モンディオンで晩餐 - Dinner in de Mondion -

Evening in 29th April, I and Tony san invited to dinner at de Mondion in the Xara Palace Hotel by Stephen san & Kumi san.
4月29日の夕食は、マルタでナンバーワンと呼ばれるレストランのひとつ、モンディオンへ。
ご自宅でホームステイと英語レッスンをなさっているスティーブンさんランドオペレータ(現地旅行社)を経営なさっている、奥様のクミさんがご招待くださった。
場所は古都イムディナの城内、貴族の館を改装した知る人ぞ知る、シャーラ・パレス・ホテルの中にある。

ロビー
We met in the lobby of the Xara Palace.
1930時に、ロビーで待ち合わせというのだが、その時間、外はまだまだ明るく、灯りはともされていないので、ロビー内はかえって暗い。
トニーさんと待っていると、程なくクミさんと、スティーブンさんが到着。ロビーからレストランへ移動するのだが、いかにも、お館の中を移動というカンジの足取りなのが楽しい。

テーブル
We reserved this table.
レストランでは、すぐに、テーブルに通される。各々の席の前には、シルバーのプレートがセットされ、いかにもレストランというカンジ。

バター
パンのためのバターには、パプリカパウダーで模様が絵かがれている細やかさ。

メニュ
メニュ
A menu of April 29
2013年4月29日のメニュー。
和食でも、日々のお品書きをちゃんとあつらえている店はまちがいないのと同様で、期待がさらに高まる。

スープ
Amuse bouche. I guess this was Broad beans soup.
アミューズブーシェ。
ソラマメのスープだったかと。

前菜
Entree was Chicken and Duck Confit Boudin, with Beetroot puree, Turnip and Shallot, Brown Chicken Jus. This dish was like as a Japanese cuisine 'Shinjo'. It is very familiar to me.
前菜は、鶏と鵞鳥のコンフィのブーダン、ビートのピュレ、カブとエシャロットのコンフィと、チキンのソースを添えて。
見た目だけではなく、口当たりや味も、和食のしんじょに似ていて、とても馴染みやすかった。あしらいやソースとのバランスもよし。

メイン
Plat was Scottish Lamb Fillet, Fennel Deuxelle and Pancetta. I love Lomb. This Lomb was tender and tasty.  スコットランド産仔羊のフィレと、ういきょうのデュクセル、パンチェッタ巻、ジャガイモのハーブテリーヌを添えて。
メインは魚料理としてマグロと、肉料理としてのこのメニューがあったのだが、ラム好きとしては、迷うこと無くこれに飛びついた。ラムのフィレはテンダーで風味深く、デュクセルとパンチェッタのアクセントもよい。

デセール
Warm Chocolate Fondant and Pistachio Ice Cream on Almond Breton were dessert.
デザートは、温かいフォンダン・ショコラと、アーモンド・ブルトンに乗ったピスタチオ・アイスクリーム。
もちろん、フォンダン・ショコラをナイフとフォークで割ると、温かくとろけたチョコレートが流れ出したゾ。

プティフルール
Petit fours. I enjoyed these with double espresso.
プティフールにチョコレート菓子が何品か。食後のコーヒーとして頼んだ、ダブルのエスプレッソとともにいただいた。

Stephen san & Kumi san, Thanx lot for invite us to wonderful dinner.
20年、マルタに通い続けたなかで、このディナーは、最高のもののひとつに間違いない。
スティーブンさん、クミさん、大変素晴らしいディナーへのご招待ありがとうございました。

なお、このモンディオンでのディナーは、クミさん経営のJMTにて、アレンジいただけます。
お問合せ等は、こちらのリンクからどうぞ。

de Mondion
Misrah il-Kunsill, Mdina MDN 1050, Malta
(シャーラ・パレス・ホテル内)
Tel: +356-21-450560

地図 / MAP
http://www.demondion.com/

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2013-06-30 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

鶏もも焼き定食 - Grilled Chicken Leg -

Today, I was to Ashitaba Nakaya the Udon Tavern for brunch.
本日は、阪急高槻市駅前の西島鍼灸整骨院で、マッサージと鍼の施術をうけたあと、鍼灸院そばのあした葉なかやにてブランチ。

ビール
It was forenoon in Saturday. First of all, I ordered a bottle of beer.
土曜の昼前ということで、まずは瓶ビールをオーダー。
グラスに注いでは飲みをしながら、料理を待つ。

鶏もも焼き定食
I ordered Grilled Checken Leg Set menu.
今回オーダーしたのは、鶏もも焼き定食。
麺は、温かいおうどん。天気は夏の様相だが、前夜から、大阪うどんのつゆがムショーに恋しかったので(笑)

鶏もも焼き
Checken Leg was salt seasoned and grilled. This is good for chilled beer.
岩塩で味付してグリルされた鶏もも肉に、添えられたゆずこしょうをちょいと付けて、ビールのアテに。ビールに限らず、チューハイや焼酎にもあうよコレ。一品メニューにもあるので、飲み目的でこちらにお邪魔した際にはこれはずせんな。
メインの鶏、小鉢、サラダ、漬け物をあてにビールを飲み、ビールが切れたらごはんのおかずにして食べた。お茶碗のごはんをふた口くらいのこして、おかずを食べ切ったら、おうどんをすすりこみ、うどんつゆで残ったごはんを食べ切って、昨夜から渇望したうどんつゆを飲み切ってフィニッシュ。一食でいろいろな楽しみ方ができるメニューだった。

あした葉なかや
大阪府高槻市城北町1-3-28
072-661-5030
営業時間:11時~21時
日曜休
 

テーマ : ブランチ
ジャンル : グルメ

2013-06-29 : 昼食/ランチ : Lunch : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベーカー街駅 BAKER STREET Stn.

- エントリの画像はクリックで拡大 Click Photos to Enlarge -

チューブという愛称で親しまれるロンドン地下鉄、各駅には、所在の地域にちなんだ意匠がこらされているのが面白い。ロンドンを北西から南東に貫くカンジのジュビリー線では、特にそれに力がはいっている。
ロンドンブリッヂ駅から、そのジュビリー線に乗り、ベーカールー線に乗り換えるためにベーカー街駅で下車。ベイカー街ということで………

ベーカー街駅
プラットホームの壁面には、シャーロック・ホームズのシルエットが意匠されている。

ドット
さらによってみると、小さなホームズのシルエットがひとつひとつのドットとなって、大きなシルエットを構成していることがわかる。
ボクはシャーロキアンではないので、この駅の改札を出て、シャーロック・ホームズ博物館などを訪れるといったことを未だせず、乗り換えに使うばかりだが、この意匠は何時何度見てもおもろい。

2013年5月4日 撮影
 

テーマ : イギリス
ジャンル : 旅行

2013-06-28 : 旅行(マルタ以外) : Travel abroad (Exp.Malta) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

仏蘭西冷汁? - Vichyssoise -

ヴィシソワーズ
I enjoyed Vichyssoise and Vodka at Bar Il Sole in June as monsoon season. Cold and Salty flavor made me flesh.
西中島バールイルソーレ、夏の冷たいスープ第二弾は、ヴィシソワーズ。
冷たくてスルスルと喉をとおる中にも、塩味がしっかりときいている。ウォトカのストレートにあわせてみた。
「ヴィシー風」という名前から、フランス料理と思われている方が少なからず居るようだが、アメリカで創られたスープである。そう、これは亜米利加冷汁。

バール イルソーレ Bar Il Sole
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)
日曜休み(祝日が関連する場合変動あり)
 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2013-06-27 : 洋食 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

エアマルタ 100便 クラブクラス機内食。Club Class in-flight meal on board KM100, May 4th 2013.

I started trip to get back to my home in last 4th May. I got on boar Flight KM100 from Malta Intl' Airport.
今年は、5月4日がマルタからの帰国の日。ロンドン経由でイくので、例によって搭乗するのは、マルタ国際空港を0720時に発つ、フライト・ワンハンドレッド(KM100:エアマルタ100便)。
0400時前に起床して、0500時にホテルをチェックアウト。前々日にリクエストしておいたホテル・トランスポートのドライバーは、ラッキーなことに、エクセルシオールに宿泊するようになって以来、仲良くしてもらっているジョーだ。

Lounge Invitation
I did not checked in Club Class Lounge. I still have lounge invitation.
例によって、諸事情によりクラブクラス利用だが、訳あって、ラウンジ利用は割愛。利用をしなかったがために、手許に残ったインヴィテーションがこれ。

Flight KM100
We got on board the plane on foot.
0650時に予定どおりゲートオープン、ターミナルから搭乗機材までは歩き(笑)

ミール
The meal served over Tyrrhenian Sea. It was a typical western breakfast.
定刻どおりの出発の小一時間後、シシリーを飛び越えて、チレニア海上空あたりで、ミールが供される。
前回以前とほぼ同じ、西洋の朝食といったカンジ。メインは、リコッタチーズを具にしたオムレツに、ソーセージとグリルしたトマト、マッシュルーム、ベーコンを添えて。大好きなグリルド・トマトがあるのが、個人的にウレシい。
セサミ付きのパンとクロワッサンは、温め直しとはいえ、ホクホクなカンジ。
オムレツにケチャップがほしい。次回は、携行調味料の中に、カゴメのミニパウチをいれておこう。

ミール
果物とヨーグルトが、しっかりめに添えられているのがウレシい。
ドリンクは、このフライトのなかでは、アルコールを一切摂らず。キ二ーを2杯。

The flight KM100 arrived at London Heathrow on time
今年もKM100便は、定刻よりやや早いくらいで、ロンドン・ヒースロー空港に到着。

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

2013-06-23 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

靴ずれ戦線 - 魔女ワーシェンカの戦争 - 速水螺旋人 作 全2巻

靴ずれ戦線、1巻2巻
「剣と魔法とドラゴン」というジャンルがあるが、この作品は「銃と魔法と戦車」である。あ、ドラゴンも出てくるけどね。
時代は大祖国戦争(※)、舞台は、当時ソ連であったロシアやウクライナから、ドイツにかけての東部戦線。時々、異世界にも飛び込む。過酷で悲惨な歴史の流れに、魔術、精霊、妖怪.....といったファンタジーの要素が絡み一話完結のスタイルで物語は進む。「共産主義者」と魔女という、本来相容れないモノのマッチングに、なにやらアネクドート(風刺小噺)じみたヒネクれたユーモアさえ感じる。
本編の各エピソードの間に掲載されているイラストコラムに、メカメカしいモノへの男の子の憧憬を思いっきりくすぐられるのは、一冊で二度おいしい?

あるとき、とおりすがりのある書店のコミック売り場で、「お試し読みどうぞ」と置かれた本作に出遭った。
ぱっと見、やれやれ、今流行りらしい「女の子と戦車モノ」かと思ったが、表紙イラストの戦車や軍装がシッカリと描きこまれているのや、戦車の砲塔に置いたサモワールでお茶するシチュが気になって手に取った。ページを開いて、見事、作者の速水氏、いや、魔女ワーシェンカの魔法にかかってしまった(笑)
出版社の営業と編集の皆さん、今更ながらですが、本を手にとっての出会いってやっぱり大切ですよ。

※第二次大戦のことをロシアではこう呼ぶ。



冒頭の画像撮影は、ショットバーアンドレ曽根崎店にて。
ロシアの代表的ウォトカ、ストリチナヤを置いてもらって。
 

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

2013-06-21 : 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

西班牙冷汁 Gazpacho!

After long over time work in Tuesday night, I call on Bar Il Sole at Nishinakajima.
Haruka sama who is a cameriera in that bar recommended me the tonight's special. That was Gazpacho. Of course, I ordered that.
火曜定例の西中島バールイルソーレ、席につくなり、カメリエーラのハルカさまが
「今夜はガスパチョがありますよ♪」
と最上の笑顔でリコメンド。本日のおすすめメニューに目を移すと確かに載っている。オーダー。
これで一杯目のドリンクも黒ビールに決まり。

ガスパチョ
First of all, I drunk this straight. This cold soup is my favorite one of Spanish cuisines.
ガスパチョとはスペイン・アンダルシア地方の冷たいスープのことである。
ま、夏暑くなる気候の土地には、先日の冷汁のような、その土地の名物たる冷たいスープ料理ってありがちなわけで。イルソーレのは、野菜たっぷりめに濃厚に作ってあって、冷たくしても、しっかりとしたウマミを感じられる。日本で食べたガスパチョのうちでは、こちらのと、Casa de Manoloのが、一、二を争うかな。両店とも日本向けのアレンジが巧みにできているかと。

ガスパチョ&ウォトカ
Next, I drunk Vodka and Gazpacho. This is like as rich taste Vodka Smoothie.
ガスパチョまだ有りとのことなので、二杯目はウォトカをガスパチョで割ってもらった。濃厚、食べるブラディメアリというカンジ。得意げにしていると、「それ、去年もやってましたよ」とツッコマレた。

バール イルソーレ Bar Il Sole
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)
日曜休み(祝日が関連する場合変動あり)
 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2013-06-20 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

そして伝説へ… - Twice UP of the legend -

バルマル・ピッツェリア・イタリアのグランド・オープン詣でのあと、翌日の定例会の段取りのために、バール・イルソーレに寄った。
ま、早いハナシ、ここでも一杯くらい飲んでイくかということなのだが、月曜はボクが絶大な信頼を置くハルカ様は不在、その次に信頼してるモッチーは、急に殺到したらしいお会計をさばくのにおおわらわ。
そういうことで、アルバイト・カメリエーラのつー様(19歳)に竹鶴のトゥワイスアップをオーダー。「何ですかそれ?」と訊き返されたので、ウィスキーと水を一対一で割ったものと説明、「わかりました。大丈夫ですよ」とドリンク場へ一旦さがるつー様。

I ordered Whiskey Twice Up at Bar Il Sole. The following served. What is it?!
Twice Up?
で、こんなん出て来た(爆)
これでも一口すすった後の画像。竹鶴と水の一対一の水割りをロンググラスにナミナミとサーヴしてくれたということ。これウィスキー2ショット以上あるやろ。アンドレ曽根崎のホリ店長にこの画像を見せたら「3ショット入ってる」とのこと。それにトゥワイスアップには氷入れんやろ(笑)
店長のシェフ・ウエダ氏は、シゴトそっちのけで、他のお客とのおしゃべりに大忙しなので、「将軍」こと、プリモ・ヒガシヤマさんをつかまえて、ショットの概念とか、メジャーはなんのために有るのかということを、きちんと教育しとけとセッキョー。
モッチーは責任感じたのか、会計のとき、ワンショット分の値段しかつけてへんかった(笑)
さらに、これ「つー様伝説のトゥワイスアップ」という名前で、メニューに加えるとのこと。値段はワンショット分とはちゃうけどね(笑)

バール イルソーレ Bar Il Sole
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)
日曜休み(祝日が関連する場合変動あり)
 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2013-06-16 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

やよい軒、今年も冷や汁やってるで - Hiyajiru and Tori-Namban -

エントリタイトルのとおり、先の火曜からはじまってる。
今年のメニューは「冷汁ととり南蛮定食」と、例年の「とり天南蛮」ではなくなっている。ま、なにはともあれ、本日、例によって、阪急高槻市駅ちかくの西島鍼灸整骨院で、マッサージと鍼の施療をうけたあとに、ブランチはそれでイってみた。

ビール&冷や奴
Today I was to a restaurant for brunch. First of all, I had Beer and Hiya-Yakko(Cold Tofu Tapa) for starter.
休日のブランチということで、定食が出てくるまで、冷奴をアテにビールを飲む。

冷や汁ととり南蛮定食
I ordered a Hiyajiru and Tori-Namban set menu.
冷汁(ひやじる)と とり南蛮定食キタヨー。ということで、まずは全体を撮影。

冷や汁
Hiyajiru is cold miso soup. It is local food of Miyazaki, Kyushu.
メインとかに寄ってみる。まずは冷や汁。

とり南蛮
Tori-Namban or Chicken-Namban, this is deep fried chicken and tartar sauce dish. It is local food of Miyazaki either.
とり南蛮。確かに、去年までのとり天南蛮とはかわっている様子。

焼きアジ
Grilled hose mackerel.
ほぐして冷や汁に入れる用の焼きアジ。
このまま、ごはんのおかずとして食べていいくらい、出来がよい。汁にいれる直前ではなくて、あらかじめ身をほぐすのがよいかと。

冷や汁
I dumped steamed rice and flaked mackerel into Hiyajiru. I ate this cool soup and rice by scooping with a ceramic spoon.
まずは、とり南蛮をおかずに、ごはんを三分の一くらい食べる。このとき、焼きアジのほぐし身をすこしばかりとか、皮も、ごはんのおかずにしてもよいかと。
で、のこり三分の二のご飯と、アジのほぐし身を冷や汁に投入する。氷を浮かしてキンキンに冷えてた冷や汁を、ご飯と焼きアジの余熱が、いいカンジの冷たさに調整してくれる。あとは、ちりレンゲでひたすらかきこむ。
雨が降るまでは、曇っていても非常に蒸暑く、このメニューにピッタリの天候でもあった。

テーマ : ブランチ
ジャンル : グルメ

2013-06-15 : 昼食/ランチ : Lunch : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バルマル西中島、グラン・オープンもカオ出した。

After the Premium Open Saturday, It was Grand Open of Bar Mar Nishinakajima in last Monday. Of course, I called on there either.
プレミアオープンだけではなく、グランドオープンにイってこそ、ホンモノの贔屓スジ。
ということで、バルマル・ピッツェリア・イタリアへ、先週の土曜のプレに続いて、先の月曜のグランドオープンにもイってみた。

水茄子とトマトのマリネ
First of all, I had a Marinade of Mizu-Nasu and Tomato. Mizu Nasu literally means 'Water Eggplant'. That sticky hot night, this dish made me fresh.
泉州水ナスとトマトのマリネ、パルミジャーノ風味。
かなり蒸暑さを感じるようになっていたこの晩、水ナスの文字通りのみずみずしさと、トマトのクール感がウレシい。

マグロのポルペッティーニ
polpette di tonno.
This is a deep flied meatball made from tuna meat.
シチリア風マグロのポルペッティーニ。
マグロの別名の「シビ」というのは、シシの味のする魚という意味からきているのだが、このポルペッティーニ(肉団子)は、その持ち味を120パーセント活かしてる。レギュラーメニューではなく、本日のおすすめメニューにあった一品だが、頼んで正解だった。

生ウニのペペロンチーニ
spaghetti peperoncini con ricci di mare.
北海道の生ウニと夏野菜のペペロンチーニ。
シンプルなペペロンチーニに、生ウニを絡ませて食べるのはまた良し。長時間残業した後で、夜も遅いので、先のポルペッティーニ同様にメッツォ(半量)サイズで。

さらに、窯焼きピッツァも食べたかったのだが、この夜遅くの独りでワンホールは無理があるのでここはガマン。ピッツァ以外の窯焼き料理とともに、また次の機会に誰か連れがいるとき。

バルマル ピッツェリア イタリア(BAR MAR Pizzeria Italia) 西中島
大阪市淀川区西中島3-15-7 新大阪プリンスビル1F
(地下鉄西中島南方駅、阪急南方駅からすぐ。JR新大阪駅から徒歩10分と少し)
Tel: 06-6886-1525
Open 18:00~26:00(Lo25:00)
日曜祝日休み(連休が絡む場合変動あり)
 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2013-06-15 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バルマル西中島、新装オープン。

バルマル西中島が、イタリアンに新装。昨日、プレミア・オープンにお招きいただいたので、イってみた。

ピッツァ窯
Bar Mar nishinakajima was an spanish bar. That was refurbished as an Italian bar.
ピッツァの薪窯が設えられたので、イルソーレグループがノウハウたっぷり持ってる窯焼きピッツァが食べられる。
6月10日にグランドオープン。

バルマル イタリアン ピッツェリア(BAR MAR Pizzeria Italia) 西中島
大阪市淀川区西中島3-15-7 新大阪プリンスビル1F
(地下鉄西中島南方駅、阪急南方駅からすぐ。JR新大阪駅から徒歩10分と少し)
Tel: 06-6886-1525
Open 18:00~26:00(Lo25:00)
日曜祝日休み(連休が絡む場合変動あり)
 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2013-06-09 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

イル・カミネット2周年  IL CAMINETTO on the second anniversary

It was 2nd anniversary of IL CAMINETTO the Italian osteria in Osaka down town. I call on there.
イルソーレグループ出身の北村ご夫妻が、南森町で営んでおられる、イル・カミネットが、2周年ということで、金曜日、ザンギョーを終わらせた後に、イってみた。
周年記念ということで、オーダーバイキングという形態をとっていて、フードは、このイヴェントのために用意したメニューから、4500円から、食べ放題となっていた。

タマネギ
Grilled fresh onion.
まずは、アンティパストの部から、淡路島産フルーツ新タマネギの香草パン粉オーブ焼き。
タマネギ好きのボクにはこういうのタマラン。

マルメラータ
Onion Marmellata.
やや遅れて「突き出し」として出て来たマルメラータ。
タマネギを、バルサミコで風味を整えつつ、じっくりと炒めてピュレ状にしたもので、パンに乗せていただく。マルメラータとは、そのとおり、マーマレードの意味である。
このタマネギ二品で、もはや悩殺され気味。

ポーク
Grilled 'Hakkin-Ton' Pork.
セコンドの部から、白金豚のロースのグリル。
塩コショウで味を整え、オリーブオイルが振られている。
まず、一切れ目をそのまま食べてみる。身は適度にテンダーで、サシのプリプリ感のバランスもよい。次の一切れは、バルサミコをすこし垂らして食べてみる。

ポーク
さっきのタマネギのマルメラータを追加でもらって、三切れ目以降に乗せて食べる。この食べ方を思いついたボクは勝ち組。

ポレンタ
Polenta with Seafood Ragu.
オーダーバイキングなので順番はあんま関係なく、セコンドの後に、プリモの部の、シーフードラグーソースのポレンタが出てきた。
じっくりと炊き上げたトウモロコシ粉の素朴なポレンタに、豊かな風味のシーフードラグーをあわせてるのが面白い。

パスタ
プリモ二皿目、シチリア風ケイパーペーストのスパゲッティ。
ケイパーと聞いて、塩辛いのではないかと身構えたが、ケイパーとアーモンドのペーストにトマトソースをあわせて作るソースは、塩味のカドはない。まろやかで風味豊かにしたジェノヴィエーゼというカンジ。

ポテト
Herb flavored Roast potato
こちらのお店に調理、フロアの両方のヘルプに入ってるサラサさんによる試作メニュー、ジャガイモのハーブ和え。酒呑み向けだわ。

牛
セコンド二品目は、上州牛ロース肉のグリル。

カヘラテ
ひととおり食べた後でいただいたカフェラテ。
皆さんでラテアート修行中とのこと。こちらは、先ず基本となるコーヒーの味がしっかりしている。

セミフレッド
Semifereddo Espresso Mousse.
ドルチェはエスプレッソのセミフレッド。
エスプレッソ風味のソフトアイスクリームのようなものなんだけど、クラッシュしたコーヒー豆やナッツが入った丁寧なつくり。

もともと少食なボクにとっては、今回のように、ちょっとずつ色々なものを食べられる、オーダーバイキング形式の催し物はとてもウレシい。色々なものを食べられて、ザンギョーの後に駆けつけた甲斐があるというもの。
北村ご夫妻、ごちそう様でした。
そして、二周年おめでとうございます。

二周年イヴェントは本日までなので、イきたい方はまた来年よろしくお願いします。

イル・カミネット(IL CAMINETTO)
大阪市北区東天満1-10-10 サンファースト南森町1F
(JR東西線大阪天満宮駅 2出口すぐ)
Tel/Fax 06-6948-8522
ランチ  11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナー 17:30~23:30(L.O.22:30)
月曜定休

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2013-06-09 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カンノーリ。Cannoli in Malta

As to cannoli, Sicily seems to be original, but is popular in Malta either.
カンノーリは、皆さんご存知のたうり、元々はシシリーのお菓子っぽいのだが、マルタでもポピュラー。
パスタ生地を筒状にまるめて、油で揚げたところに、リコッタチーズクリームに、クラッシュしたナッツやドライフルーツを練りこんだフィリングを詰める。
「本場」シシリーのは激甘らしいのだが、マルタのは、たいていそういうこともなく、日本人にもなじみやすいかと。

カンノーリスタンド
A stand of cannoli in Valletta.
ヴァレッタ、共和国通り沿いの高級食品店に、カンノーリ売りのスタンドができてた。

カンノーリ
Traditional Maltese cannoli at PARRUCCSN. These are standard sized.
先に訪れたパルッチャンでもカンノーリが売られてた。
これはスタンダードなサイズのやつ。チョコレート味のヤツもあり。

カンノーリ
These are tiny sized like as mens' thumb.
男性の親指よりひとまわり大きい程度の、小さいサイズのやつもあった。

カンノーリ
I bought thumb size Cannoli. I had these with coffee after breakfast in the day after.
パルッチャンで、小さいほうのカンノーリを買い、翌日、朝食のあと、アヂトにてコーヒーうけとして食べた。
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2013-06-05 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

菓匠パルッチャン April 2013 - PARRUCCAN Traditional Maltese Confections -

After lunch in TAX-XIHA, I and Tony san were to Rabat.
タッシーハでの昼食のあと、タ・アーリのアンソニーズで線銀細工のお土産を買ってから、ラバトへ。
そこでも、目的はお土産類の購入。伝統菓子店パルッチャンを目指す。

PARRUCCAN CONFECTIONERY
We call on PARRUCCAN Confectionery. He sells traditional Maltese nougats and confectionery.
トニーさんのミツビシ・ランサーから降りて、お店のほうを見ると、観光客、マルタ人の別なく、ひっきりなしにお客がやってきては何かを買っていってる。今日は繁盛しとるのぉ。
お客の波が途切れたところで、店主の前にひょっこりカヲを出すと、ちょいと驚いてくれてから「をを、今年も来たか」と歓迎してくれた。

PARRUCCAN CONFECTIONERY
Here's lovely confectionery.
ケースの中のお菓子たち。こういうのを見るのは、ええヲッサンになっても楽しい。
しかしなあ、上の画像ともども、ガラスに向かいの建物が映りまくり。せっかくレンズにサーキュラフィルター付けてたのに、こういう時にこそキチンと使わないと。反省。

PARRUCCAN CONFECTIONERY
Traditional nougats and cakes. I bought nougats and cannoli for souvenirs.
マストの商品である、手作りのヌガーは、お店の間口の両側に、ででんと積まれている。
店主と親しく言葉を交わすようになって3年、これら以外も色々味見する余裕が出てきた、つーか、馴れ合って図々しくなっただけか(笑)
お土産のためのヌガー何本かと、ボクとトニーさんに、小さなカンノーリを買って会計は13ユーロくらいだったか?15ユーロだして、お釣りいらないといったら、店主が「オマケ」と日本語でいって、ヌガーを追加で一本、袋のなかに入れてくれた。

PARRUCCAN CONFECTIONERY
I shall be here again.
店主ドノ、またマルタに帰省したときには来るね。

PARRUCCAN CONFECTIONERY
3, St. Cataldus Srt., Rabat,
MALTA
 

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2013-06-03 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

鮨処 竜敏 @ 夏の大北海道展

JR大阪駅の三越伊勢丹で「夏の大北海道展」やってたので、イってきた。お目当てはイートインの鮨処 竜敏。前回の「冬の大北海道展」でここの握りを食べて気に入ったので、今日のブランチはここにすると決めていた。
「余市」
他の人らが、広告チラシに大きく載っていた「うにの凍れ丼」をオーダーする中、ボクは、前回よりひとつグレードが上の「余市」というにぎりの盛り合せを頼んだ。
タネは、左手前から右へ、ボタンエビ、タラバ、ホッキ貝、ウニ、イクラ。左奥から右へ、マグロトロ、マグロ赤身、ホッケ、サーモン、ニシン。いくつかある北海道ならではタネの楽しみもさることながら、こちらのにぎりは、ワサビのきかせかたが、ボクにとっては過不足なく絶妙。次の北海道店でも出店してくれるなら、またイくで。
 

テーマ : ブランチ
ジャンル : グルメ

2013-06-02 : 朝食 : Breakfast : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

周年に一番乗り - Congratulations on the first anniversary -

It is 1st anniversary of Enoteca Irodori the Italian bar in Gion Kyoto.
イルソーレグループを通じて知り合い、その後、「親戚のヲッサンみたいなもん」といって、なにかとボクのことをかまってくれるオリイさんが、シェフをつとめるEnoteca Irodoriが、一周年をむかえた。そのお祝いもかねて、祇園まで食事に出かけた。

カンパイ
We toasted in celebration of this anniversary.
6月1日から、三日間、周年祝いということで、スプマンテが一杯振る舞われるとのこと、なんと、ボクが一番乗りということで、スタッフの皆さんとともにカンパイ。

前菜盛り
Antipasti misto.
This dish was arranged by home-cooked meal of the Kyoto-style.
アンティパストは前菜盛りでお願いした。右上から時計回りに、新タマネギと新じゃがのポタージュ仕立て、豚バラとからし菜の和え物。ブッコロリとベーコンのガーリックソテー、鶏と色々なお豆のスパイシー煮込み、アジのエスカベッシュ、ゴボウきんぴらバルサミコ風味。
Enoteca Irodoriらしい、野菜の持ち味を活かす料理が揃う。

パスタ
Primo piatto was Spaghetti alla Melanzane u Mozzarella.
プリモは、ナスとモッツァレラのスパゲッティ。
ナスのふわりとしたテクスチャと甘味、モッツァレラチーズのトロリ感と旨味を、スパゲッティでくるりと巻き取っていただいた。

ワイン
Villa Maria sauvignon blanc from New Zealand. This wine has clear and sharp taste.
アンティパストとプリモにあわせたのは、ニュージーランド産のソービニョン・ブラン。
冷たくてスッキリとした味わいが、傘が要るか要らないかというカンジ雨がしとしと振るうっとおしい天気の中、ありがたい。

オニク
Grilled leg of Quail for secondo piatto.
this is tasty meat.
セコンドは、フランス産ウズラもも肉のグリル。
もも四本でひと皿。本来は、アンティパスト・フレドのための一品で、調理前に、セコンドとして足りるかとオリイさんが心配していたが、もともと少食ぎみなボクにはちょうどよかった。
ウズラは玉子同様に、鶏よりも滋味深いな。

赤ワイン
Red wine from Friuli, Italia.
イタリア北部、フリウリ州産のネロターボラをセコンドにあわせた。
スッキリした飲み口のなかに、行き過ぎではないがシャープなタンニン感があり、この時期に、12〜13℃くらいで頂くのがよいかも。

リモンチェッロ
Digestivo was chilled limoncello.
ディジェスティーヴォは、キンキンに冷やしたリモンチェッロ。
もう夏は近いね。

エスプレッソ
エスプレッソ
Double Espresso.
The design of cup and saucer is an owl. I love owl.
エスプレッソはダブルでいただく。
もちろん、カップと受け皿の意匠は、ボクの大好きなフクロウさん。

ジェラート
Dolce was Homemade Gelato.
There is three tastes vanilla, chocolate, and espresso.
ドルチェは、店長兼ソムリエールのかこサンお手製のジェラート。左上から、時計回りに、バニラ、ビターチョコレート、エスプレッソ。皿のうえにクラッシュしたナッツ類を散らしてくれてるのもニクいね。

オリイさん、カコさん、今回も色々とこぢそうさまでした。
そして、一周年おめでとうございます。

Enoteca Irodori ~彩り~
京都市東山区大和大路通四条下る三丁目 博多町61
TEL: 075-551-8464
ランチ: 12:00~15:00 (LO 14:30 6月7日までは休業)
ディナー: 18:00~26:00(LO 25:00) 
定休:水曜
 

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2013-06-02 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カフェグレーンウィスキーとアップルブランデー - Coffey Grain Whiskey and Apple Brandy -

Ms.Nagahama who is a bartendress in SHOT BAR Andre. She was to Yoichi, Hokkaido two weeks ago.
ショットバー・アンドレ DDハウス店のバーテンドレス、ナガハマくんが「マイウイスキー作り体験」というウィスキー醸造研修みたいなのに参加するために、半月前に北海道の余市にイって帰ってきたとのこと。

Tasting Grain Whiskey & Apple Brandy
I tasted with the Single Coffey Grain Whiskey and the Apple Brandy which are her souvenir from Hokkaido. Coffey Grain Whiskey is taste like Malt Whiskey. Apple Brandy has unique character.
そのお土産のお相伴にあずからせていただくといったカンジで、シングルカフェグレーンウィスキーと、アップルブランデーをテイスティングさせてもらった。
カフェグレーンはニッカらしく、風味のまるみというか、まろみが、高いアルコール度数のカドを抑えている。モルト愛好家の中には、グレーンウィスキーを馬鹿にしてかかる方もいるが、この製品は、イヤミな雑味もなく風味深くまろやか。ブラインドテストしたら、大抵の人はシングルモルトと応えるのではないだろうか。ちなみに「カフェ」とは、コーヒーのことではなく、連続蒸留式スティル・ポットの発明者の名前。
アップルブランデーのほうは、逆に風味にカドが立ってたなあ。トゥワイスアップにするとか、飲み方を変えてみると、カドが取れるのかも。

あくまでも、個人的なお土産だから、オーダーしても出ないぞ。つーかすでに両方とも無くなってるかと。一周間前のハナシだし。
故に今回は店舗データは書かず。

テーマ : Shot Bar
ジャンル : グルメ

2013-06-01 : バー/お酒 : Bar & drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター