タ・コリーナ、今年は前日程で。

4月30日の夕食は、スリマのタ・コリーナでいうことに。過去二年か三年は、マルタ滞在の最終日にいってたのだが、今年は前半で参上することに。

ドリンク
ドリンクは、地産のロゼ、ヴェルダラ宮と、イタリア産のミネラルウォーター、マンジャトレッラで。去年も書いたけど、この水うまい。イルソーレグループとかでおいてくれんやろか。

ホブス・ビゼイト
アンティパストは、ホブスビゼイト。トニーさんとシェア。
「マルティーズ・ブルスケッタ」などと言われるが、厳密にはちがう。

リゾット
プリモは、シーフードリゾットで、この一皿もトニーさんとシェア。
もう何度も書いてるが、マルタの米料理は、たいていの店で、日本人にあう炊き上がり具合になっている。伊太人は、アルデンテちゃうと言うかも知れんが。

尾篭なハナシの流れになるが、メインの前にトイレ立って戻る途中、バックルームから出てきた
オーナーとばったり。「なんや、お前、今年も来たんか」と驚かれる。

ウサギのスパゲッティ
トニーさんのメインは、ウサギのラグーソースのスパゲッティ。

ブラジオリ
ボクのメインは、ブラジオリ(Bragioli)。
この名は「ビーフ・オリーブ」という意味で、ひき肉にチョップしたハムかベーコン、ゆで玉子、パン粉などをねりこんだ生地を、牛肉のスライスで巻いて焼いたあと、ソースで小一時間煮込む。たいてい固めの出来上がりだが、ひき肉料理大好きな日本人がオーダーしてまちがいのないマルタ料理の一品。

あしらい
マルタ名物、別皿のあしらい。
当然のポテトと、野菜は温野菜で。ポテトはチップス。

イル・コント(お勘定)をお願いすると、しばらくしてカメリエーラがコント(勘定書き)を持ってきて「毎年来てくれるので、ディスカウントした」といって示す。クレジットカードで払うつもりだったのに、値引きされたらそれができないじゃないか(笑
現金で支払う。36ユーロ。チップは別。

[[[ 2011年のタ・コリーナのレポ ]]]

[[[ 2010年のタ・コリーナのレポ ]]]

Ta' Kolina
151, TOWER ROAD, SLIEMA
Tel:+356-21-335106

[[[ 地図 ]]]
 

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

2012-06-29 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

THE WILD BLUE / ワイルド・ブルー

ワイルド・ブルー ウォルター・J・ボイン、スティーブン・L・トンプソン著
THE WILD BLUE by Walter J. Boyne & Steven L. Thompson
THE WILD BLUE
二十数年前に和訳を読んだ。いつかそこそこ以上に英語力がついたら、原書を読もうと思っていた。
実家に原書があったはずで、ふと読んでみようかと思いたち、探してみたが、どうも断捨離の対象となっていいた様子。Amazonで探してみたら、中古があったので購入。600円足らずの代金で、えげれすの古本屋から届いた。
1947年に、合衆国空軍(U.S.AIR FORCE)が合衆国陸軍から離れて、独立軍として創設されてから、第一世代の空軍軍人である主人公たちが第一線を退き、子供たちにまだ新しき伝統を引き継ぐまでの、おおよそ30年間の物語。
同じ時代を生きた、戦闘機、爆撃機、輸送機のパイロットたち、メカニック、その家族達が主人公でフィクションではあるが、第二次大戦後のアメリカ現代史についての読み物としても楽しめる。
タイトルは、北アメリカのフロンティア「ワイルド・ウエスト」の消滅のしばらく後、あらたなフロンティアを蒼き空に求めた言葉である。

THE WILD BLUE
表紙をめくった冒頭には、「ヒコーキ図鑑」が。これキャプションを日本語にしたやつが和訳本にも載ってた。

THE WILD BLUE
そして「空軍用語辞典」。

THE WILD BLUE
字が細かい......和訳本が文庫本三冊にもなるはずだ。挫折せずに読みきれるだろうか(笑
洋書の中古は初めて買ったが、手垢がしっかりついてて、紙の「焼け」も進んでて、いかにも古本ってカンジ。

  
 

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

2012-06-28 : 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

菓匠パルッチャン / PARRUCCAN - Traditional Maltese Confections -

4月30日、古都イムディナでのお茶休憩の後、イムディナの城門の前に広がる、これまた古い街ラバトへ。

PARRUCCAN
目的は、伝統的マルタ菓子のお店パルッチャン。店主と、トニーさんは有名人だから顔出し。
店主は、去年の訪問を覚えててくれて、「今年も来たか!」と歓迎してくれた。
ここで、Dr.Yと、バルマル西中島のクラタ店長へのお土産のヌガーなどを買う。「5コ 買ウト、ヒトツ、オマケ....」と店主、今年は日本語で(笑 東洋文化に興味を持っているという奥さんから教わったな(笑

PARRUCCAN
自分の買い物をすませたあと、しばらく世間話をしているところへ、通りかかった観光客カップルが道を訊ねてきた。ボクと、店主、トニーさんの三人かがりで、そんなことよりと、試食をすすめる。「いや、我々はただ道を訊いただけだから.....」とシブる2人に、いいから食ってみろ、ウマいから、と、さらに(笑

PARRUCCAN
結局、このお二人も「こらウマいわ」と、アーモンドとゴマをハチミツで固めたヌガーをお買い求めになった。
ここのお店で売ってるお菓子は、店内の厨房で店主が手作りしてるんやで。
 
PARRUCCAN CONFECTIONERY
3, St. Cataldus Srt., Rabat,
MALTA


テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2012-06-28 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

BBQ日和??

昨日、6月24日は淀川河川敷公園で、バルマル・エスパーニャ西中島主催のBBQパーティー

ドリンク
ドリンク
ドリンクはこんなカンジで。
スパニッシュバルらしく、ワインなんかを多めに、ワインはカサル・ガルシアが出てた。シードラなんかもあるで。これはほんの一部、他のワインなんかは、赤白とも、マグナムボトルで半ダースずつ用意されてたからな。

食材
牛のハラミのええところをどっさりと、オニクこれと、あと、ソーセージ。

カレー
カレーは、カルビ切り落としを煮込んだゼイタクもの。
イルソーレグループのそれらしく、トマトの酸味がちょいときいてるので夏によい。バケットのスライスをあぶってから、かけて食べる。ねー、次回からこそは、ごはん炊こうよ。

アヒージョ
前回はコンフィみたいなってしまったが、今回はしっかり強い熱をあてることができたので、アヒージョ(ニンニクオイル煮)も、それらしくなったで。もちろん、具を食べるだけでなく、熱々のオイルにパンをひたして食べる。

グリ坊
ぐり坊
屋外のイヴェントなので、クラタ店長のとこの、ぐり坊君も参加。
皆に人気だったようん。

食べて食べて
オニク余るかなーと思っていたのだが、みんな平らげちゃった。
カレーはちょっと余ったので、ブッブロックに詰めて持って帰って冷凍した。

会場り設営とか、朝から、店長のクラタさんと、シェフのキム~、常連のビンちゃんが、がんばってやってくださったらしい。ありがとうございました。
他のお店のスタッフの方も、買出しや片付けご苦労さまでした。
でも、設営から、料理、片付けと、いちばん働いてたキム~が今回もいちばんエラい。

しかし、この日、お昼前にアヂトを出たときは、涼しかったんだけど、会もたけなわな頃には、冷たいドリンク飲むのがここちいいくらいの暑さに。かげったり照ったりの繰返しだったんだけど、かなり日焼けしちゃったよ。
 

テーマ : BBQ
ジャンル : グルメ

2012-06-25 : 焼肉/焼鳥 : Yakiniku & Yakitori : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

マルティーズ・コーヒー - Maltese Coffee -

4月30日、トニーさんのピックアップのあと、トニーさんのパパとママ、帝国海軍第二特務艦隊戦死者のお墓参りをして、それからタ・アーリのアンソニーズや、フェニシアグラスでお土産を買って、古都イムディーナのカフェ、フォンタネッラでお茶休憩。

Maltese Coffee
ボクは、マルティーズコーヒー。
オレンジリキュールとウゾ(お店によってはアニゼット)に、ヨーロピアンローストの豆で淹れた熱いコーヒー注ぎ、ホイップクリームをトッピング。
以前は、マルタのどこのバーやカフェででも出て来るコーヒーカクテルだったが、だんだんメニューに載せない店が増え、若い人らのうちにには、こういうモノがあることすら、知らない人が出てきているカンジ。
昨年、とあるホテルのバー(伏せてもどこかモロわかりだが)でオーダーしたら、バーテンドレスがレシピを知らないという。「アイリッシュコーヒーの、アイリッシュウィスキーをマドリーン(マルタ産オレンジリキュール)に換えてみて」といって作ってもらうことに。日本人が、マルタ人にこういう指示出すってトコが、なんかシュールというか。
で出来たモノは、下の画像のとおり。
Maltese Coffee

フォンタネッラ / FONTANELLA 
1, BASTION STREET, MDINA
Tel:21-454264
営業時間 夏) 10:00~19:00 冬) 10:00~18:00


<<< 地図 >>>

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

2012-06-24 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

歴史発見!ロンドン案内 - Historical LONDON Guide -

歴史発見!ロンドン案内
ロンドンの各エリアの歴史をタテ糸に、文化、生活、食などをヨコ糸として、織りなされている内容は、読みやすく、ある種、物語としても面白い。ロンドンに二、三日滞在し、この本と地図をもってプランをたてて、地下鉄、バス、レンタサイクルを駆使して街巡りをすると、さぞかし楽しかろう。
ロンドンに縁のある架空の人物として、シャーロック・ホームズなどの他に、ハリー・ポッターや、平賀キートン太一が登場するあたりは、著者とボクとの世代や感性の近さを感じ、親しみも持てる。
新書の版だが、厚みはコンパクトなカンジで、持ちやすく、嵩張らない。実際、購入後は読む時以外はずっと通勤用のメッセンジャーバッグに入れていたのだが、全く邪魔なカンジがなかった。
ボリューム的にも、ボクの読む早さだと、日本からロンドンまでのフライトのうちに読み切ってしまうには、ちょうどいいカンジかと。
五月の半ばに出版されたばかりの本だが、ワガママ言えば、七、八年前にはは手許にほしかった。毎年のマルタ帰省の際には、復路はトランジット待ちの時間が長いため、テーマを決めてロンドン市中に入っていたのだが、もし、この本があったら、その街巡りの趣向もまた別のものになったにちがいない。
読み終わったあとの本は、ポストイット貼りまくりになっている。これから次のマルタ帰省までの一年のあいだに、何度も手にとることになるだろう。


 

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

2012-06-24 : 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

Granite Anguria、シーズン初!

昨日の定例のバールイルソーレ、颱風の夜ということで、コロッケが主役だったが、ドルチェのほうもレポしておかねば。
グラニテ
この日作りたての、スイカのグラニテ。ほぼまちがいなくシーズン初かと。
よいスイカの力強いけどもスッキリとした甘さが、この日できたてであるがゆえに、サクサクなテクスチャとマッチ!!
グラニテは時間、あるいは日にちをおいたしっとりしたのが好きって人多いけど、ボクはできたてのサラサラなんが好き。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)
日曜休み(祝日が関連する場合変動あり)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2012-06-21 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

颱風が来たので

本日は颱風が来るということで、カイシャのほうから16時に退勤指示が出た。
火曜日なので、西中島バール イルソーレ定例なのだが、そんなわけで、ディナーの部のオープン早々に参上。

アランチーニ
颱風の日にはコロッケを食べねばならぬというとで、アンティパスト・カルドでオーダー。もっとも、こちらのはアランチーニ(ライスコロッケ)。

アランチーニ
具は、リゾットをまとめたものの中に、モッツァレラチーズをアソートしてあるゾ。

大阪直撃を予測された颱風だったが、進路が東にそれて、今夕の風雨はそんなに強くなかった。天気予報で言ってた「傘をさせないほどの雨」にビビってたんだけどな。
早い時間の帰宅を促した企業が多かったため、定刻通りに運行していた帰宅時の電車の車内もガラガラ。
東海道新幹線が上下線とも止まっていることは、アヂトに戻ってから知った。

なぜ「颱風の日にはコロッケ」なのかは、
こちらをご覧あれ。
↓↓↓
http://midmednews.blog85.fc2.com/blog-entry-533.html

 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2012-06-19 : 行事・歳時記 : コメント : 3 : トラックバック : 1
Pagetop

朝のヴァレッタ散策 / Plowling in Valletta in the morning

このエントリの画像はクリックで拡大 / Click on photos to enlarge

4月30日、朝食と洗濯を終えてから、トニーさんがピックアップにやってくるまでに、時間があったので、郵便局に切ってを買いに行きがてら、朝のヴァレッタの街を散策してみた。

パン屋台
バスターミナル、シティゲートちかくのパンの屋台。

シティゲート
シティーゲートとその周辺は、レンゾ・ピアノ、リチャード・イングランドの両氏によるデザインで再構築中。

共和国通り
時刻は8時半をちょっとまわったところで、ヴァレッタのバックボーンである共和国通りを行き交うのも、ほとんどが職場へ急ぐ人々。

官庁街
本来辿るべき道が補修中で通行止めなため、大きくダイヴァージョン。マーチャント通り南端部分の官庁街を抜けて郵便局へ向かう。

郵便局は8時半オープンなので、切手はちゃんと買えた。
で、そのあとほど近いアッパー・バラッカ・ガーデンに、ふらりと寄ってみた。

アッパーバラッカ
アッパー・バラッカ・ガーデンから、セングレア方向にグランドハーバーを望む。

練習帆船
「ウォーターフロント」のほうを覗き込むと、ノルウェーの練習帆船Sorlandetが停泊していた。この船は現在運用されている練習帆船の中で、最も古い船の一隻である。前々夜、エアマルタの機内で読んだ新聞によると、8ヶ月にわたる練習航海を終えて、修了式をマルタで行ったとのこと。

朝市
まだ時間に余裕があるので、もう少し散策。マーチャント通りを北に向かうと名物の朝市にいきあたる。

共和国通り
ホテルに戻ることにして、共和国通りにでる。
観光客目当ての出店はすでに営業開始。観光客の姿もそこそこ以上に目につくようになってきた。お土産物屋などもシャッターを開け始める。時刻は9時15分。

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2012-06-17 : マルタ/旅と思い出 : Malta, Remembrance : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

4月30日の朝食 / Breakfast in 30th April

その前日はちゃんと朝食をとれなかったが、4月30日は、エクセルシオールホテル、4thフロアのスパイスアイランドにて、ブレイクファスト。

Breakfast
ケータリングテーブルのところで、トマト、パプリカ、玉ねぎ、ベーコン、トウガラシを加えたオムレツを調理してもらい、その皿に、ソーセージ、ベーコン、グリルドトマト、マッシュルーム、ベークビーンズをセルフで取って盛る。昨年のジブラルタル弾丸旅行以来、イングリッシュ・ブレイクファストに憧れみたいなんもあるので、トーストも乗せといた。

Fruits
フルーツは、オレンジ、グレープフルーツ、メロン、スイカをとって、いつものとおりプレーンヨーグルトをかけた。こういった形で、ファイバー摂取をできるのはありがたい。

Coffee
コーヒーもかわらずポットで供される。味も変わらず深炒りのヨーロピアン。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2012-06-15 : マルタ エクセルシオール・ホテル : Grand Hotel Excelsior : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

Lampuki! / ランプーキ!!

昨夜は火曜日ということで、定例の西中島バールイルソーレ。

アンティパスト
アンティパスト、まずは、アナゴと夏野菜のマリネと、マダコと茄子のマリネの二品のミスト。
もはや、夏っていうカンジやね。

カラマリ
アンティパスト三品目は、ヤリイカの詰め物。
イカの胴に、チッョプしたゲソ、ワタをメインにしたフィリングをつめて輪切りにしたもの。

ペンネアラビアータ
この夜、プリモはスタンダードにたちかえり、ペンネアラビアータを5辛で。

さて、セコンド(メイン)を選ぶ段だが、本日のおすすめの中に「マホマホ」とあるので、気になって、これは何ぞと訊ねたらシイラだとのこと。それはハワイ語で「マヒマヒ」やろが。どっか方言みたいなんで「マホマホ」言うんか?ググり、ウィキりしてみたが、どうもはっきりしない。
で、そのシイラ、マルタ語では「ランプーキ(Lampuki)」な。晩夏のマルタの名物食材でもある。
ランプーキ / Lampuki!
ということで、セコンドはランプーキのグリル。
脂が少なく、淡白なので、調理の難しい魚とよくいわれるが、このグリルは、脂も程よく乗っていて、身もテンダーで食べやすかった。

プリン・ア・ラモード
ドルチェにプリンアラモード食べたいと無茶振りしたら、シェフのウエダさんが、この日のおすすめドルチェの田舎風プリンをこんなふうにアレンジしてくれたゾ。

バール イルソーレ(Bar Il Sole)
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2012-06-13 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

Osaka in monsoon season

- Click to enlarge photos このエントリの画像はクリックで拡大 -

After Shower
Osaka downtown, after monsoon seasonal shower.
梅雨時の驟雨のあとの大阪、南森町。

Umeda Termini
Around Osaka Umeda termini, crammed by Restaurants, taverns, bars......
DDハウスから、がんこ梅田本店、阪急梅田駅方向を撮ってみた。
 

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

2012-06-11 : Archive : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

イル・カミネット、周年

イル・カミネット
イルソーレ・グループ出身のキタムラさんがオーナーシェフの、南森町のイル・カミネットが一周年を迎えたので、お祝いも兼ねて、先の土曜日に夕食に出かけてみた。

ウェルカムドリンク
まず、周年祝いとして、ウェルカムドリンクが提供される。ボクは辛口のスプマンテで。

突き出し
突き出しは、淡路島産タマネギのマルメラータ。
タマネギをキャラメリゼしたものを、さらにバルサミコで煮込んである。これをパンにのせてつまむ。

この一週間は、周年特別メニューで「オーダーバイキング」形式をとって、一品のポーションを小さくして、何品も食べられるようにしてあった。

スフォルマート
アンティパスト一品目は、パルミジャーノのスフォルマート。ハチミツを添えて。

ホタテのカルパッチョ
アンティパスト二品目、ホタテのカルパッチョ、イクラ添え。
ゼイタクなひと皿。

タマネギ
アンティパスト三品目、淡路島産プレミアム新たまねぎの香草パン粉オーブン焼き。
新たまの甘味が際立つ。

溺れタコ
プリモピアットは、二品オーダー。ひとつめは、溺れタコのトマトソース、タリオリーニ。
パスタは手打ちの生麺。

ホエー豚ラグー
プリモふたつめ、パルマ風ホエー豚ラグーソース、白ワイン風味、タリアテッレ。
このタリアテッレも手打ちの生麺。

紫アスパラガス
ここで、箸休め的に出て来たのが、紫アスパラガス。
熱をかけると緑になるとのことで、生のままスライスして、塩とオリーブオイルをふっただけにしてあった。歯ごたえシャキシャキで、甘味がある。

エトナワインの赤
セコンドに入る前に、シシリーはエトナ山麓産の赤ワインを開け、キタムラさん、マダム、スタッフの皆さんで、周年お祝いの乾杯をした。
このワイン、グラスに顔を近づけただけで、ウッディーな香りが、フワッと広がる。

ハマチ
セコンド一品目、天然ハマチのマルサラ酒煮込み。ジャガイモのピュレにのせて。
画像手ぶれちゃった、すいません。スッと、ホロっと身がとれてほぐれて食べやすい。

セコンド二品目に、マグレ・ド・オアというガチョウのローストをいただいたのだが、画像撮り忘れ。この料理のガチョウは、フォアグラをとるためのものだそうで、サシはプリプリだし、身の味わいも濃厚だった。

豚ロースト
セコンド三品目は、鹿児島産茶美豚の自家製ローストポーク、そのジュのソース。
このメニューもサシがプリトロで、甘い。

ドルチェ盛り
ドルチェは、ジェラートのバルサミコかけ、カッサータ、チーズケーキをミストで。
これは、手ブレではなくて、被写界深度がうまくあわさってないの。まヘタレな画像にはちがいない。

今回の周年むけのオーダーバイキング、手頃なお値段で色々食べられて、楽しくて面白かった。
キタムラさん、奥さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。
改めまして、一周年おめでとうございます。

イル・カミネット(IL CAMINETTO)
大阪市北区東天満1-10-10 サンファースト南森町1F
(JR東西線大阪天満宮駅 2出口すぐ)
Tel/Fax 06-6948-8522
ランチ  11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナー 17:30~23:30(L.O.22:30)
月曜定休

 

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2012-06-10 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

冷麺(冷やし中華)はじまりました

今年もシーズンがやってきた。毎度のことながら、まずは説明せねばなるまいて。
京阪神で「冷麺」といえば、よその地方でいうところ冷やし中華のことをまず第一に指す。では、焼肉屋や韓国料理店の冷麺のことをなんというかというと、それも冷麺。中華料理店やラーメン屋で韓国冷麺が出ることないし、焼肉屋で冷やし中華出ることもまずないから、要は使い分けということ。

で、昨夕、帰宅途上、新大阪駅2階の皇蘭に、フラフラとはいってしまった。「フラフラと」と書いてはいるものの、冷麺はじまってるかなーという、キタイも持っていた。はじまってた。

餃子とから揚げ
シウマイ
まず、一週間がんばった自分へのご褒美に、餃子、鶏からあげ、海老シウマイと、生ビールの1000円のセット。
これで気持ちを満たして......

冷麺
そして、スタンダードな冷やし中華タイプの冷麺で、さらに気持ちとお腹を満たす。
ボクはカラシをスープに溶かずに、都度、具や麺にちょこんと乗せて口に運ぶ。

神戸南京町 皇蘭 メディオ新大阪店
大阪市淀川区西中島5丁目16-1
メディオ新大阪2F(地下鉄JR連絡口改札前)
営業時間:10:00~22:00
TEL:06-6307-1215

テーマ : 冷し中華
ジャンル : グルメ

2012-06-09 : ラーメン : Ramen : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop

生うにのスパゲッティ

今週の火曜定例、西中島バールイルソーレ。

アンティパスト
アンティパストの一品目と二品目は、インゲンのガーリックソテーと、レンズ豆と鴨スモークのサラダ。

アンティパスト
アンティパスト、カルドで三品目。ハモと夏野菜のフリット。
セコンド用のメニューのところ、ポーションを小さめにしてもらったが、ハモとナスがバランスよく盛られてた。ところで、関東の人らってハモたべな(略

生ハムメロン
アンティパスト三品目は、プロシュートと赤果肉メロン。
こういうもんをオーダーして食べるようになったか。

アンティパスト
プリモは、生うにと夏野菜のスパゲッティ・ペヘロンチーニ。
生うにを崩しながら、パスタにからめて食った。

セコンド
メインは、ハンガリーの食べる国宝、マンガリッツァ豚の炭火ソテーに、万願寺とうがらしの炭火焼を添えて。

ドルチェ
ドルチェは、手前、クラッシックなカスタードプリン。奥、アメリカンチェリーのコンポート、ワインのグラニテとジェラートを添えて。

嗚呼、平日の夜なのに、結構な量食っちゃったな。

バール イルソーレ(Bar Il Sole)
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2012-06-08 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

バルマル西中島、今月の定例。

4日は今月最初の月曜日ということで、バルマル・エスパーニャ西中島で月例。

くんたま
ゆで玉子の燻製にアンチョビマヨネーズ。
これはもはや定番。

豚バラ
K店長おすすめの豚バラ肉の甘酢マリネ。
サシにクリスピー感が出るまで炒めてから甘酢で煮込んでから冷やしたってカンジか。褐色で甘めの出来上がりのところに、アリオリソースの白と酸味と辛味のコントラストが面白い。ビール、ワインのどちらにも合う。

フリット
キスと甘長とうがらしのフリット。
キスのてんぷらが食べたいようなキブンだったので、ちょうどよかった。フォークや橋は使わず、指でつまんでバリバリいったった。
意地汚いくらいにがっついて食うのがウマいんやで~(byボンさん@味いちもんめ)

トマトとチーズのオーブン焼き
トマトとチーズのオーブン焼き。
熱をかけて濃厚になったトマトのウマミと、熱々チーズのウマミをいっしょに楽しむ。

今週から、ワインはポルトガルの微発泡、カザル・ガルシア、カクテルはモヒートはじまってるよ。

バルマル エスパーニャ(BAR MAR ESPana) 西中島
大阪市淀川区西中島3-15-7 新大阪プリンスビル1F
(地下鉄西中島南方駅、阪急南方駅からすぐ。JR新大阪駅から徒歩10分と少し)
Tel: 06-6886-1525
Open 18:00~26:00(Lo25:00)
日曜祝日休み

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2012-06-07 : スペイン料理 : Spanish cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

今年初のビアガーデン@ ラマダホテル大阪

6月1日の金曜日、5月度も無事に締まり、業務にもそこそこヨユーが出てきたので、同僚のOさん、Sさんと、急遽、月次処理の打ち上げみたいに飲みに行こうということになった。
会場は、ラマダホテル大阪のビアガーデンを目指すことに、金曜の19時前なので、ひよっとしたら、満席で入れないかもと思ったが、われわれの到着した時点でそこそこ余裕があった様子。
ビアガーデン
ロケーション的にも、梅田スカイビルが眺められたり.....
ビアガーデン
ビル街の向こうに夕陽をリフレクトする淀川が眺められたりと、アーバンな中、リラックスしたふいんき。

「当日」ひとり2,500円、「前売」\2,000円で、これが席代、のみ放題のドリンク代となる。フードは別途オーダー。
ドリンクは、生ビール、黒生ビール、ワイン赤白、スパークリングワイン赤白、焼酎、各種チューハイなどが飲み放題。あ、ブラックニッカのハイボールのサーバーもあったけど、撮り忘れ。

BBQセット
フードは、サラダと枝豆を頼んだうえに、ちょうど3人向けのセットのオージーBBQをオーダー。

BBQ
BBQ
オニクは、ラムチョップとオージービーフ。それにお野菜の盛り合わせにソーセージをどんどん焼いていく。

オニク
焼けたラムチョップに、甘いBBQソースをかけて、タバスコふって食べた。

風景
そんな中、だんだん暮れていく。PIASビルに映ったラマダホテルのサインがカコイイ!!

追加
さらに、ラムチョップ、ソーセージ、野菜盛りも追加。

ジャジャ麺
この時点で、かなり暗くなってたので手ブレたが、シメその壱のジャジャ麺。
ナシゴレン
これまた手ブレた、シメその弐のナシゴレン。

ビアガーデン
日が暮れたころには満席。

会計は一人あたり6,000円になったが、フードのレベルはそれなり以上だし、ふいんき的にも、それに見合う価値あり。

ラマダホテル大阪ビアガーデン
http://www.ramada-osaka.com/event/beergarden/index.html

テーマ : ビアガーデン
ジャンル : グルメ

2012-06-06 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop

先斗町 / Pontochō

- このエントリーの画像はクリックで拡大 / Click photos enlarge these -

川床
Enoteca Irodoriに行く前に、鴨川の川床を撮った。前は七月くらいからだったのが、数年前から、五月半ばには出るようになった。
Kawayuka are wood deck style terrace over the creek. Those are constructed by restaurants, taverns.....along Pontochō street in Kyoto downtown.

先斗町
先斗町
先斗町
帰りには、夜の先斗町を撮ってみた。
Above photos were taken in Pontochō street in night time.
Pontochō street is half a kilometers long narrow street. Its each along side are crammed by restaurants, taverns, bars......
 


テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

2012-06-03 : Archive : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

Enoteca irodori~彩り~、開店2日目

ボクとは、イルソーレグループにいらっしゃった時に知り合い、その後、祇園カーラ・ラガッツァに移られておもにカメリエーレとしてフロアで活躍されてきたオリイさん、このたび、おなじ祇園で新しくオープンした Enoteca Irodori ~彩り~ で、シェフとして新たなスタートをはじめるとのことで、オープン2日目の先の土曜に赴いてみた。

enoteca irodori~彩り~
先斗町で営業している、地鶏と京野菜の和と伊太をコラボさせた、トラットリ屋esの2号店の位置づけになるとのこと。なにより特筆すべきことは、完全禁煙!!
祇園は大和大路と団栗通りの交差点角にあり。

enoteca irodori~彩り~
以前、たこ焼き屋だったところを居抜きで使ったそうで、店内はウッディーな雰囲気。

アンティパスト
アンティパストは、なっぱと油揚げの煮付け、茄子の煮浸し、南京煮付けたん、切り干し大根の煮付け。
これは、オーナーのシマモトさんのレシピによる。京都の人はお野菜の使い方上手やわあ。

ごぼうから揚げ
ごぼうのから揚げ。
出汁でゴボウを煮付けてから、衣はたいて揚げてある。

白和え
白和え。
豆腐とマスカルポーネチーズで和えてあるところが、和と伊のコラボ。

砂ズリコンフィ
砂ズリのコンフィ。
アヒージョ仕立てて出てきた。しっかりとした歯ごたえが、ゆっくり飲みながら食べるのによい。

コロケー
野菜の小さなコロッケ。
これの生地も豆腐とマスカルポーネチーズの合わせかな?

カレー
お野菜のカレーライス。
和風出汁仕立てのカレーソースに、フレッシュトマトを散らすのをベースとするが、日によって作りとテイストを変えていくとのこと。

赤ワイン
ワインは店主でソムリエを兼ねるカコさんのセレクトで、白と赤をグラスで何種類かいただいたあと、最後に「すごくいいのをお出しできます」といって、ブレッチャローロ・ゴールドを注いでくださった。

フォロマッジョ
このワインには、ゴルゴンゾーラチーズと、西中島のバールイルソーレでは「●●博士の●●●●煎餅」という通称で知られるパルミジャーノ煎餅をあわせた。特にゴルゴンゾーラとあわせると、ワインの甘味がスっとしたものになる。

ベーレンアウスレーゼ
ディジェスティーヴォ(食後酒)にはベーレンアウスレーゼ(独逸のドルチェワイン)。
オリイさんが、バールイルソーレ時代の常連さん、Dr.Yのことを想い、カコさんに仕入れてもらったとのこと。

ティラミス
ドルチェはティラミス。クレマも風味も濃厚なエスプレッソと合わせて。

Enoteca Irodori ~彩り~
京都市東山区大和大路通四条下る三丁目 博多町61
TEL: 075-551-8464
ランチ: 12:00~15:00 (LO 14:30)
ディナー: 18:00~26:00(LO 25:00)
水曜定休

[[[ 地図 ]]]

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2012-06-03 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

やっぱり今年もレノが外食はじめ

4月29日、デーヴィッドさん、イザベラさんのおうちでの昼食のあと、来るべき肉じゃが調理のため、スーパー・アルカディアに赴き、醤油を買った。
その後、トニーさんにゆっくりとマルタ東部、南東部をドライブしてもらって、そろそろ晩ごはんしてもよいかなという時間に。過去何度かがそうであったように、今年もマルタでの外食はレノではじめようってことにした。
この時期のマルタでは、まだまだ夕食には早い時間なので、店の前についたら、テラス席でシェフのジョー(ジョセフ)が近所の人らとくつろいでいた。「今年もよう来たな。ワレ~」みたいなカンジで、店内に招きいれてくれる。

アリヨッタ
こうなるともうルーチンワークのようだが、今年もアリヨッタ(Aljotta:魚介とニンニクのスープ)をスターターがわりに。

アリヨッタ、アップで
毎年言ってるように、ジョーの作るアリヨッタは、お米がはいっているのがウレシい。
「お前はピリ辛いだよな」といって、ボクの分はピカンテに、トニーさんのはフツーに仕上げてくれている。

シーフードプラター
メインは、魚介のプラター。
手前左から、エビのグリル、イカのフリット、真ん中にデーンとスズキのパンフライ、向うがわにあるのは「タコのシチュー」として有名になってしまった、タコのガーリックフライ。トニーさんとシェアしたが、結構な量で残してしまった。
オーダーのときにジョーが「エビは地産のやつはちっこいが、シシリー産のはおっきい。どっちにする」と
訊いてきたので、地産のでお願いしたが、どうして、どうして、これも、なかなかの大きさかと。

この他にトニーさんがカプチーノ、ボクがラガーのワンパイントを二杯飲んでお会計は25ユーロ前後だったかと。

RENO'S Bar & Restaurant
1, St.Patrick Street,
Birzebbuga,
MALTA
TEL: +356-21651165


[[[ 地図 ]]]

<< 2011年のレノ・レストランバーのレポ >>

<< 2010年のレノ・レストランバーのレポ >>

<< 2009年のレノ・レストランバーのレポ >>

<< 2008年のレノ・レストランバーのレポ >>

<< 2007年のレノ・レストランバーのレポ >>

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

2012-06-02 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター