FC2ブログ

魯山人気取りにバノフィーパイ

5月1日の午後は、長年の親友、デイヴィッドさん&イザベラさんのご夫妻に、「アフタヌーン・ハイティー」へご招待されていたので、午前にヴァレッタで「イン・ガーディア」を見物して(この件はまた別途)から、バルツァンのお二人のフラットに、トニーさんとともに訪問。

あらかじめ、ムール貝がメインだと聞いていたが、フラットに招きいれてくれたイザベラさんが「今日はマグロのカルパッチョもあるわよ」と告げ「生の魚は大丈夫?」とも訊く。
ボクは日本人、そんなんむしろ好物やで。つーか去年ディナーに招いてくれたとき、メインはマグロだけど、どういう料理で食べたいか訊いてくれたから「刺身!」って応えたやろ。
即座に却下された
けど(笑

アーティチョーク
まずは、アーティチョークのグリルを、シシリーの白ワインとともに

ゴートチーズ
ブレますたがこれ、リコッタチーズかと思ったら、ヤギのチーズのフレッシュなヤツ。
豆腐のような味と食感で日本人にも馴染みやすいかも。

ブルスケッタ
もう一組ゲストの奥様が作ってくれたブルスケッタ。
「ブルスケッタ大好きなんだよなー。春夏秋は、いきつけのイタリアンバールでは、いつもブルスケッタをアンティパストにする」といいながら、ニコニコしながら食べたら、すごく喜んでくれた様子。

カルパッチョ
マグロのカルパッチョ。
ここでカバンから、チューブ入りのワサビと、100mlサイズの醤油を取り出す。
これは、ジャパニーズ・ホースラディッシュ、つまりWASABIだ。これをちょいとカルパッチョにのせて、ちょいとソイソース垂らして食ってみ、ウマいで。とすすめてみる。
なんかトゥール・ダルジャンで粉ワサビを溶いた北大路魯山人(※)みたいな気分だ。一歩間違えれば無礼千万もいいとこだな(笑笑
ご夫妻とも、ピリ辛系が好きなのだが、試してみて、ワサビの香りとシゲキも気に入ったらしい。マルタでも、スーパー・アーケディアなんかでチューブ入りワサビが買えることと、醤油はゼッタイに日本醤油を使うようにと伝えておいた。
それよりも大事件、トニーさんがカルパッチョ食べた。玉子料理ですら、絶対ウェルダンかハードを望むトニーさんが生魚食べた。次は寿司に挑戦だ!!

この後、多分初めてマルタ産の牡蠣を、焼き牡蠣にして食べたのだが、画像撮影漏れ。この日一番の時痛恨

ムール貝
いちおう、この日のメインのムール貝。
皆でとりわけて、皿に残ったスープもパンですくって食べるよ。

バノフィ
デザートはバノフィー。
だいぶ昔に、これまたご夫妻といっしょに食事にいった、モスタのThe Lord Nelsonで、デザートに食べたのが忘れられず、来るたびにあのバノフィー食いたいと言い続けていたので、とうとう作ってくれたらしい。

上の画像では、器にホイップが浮いてるだけみたいで、なんのこっちゃなので、とりわけたところの画像も。
バノフィ
オールグレーンクッキーを砕いてからバターでまとめたような台生地に、スライスしたバナナ、トフィークリーム、
ホイップクリームを重ねてつくる。トフィークリームの作り方がなかなか面白いので、興味ある人は調べてみるとよいかと。ちなみにバノフィーとは、バナナとトフィーを合わせて作られた名称。

「アフタヌーン・ティー」といいながら、お茶は一杯も出ずワインをばかり飲んでた。
その上、フードのボリュームが大きくてほとんどディナー(笑
グラッパ
バノフィーの前に、グラッパで「別腹」作ってやったわい。

ドルチェワイン
さらに、バノフィーは、ドルチェワインといっしょに。

イサベラさんに、「今日はサクラナッツ(マルタ語でヨッパライ)になったらあかんで」って、あらかじめ言われていたんだけどね(笑


※:このエピソードについては、今日言われるような悪意があったわけではなく、そのような食べ方もあるという例を示したわけであり、トゥール・ダルジャン側も、シェフや支配人がその様子を興味深く見、試食した。

テーマ : マルタ共和国
ジャンル : 地域情報

2011-05-18 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
( ^ω^)酢が寿司と共通してる、というのは無理やりでそかw
2011-05-18 20:00 : ウンコタン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター