類にはいるもの。なんだったら、これ、毎朝食べたいね。塩で食べるのは初めてだが、こういうのもいいな。

じゃこおろし
じゃこおろし。まず、これだけで食べてみる。ま、これも悪くないけど、

じゃこおろし
あらためて、七味唐辛子と醤油をかけてみる。大根おろし自体の辛味もいい。

串カツ
串カツ。
お店のおすすめの五品盛り、十品盛りではなくで、自分でアラカルトでオーダー。
手前左より、しし唐、ナス、うずら玉子。奥の左手より、鶏つくね、玉ネギ、豚バラ、牛肉。

串カツソース
専用ソース壷がついてくるので、これにドップリとつけるよ。ソースが個客専用ではあるが、マナーというよりは作法なので、二度漬けはしない。
串カツは、食材、衣、油、ソースの持ち味すべてを味わう。ある意味究極のポジションにある大阪料理でもある。

〆そば
飲んで食べたあとは、まさに、〆そばと言う名前の蕎麦で締める。そばつゆのウマミが結構あとひくよ。

シオヤ(汐屋)
生ビール中ジョッキ三杯飲んで、こんだけ食べて、お会計は3000円足らず。数人でくれば、一人当たりの金額はもう少し安くなるだらう。シオヤはかわらず、サラリーマンの味方だな。
在来線、新幹線の乗降に便利な場所にあるのもイイ!

シオヤ(汐屋) 新大阪駅店
大阪市淀川区西中島5-16-1 JR新大阪駅3階
(新幹線中央出口と在来線東改札口の間)
TEL 06-6390-2233
不定休 07:00~23:00(LO.22:30)


 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-17 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

ハモとコーヒーゼリー

昨夜は、火曜ということで、定例の西中島バール イルソーレ。

アンティパスト・ミスト
アンティパストミストは、シシリー風イワシのグラタンと、土佐清水産トマトのサラダをミストで。

プリモピアット
プリモは、サーモンとオクラの冷静トマトソーススパゲッティ。

ペシェ
セコンドはペシェで、ハモ。
先の土曜の素料理さとうとダブるが、第一の旬の時期だから、ここはいっとく。
万願寺ししとうの炭火焼が添えられているのもウレシい。関東の人らってハモた(略

ドルチェ
ドルチェは、コーヒーゼリーと、赤ワインのグラニテ、ズコットの三種盛り。

コーヒーゼリー
コーヒーゼリーに添えられているのは、クリームのジュレで、ゼリーはこれとあわせて食べるのが推奨。

グラニテ
グラニテのアップ。この夜の赤ワインのやつ。

ズコット
ズコットは、まだボールの中で固め終わりで、まだヒックリ返してないやつを、ほい出来たてと、切り出してくれた。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-15 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

うPし忘れ@エクセルシオールホテルの朝食

先日のグランドホテル・エクセルシオール・マルタの朝食についてのエントリでのうPし忘れ。

コーヒー
コーヒーは、ふたたびポットで供されるようになっていた。自分で好きなだけ注げるのはウレシイ。

きんちゃく
西中島バールイルソーレの常連仲間、Dr.Yがプレゼントしてくださった、劇団四季CATSの巾着。
これに、割り箸、醤油のミニボトル、ワサビのチューブ、タバスコの1/8オンス瓶を入れて「ごはんキット」として持ち歩いていたが、マルタのアジト、エクセルシオールのスパイスアイランドでの朝食では、テーブルの上において、ケータリングコーナーに食べ物を取りにいってるあいだの「この席とってますよ」の意思表示にも使えた。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-15 : マルタ エクセルシオール・ホテル : Grand Hotel Excelsior : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

さとう、水無月。

6月、水無月である。「水無し」と書くが、これは「水の」の転訛がもとであり、「水無月」とは「水の月」ということ。うっとおしいとも言える天気がつづくが、梅雨は、日本のもっとも美しい季節であるとも思う。
水無月
そういった季節を繊細に感じたいなら和食だろということで、土曜は、西中島の素料理さとうにて夕餉。

つきだし
お通し。
手前から時計回りに、アイナメの唐揚げ。頭からバリバリ食べられる。
画像の角度が悪いが、アスパラ豆腐の揚げ出し。
じゅんさい。テクスチャと酸味をきかせたお出汁が、スッキリ感を出す。
つーか、これってお通しっていうよりは、前菜盛り(笑

お刺身盛り
お刺身盛り。
左から、イサキ、ヒラマサ、ハモの炙り。関東の人らってハモ食(略。
個人的には、晩秋の「名残りハモ」が好きなんだが、梅雨の時期も活発に動き回るので旬のひとつだと言われる。

うなぎ白焼き
焼き物は、ウナギの白焼きで。

うなぎ白焼き
ワサビしょうゆで食べる。蒲焼きも、ワサビつけて食べるのいいね。

白エビと新ごぼうのかきあげ
白エビと新ごぼうのかき揚げ。
このひと皿をアテとして飲んでいるのは、愛媛の石鎚の冷や。

あなご道明寺煮
あなご道明寺煮、べっこうあんかけ。
ハモ、ウナギ、アナゴって、ウナギ科の魚ばっかり食べてるな(笑

サーロインとフォアグラ
和牛サーロインとフォアグラの西京焼。

サーロインとフォアグラ
あわせて一口大になるようにカットされた、サーロインにフォアグラを乗せて食べるのが吉。

お茶
このへんで、腹七分目ということで、お勘定をお願いすると、例によって、お抹茶とお菓子が出て来る。

お茶碗
この晩のお茶碗は、葉っぱのむこうに蛍とお月さんが見える意匠。

ホタル
お茶菓子も蛍という名前のもの。
小豆餡で、草に止まる蛍、黄色い寒天で光を表現。

お店外見
素料理(そりょうり)さとう
大阪市淀川区西中島3-18-9
新大阪日大ビルB1
Tel: 06-6305-1606
営業時間:17:30~24:00(L.O.22:00) 日祝休み

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-14 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

エクセルシオールの朝食

スパイスアイランド
今年もマルタのアヂト、エクセルシオール・ホテルでの朝食は、4thフロア、大窓でマルサムセト湾が望めるスパイスアイランドにて。

兄弟
卵料理のコーナーで、画像の彼がボクの滞在中、ずっと朝のシフトにはいっていて、毎朝オムレツ作ってもらった。食材の名前をマルタ語でいうヘンな日本人ってことで、すぐにボクのことを覚えてもらえた様子。滞在後半は「ボンジュ・ヒーヤ(おはよう。兄弟)」って挨拶してた。

朝食例
朝食例
上の彼に、ベーコン、トマト、タマネギ、パプリカのチョップと、乾燥唐辛子ののみじん切りを入れたオムレツを焼いてもらってから、ベーコン、ソーセージ、グリルドトマトと、ベークドビーンズを取る。グリルドトマトとベークドビーンズおいしいから、日本でも普及しないかな。

パンとフルーツ
ある朝のメインへのつけあわせ。ホブス(マルタパン)のスライスに、果物とヨーグルト。

パンとフルーツ
チーズケーキ
別の日のつけあわせ。現地では「チーズケーキ」とも呼ばれるリコッタペストリー。

アッサータット
アッサータットという、リコッタチーズを巻き込んで焼いたパン
 
ケータリングテーブルの撮影をもらしちゃったよ。日本人の滞在客多かったのに、寿司がなかったね。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-13 : マルタ エクセルシオール・ホテル : Grand Hotel Excelsior : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

窓からイムディナが見える

エクセルシオール
今年も、マルタでのアヂトはエクセルシオールホテル。

エクセルシオール
部屋も、去年とおなじ712。現地ランドオペレータのS.I.T.社に手配をお願いするとき、毎回「シービュー、7thフロアで」とリクエストして、「希望にそえるかは保証できないが、申し伝えておく」旨の返答をもらうが、ちゃんと7thフロア押さえられてるから、タイシタもんだ。

マルサムセト湾
この並びの部屋は、朝のマルサムセト湾の眺めがサイコー。早起きは三文の得というか、それ以上。

イムディナが見える
今年になって、バルコニーから見える風景のなかに、古都イムディナがあることに気がついた。【この画像はクリックで拡大します】
つーか、真夏は空気が霞んで見えなかったんだよね。
このキューポラが上画像右1/3くらいのとこに見えるの、みなさんわかるかなぁ

イムディナ

お洗濯
で、やっぱり、自分で洗濯して、バルコニーで干す。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-12 : マルタ エクセルシオール・ホテル : Grand Hotel Excelsior : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

バラチャーシュー麺

ボクの仕事は月度末進行まっただ中、ちょいと残業してカイシャ出たら雨。空腹感が強かったのだが、雨に当たるような歩き方はしたくなかったので、新大阪駅2階の皇蘭にいってみることにした。店頭のサンプルのなかの「バラチャーシュー麺」というのが目をひいた。はて、以前、このメニューはあったかしら。店内でカウンター席についてからオーダーしてみた。

バラチャーシュー麺
待つこと数分、店頭のサンプルとたがわない見栄えの一品が。

バラチャーシュー
サシの部分がプルップルで、スライスされた厚さもちょうどいい。チャーシューの下には、モヤシとネギがタップリと。

麺
醤油味のスープは青湯仕立てで、奇をてらったところがなく、当たり前の中華屋のラーメンスープとしての安心感のようなものがある。
麺は細麺で、男でも満足感のえられるだけの量がある。一気にすすりこむと、小麦粉の匂いが鼻へぬける。

ギョーザ
皮モチモチ系のギョウザもオーダー。餡は肉たっぷり。
前も書いたが、ボクは餃子については、皮パリ系で、餡は野菜タップリジューシー系、というのが好みなのだが、これはこれでキマっているかと。次回から二人前オーダーしやうっと。

神戸南京町皇蘭 メディオ新大阪店
大阪市淀川区西中島5丁目16-1
メディオ新大阪2F(地下鉄JR連絡口改札前)
営業時間:10:00~22:00
TEL:06-6307-1215

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-10 : ラーメン : Ramen : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

ハーパーチョコとジョニー・ウォーカーチョコ

ある週末のこと、恒例のアヒャ酒屋アンドレへ。

モヒート
まずは、曽根崎店にて、これからのシーズンはこれということで、モヒート。
バカルディのオーロをベースに、炭酸仕立てで。

つづいて、DDハウス店にて、バーテンダーのイタクラさんに「こんなんが、もうじき出ますよ~」と見せられたのが
ハーパーチョコ
I.W.ハーパー・チョコ。

JWチョコ
と、ジョニー・ウォーカー・チョコ。

これらは、ハーパーや、JWが入っているのではなくて、それらのアテ用に作られたものとのこと。
見るだけではなくて、試食させてくれるというので、

ハーパーチョコ
ハーパーのほうは、ハーパー・ハイボールとともに。オレンジのドライフルーツをチョコでコーティングしてものだった。

JWチョコ
JWのほうは、ややビターなカンジのするアーモンドチョコ。アヒャ酒といっしょに。

テーマ : Shot Bar
ジャンル : グルメ

2011-06-10 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

トスカーナ・ワインとゴゾ・チーズと、ズコット。

火曜は当然、西中島のバール イルソーレの定例だが、今週のはひと味ちがえてみた。
マルタ帰省時に、スヌーピーズで食事をした際、「一ヶ月後にあけろ」というお言葉とともに、スティーブンさん&クミさんに、ワインを一本お土産にもらったのだが、ちょうど一ヶ月が過ぎたところなので、オーナー様、Dr.Y、バールのスタッフの皆さんといっしょにあけてみた。この目的のために、マルタから戻ったときに、こちらに預けて、セラーにいれといてもらったんだけどね。

ルチェント
トスカーナのルチェンテと言う銘柄。
ボディがしっかりしているが、それでいて、タンニンや酸味がきつくなく、バランスのよいワイン。香りはほのかにオークの匂いがするかな。
エチケットを確認したオーナー様によると、昔ながらの等級にはこだわらずに、バランスがよくておいしいワインを造りつづけている生産者による、いわゆる「スーパートスカン」というワインなんだそうな。

スティーブンさん、クミさん、今年もいいワインをありがとうございました。

ゴゾチーズ
さらにおまけとして、ゴゾの山羊チーズのオイル漬けを持ち込んだ。
昔は、径10センチもあるような、パッキンのゆるい広口瓶に入れられたもののみ売られてて、持って帰るには、スーツケースの中で油がもれるのをカクゴする必要があったが、今ではこんな、しっかりとシールされた、スリムな瓶のお土産用が売られている。

ゴゾチーズ
これも、皆で小分けして食べた。塩とコショウをつけた山羊チーズを少々のドライトマトとともに、オリーブオイルに漬けてある。フレッシュのときは豆腐のようだったものが、しっかりとした堅さになり、味も凝縮されている。やや強い目の塩味と、凝縮されたウマミが、赤ワインやビールにあう。いっしょに漬かっていたドライトマトもぜひ食べるべし。
次回もまたこれ買ってこようっと。



もちろん、定例なんで食事もしたよ。

タコのジェノヴィエーゼ
アンティパストは、タコのジェノヴィエーゼ。
バジルの香り、チーズのウマミ、松の実の芳ばしさが、タコの軟らかくて甘く淡白の身によくあう。

イワシのグラタン
シシリー風、イワシのグラタン。
ちょうど、背の青く光る魚も食べたかったところにあった。

リングィネ
この晩は、パスタをメインがわりに。スズキと万願寺とうがらしとドライトマトのオイルソースのリングィネ。
ドライトマトのウマミと、ししとうの香りがキメてたね。

ズコット
ドルチェは、こぞんじの方も多かろう、ズコット。
ボウルの内側にスポンジ生地を貼付けるようにしてから、フィリングのクリームを入れてひっくりかえして、冷やして作る。

ズコット
切れ分けたものをいただく。
フリィングのクリームの中には、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミなどが、たっぷり練り込まれてる。コーヒー紅茶はもちろん、ドルチェワイン、食後酒などにあわせてみるのもすごくいい。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-08 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

ビフカツ@エキバル

本日は、ちょっと居残りして、退勤後、新大阪駅2階のエキバルでコロナビールを飲みながら夕食とした。

フレンチフライ
三品オーダーしたうち、まずやってきたのは、フレンチフライ。
塩味が利かせてあって、暑い時期のビールによくあうかと。

自家製にんにく醤油ビフカツ
自家製にんにく醤油ビフカツ。
添えられたにんにく醤油でお食べということらしいが、ビフカツそのものにも、にんにく醤油でしっかり下味がつけられていたので、あんまり必要としなかった。

ビフカツ
和牛血統の豪州黒牛のオニクを醤油の味付けにして、ワサビで食べさせるというのもいい。画像の発色がよくないが、オニクの熱のとおり方は、ちょうどミディアムレア。

オリエンタルシーフードパスタ
オリエンタルシーフードパスタ。
甘辛くて、少しピリ辛感のあり、おそらくナムプラーかニョクマムで風味漬けされたソースが、魚介とやや厚めにスライスしたタマネギ、スパゲッティを見事にまとめた上で、ボリューム感も出している。シメとして、食事の満足感を演出してくれた。「オリエンタル」らしく、パクチーが使われていたのも、ボク個人的にはウレシイ。

これだけのフードに、コロナビール2本で3000円足らずだから、お手頃といっていいかと。

エキバル(17時以前はエキカフェと称しているようす)
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目16-1 メディオ新大阪2F(JR新大阪駅構内)
06-6390-8889
モーニング 7:00-11:00
ランチ 11:00-14:00
カフェ 14:00-17:00
バル 17:00-22:30(L.O.22:00)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-06 : 洋食 : Western influenced Japanese cuisine : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

天下無敵のカツサンド

カツ丼、カツカレー、カツサンド、そしてカツそのものも好きな「カツ好き」としては、ずっと前から行ってみたいと思っていたが、なかなかかなわなかったお店のひとつが THE TEMPLE BAR。昨日、つひに行ってきた。

ビフカツ
もちろん、オーダしたのは、天下無敵のカツサンド。
関西でもどっちかというとマイノリティーなビーフカツサンドなんだが、フィレのカツをここまでレアにしあげてながら、ちゃんと熱を通している腕前はかなりのものかと。パンがトーストとして焼き上がった時点で、マスタードバターが塗られ、特製ソースにくぐらせたカツをはさんだカンジみたい。

ビフカツ
ギネスのハーフパイントといっしょに。
カツはレアのフィレ肉なので、前歯でパンとともにサクっと噛み切れて、サンドウッチらしく楽しめる。
一人前2,100円だが、北新地という場所柄を言う以前に、このクォリティーと調理技術から、至極妥当。

THE TEMPLE BAR
住所:大阪市北区曽根崎新地1-1-17 バーボンストリートビル
TEL:06-6344-0996
営業時間
平日土曜:18:00~25:00
日曜祝日:18:00~24:00
不定休

[[[地図]]]

テーマ : サンドウィッチ
ジャンル : グルメ

2011-06-05 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

トニーさんが、寿司を、たべた。

イザベラさん&デービッドさんとこの「アフタヌーン・ハイティー」でトニーさんがカルパッチョを食べた。あれが食べられたならスシも食えるだろ、チャレンヂぢゃ。
ゴチ
ということで、5月3日の昼食は、サンジュリアンのゴチ。

お寿司
今年いただいたのは、ツナアボカド巻とフライドチキン巻、にぎりは、マグロ、イカ、サーモン。
トニーさん、サーモンは、まあ大丈夫かな。前々日、生のマグロ食べたとはいえ、またダメと言うかも知れん。イカはまずダメだろう。万一、にぎり全種類ダメって言い出したら、巻くってもらおう.......なんて考えてたが、トニーさん、マグロもイカも食べたよ。でも、やっぱりワサビはムリで、箸遣いもかなり苦手みたい。
飲み物は、ボクは熱い緑茶、トニーさんはアイスティー。

醤油
お醤油は、オランダ産やマレーシア産のキッコーマンではなくて、ちゃんと日本は千葉銚子産のヤマサ。
お店は去年、一昨年よりもさらに繁盛しており、親方の坂本さんが「忙しくて、あんまりお相手できなくてすいませんねぇ~」と。いえいえ、こういうご商売は、お忙しいのがなによりですよ。

<<< 2010年のゴチのレポ >>>

<<< 2009年のゴチのレポ >>>

Gochi Sushi Take Away & Green Tea Cafe
148, Triq San Gorg, St.Julians, MALTA
冬期 12:00~22:00
夏期 12:00~14:30/1800~24:00
月曜休

[[[ 地図 ]]]
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-04 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

アナゴ。定例で。

5月31日は、毎週火曜の定例ということで、西中島のバール イルソーレに。

アンティパスト
アンティパストは、鶏手羽先とハツのコンフィ、土佐清水産トマトのサラダ。

プリモ
プリモは、エビと野菜とドライトマトのリングィネ。ピカンテ仕上げ。
基本、オイルベースなんだが、散らしたドライトマトのチョップが、ソースをほんのりロゼ色にして、ウマミを加える。

ペシェ
セコンドは、エントリタイトルからご想像できたかと思うが、ペシェで、アナゴのイタリア風蒲焼き。
バルサミコとハチミツで作ったと思われる、甘めのタレを塗って、炭火焼にしている。後ろのフォークと見比べてみてのとおり、大きい。それでいて身の質感も、脂の乗りもシッカリしたいいアナゴだった。

ドルチェ
ドルチェは、シェフ・ウエダさん十八番、赤ワインのグラニテ。
今回はアップめの画像で。

あ、前回のイルソーレ関連のエントリもアナゴや。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-03 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

あなご。月例で。

5月30日は、給料日あけの最初の月曜ということで、月次定例として、バルマル・エスパーニャ西中島へ。

レブヒート
これからの時期、スパニッシュにきたら、まず一杯目はレブヒートで。

タパ
ひとつめのタパに、エビと野菜のマヨネーズ和え。
トビっこたっぷり乗せるのが、ここしばらくの店長氏のブーム。

アナゴのフリット
メインがわりに、アナゴとナスのフリット。

アナゴフリット
身の幅がどれだけ広くて、だんだけ厚いかを見せようとしたのだが、なんか行儀の悪い画像になっちゃったな。むしろ、脂のノリ方を見せるようなのになったか。
サルサといっしょにサーブされるが、アリオリソースといっしょというのも、オススメの食べ方。

バルマル エスパーニャ(BAR MAR ESPana) 西中島
大阪市淀川区西中島3-15-7 新大阪プリンスビル1F
(地下鉄西中島南方駅、阪急南方駅からすぐ。JR新大阪駅から徒歩10分と少し)
Tel: 06-6886-1525
Open 17:30~26:00(Lo25:00)
日曜祝日休み

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-06-02 : スペイン料理 : Spanish cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ジェラート。あんだけ食った後だけど。

スヌーピーズでの、シシリアンぽい怒濤の食事のあとは、北に二軒か三軒となりのジェラテリア、ドルチ・ペッカーティに。
ドルチペッカーティ
このジェラテリアも、スヌーピーズと同じオーナーの経営らしい。

アイスケース
アイス(あえてこう呼ぶ)が種類いっぱい詰まったケースを見るのってワクワクするねぇ。

セブンチョコレート
そんな中からボクが選んだのは、セブンチョコレートというのと、ココナッツの二種盛り。

カッサータ
トニーさんか、クミさんのチョイスでカッサータ。
一口味見させてもらったから、トニーさんかな。しっかりカッサータにして、しっかりジェラート。西中島のバールイルソーレあたりで再現してくれないもんか。

ジェラートとエスプレッソ
ちゃんとしたエスプレッソを淹れることもできるお店なので、ジェラートとともに、エスプレッソも楽しんだ。

Dolci Peccati
268, Tower Road, Sliema,
MALTA


[[[ 地図 ]]]

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-01 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

シシリアン、やっぱりおそるべし。

5月2日は、ご自宅でホームステイレッスンをなさっているスティーブンさん&クミさんとで夕食。
場所はスリマの「スヌーピーズ」とのこと。もちろんトニーさんと一緒に。1930時の集合なので1900時前にエクセルシオールホテルを出発。駐車場所さがすのに苦労することが多いので、早めに出るのである。こんときは、待ち合わせ場所の近くにわりとすんなりと駐車スペースを見つけられた。去年と今年、トニーさんはなんか調子いいのである。待ち合わせ場所までいこうと、海岸沿いのタワーロードを渡ろうとしたところで「マコトサンッ!」と呼ぶ声が、うまい具合ににスティーブンさんにもお遭いした。

スヌーピーズ
このスヌーピーズ、かなり昔からあって、以前は例の白いビーグル犬をさらにデフォルメしたような「版権は大丈夫か?」と思うような、看板がかかっていたのだが、オーナーがシシリー出身の伊太人にかわり、看板もかけかわり、お店の評判もさらに良くなっている。スタッフも伊太人ばかりそろえているらしい。

スヌーピーズメニュー
1階から2階にぬける吹き抜けには、手書きのメニュー。

スヌーピーズ一階
時刻は約束の10分ほど前だったが、1階で軽く飲んでいたところへクミさんも合流して、全員そろったので2階へ。

スヌーピーズ2階
2階では、窓際でも、ちょい手前の6人がけ席でも、どっちの席をとってよいとのこと。シシリー風ということは、量も多かろうということで、4人で6人がけのテーブルをもらう。この判断が正解であったことは、後々思い知ることになるのであった。
この画像ではよくわからないかも知れないが、この時点、外は雷をともなうとんでもない大雨。

カビ
この晩飲んだワインで、まず白はガヴィ・ディ・カヴィ。これはボクのチョイス。

ロッソ
赤はシシリー産のクズマーノ・ベヌアーラ。ネロターボラとシラーのブレンドで、スティーブンさんのチョイス。

で、怒濤のアンティパストがはじまる。

ナスのグラタン
ナスのスライスとチーズを重ねて焼いたグラタン。

魚のポルペッティ
シーフードのポルペッティーニ。

魚のポルペッティ
関西でいうところのジャコをまとめたようなカンジ。

カジキマグロの串焼き
カジキマグロの串焼き。
いちおう、四切れを4人でって、仮にひと串独りだとしたら多すぎ。

ゲソのパン粉焼き
ゲソのパン粉焼き。

エビのグリル
エビのグリル。
風味漬けとして、プチトマトが落されてるのが面白い。

ラビオリ
ラビオリのジェノヴィエーゼソース。

ゲソのグリル
ゲソのグリル。

タコのグリル
ほとんど食べ切った様子だが、タコのグリル。

アサリのワイン蒸し
アサリのワイン蒸し。
ここまでアンティパスト(前菜)。
これでもアレンジして本来量よりもかなり少なくしているかと。ほいでも、四人がかりでなんとか食べきったというカンジ。

ペンネアラビアータ
プリモは、ペンネアラビアータで。
当初、クミさんが「ムチャクチャ辛くして」といったが、ピリ辛ニガテのトニーさんがいるのでフツーに作ってもらって、乾燥ペペロニのチョップを添えてもらうことに。いつもだったら調子にのって、ペペロニ入れまくるんだが、この晩はこのままに。それでもソースのうまみと、ペペロニに辛さのメリハリはしっかりしてた。

この日のおすすめのペシェ(魚料理)はなにかと訊くと「スコルファーノ」とのこと。それは例えば英語でいうところの何かと続けて訊いても、伊太はラツィオ州出身のカメリエーレ君には要領を得ない。ま、とにかくそれのグリルを、セコンド(メイン)としてオーダーしてみる。

ガシラのグリル
で、でてきたのはガシラ(カサゴ、メバル)。ちなみに英語ではRock Fishという。
これはニホンでは「ガシラ」または「カサゴ」といい、ニホンでもイタリアンやスパニッシュの食材としても多用されていると教えてあげると、しきりに「ガシラ」と繰り返していたカメリエーレ君、多分おぼえないやろな(笑

イカのグリル
イカのグリル頼んだのは、トニーさんだっけか?

リブアイステーキ
スティーブンさんが頼んだセコンド(メイン)はリブアイステーキ。
今回もかオニクっ子のスティーブンさんと思ってたが、あとで調べたら、こちらのお店、ステーキで有名なのね。

いも
シシリー系とはいえ、やっぱり所在地はマルタ、付け合わせには、やっぱり大量のポテト。こちらのはグリルド。
スティーブンさんいわく、焼き過ぎでコゲコゲであかんとのこと。あいかわらず、厳しくて辛口やのぉ。

グリーンサラダ
そしてグリーンサラダ。
香味野菜にには、ボクの大好きなフェンネルが。

ここまで、シシリー風料理らしく、画像まで怒濤の量になったので、ドルチェは次のエントリで。

ま、ともかく、スティーブンさん、クミさん、今年も面白いお店にお連れいただいたうえに、トニーさんともどもすっかりご馳走になってしまいまして、ありがとうございました。

Snoopy's Restaurant
265, Tower Road,
Sliema,
MALTA

[[[ 地図 ]]]

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-06-01 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター