FC2ブログ

十勝ワインとボジョレと、すき焼きと

先週の十勝一泊贅沢旅で、現地のネット友のソネさんから、お土産に十勝ワインの白をもらった。
十勝ワインとかち葡萄酒
ソムリエールのミナコさんに批評してもらうことも狙って、バール・イルソーレであけてみた。
ミナコさんいわく、口にふくむと、蜂蜜の香りがしっかりしてそれでいて、飲んだ後の酸の切れが非常によくて、後味よくおいしく飲めて、どんな料理にもあわせられるとのこと。ほかのスタッフの評判もよかった。シェフのウエダ氏いわく「これって、高いモノではないんですか」とも。
トカップとカルボナーラ
プリモのハマちゃんがつくってくれたカルボナーラといっしょに。もちろんあう。
コルク
コルクには、醸造地である十勝の池田町の名前。


ボジョレ
今年のボジョレー・ヌヴォウは、バルマル・エスパーニャにて一杯目を飲んだ。
夏が暑かったので、今年のボジョレはウマいだろうと思っていたのだが、正直期待ハズレ。イタリアワインのノヴェッロ(ヌヴォウと同じ意)のほうが、ずっとおいしかった。
アテは、イイダコのフリット。イイダコはこれから美味しくなる季節、こっちは期待はずれにならないように。


バール・イルソーレのスタッフと常連有志によるイルソーレ卑しい斥候隊、今月のミッションはすき焼きパーティー。斥候隊の名に反して、会場はイルソーレのすぐ近所にある、常連コバシさんの部屋。
すき焼き1
お肉以外の具はこんだけ用意したよ。これら買い出しと下ごしらえの担当はボク。ゴボウはぜったい外せない。春菊は今回どうするか迷ったが、おいしいと評判よかったので、買っておいてよかった。
すき焼き2
関西風なので、まずは、牛脂で熱した鍋に脂をひいて、牛肉を焼く。いきなり割り下から煮だす関東風は、厳密にはすき焼きではなくて「牛鍋」だろう。
すき焼き鍋は直径30cmのやや大きめのヤツ。総勢5名にはちょうどいい大きさ。ミナミの道具屋筋で買って来た。
すき焼き3
ちょっと火が通って、赤い色がまだ残っているところで、砂糖をまぶす。
わり下
肉が脂と砂糖になじんで、肉の焼ける匂いと、砂糖の焦げる匂いがあいまって、なんとも香ばしくなってきたら、醤油と酒、みりんを注いで鍋のなかで割り下をつくる。ここまでは、プリモのハマちゃんが担当。
すき焼き3
肉に火が通ったら、どんどん上げて食べていく。そのそばから、今回の「奉行」シェフのウエダ氏が野菜などもいれて体裁をととのえていってくれる。
すき焼き4
お肉は、イルソーレ側が、ご商売のツテですごくいいのを、安く引っ張ってきたくれた。1.5kg用意したのだが、いい肉だから、一人あたり300gなんて、カンタンにツルツルとはいっちゃう。
すき焼き5
ひょっとしたら、野菜なんかがあまるかと思ったが、この画像でバットに残っている麩もこのあと全部食べちゃった。

後片付けほとんどせずに散会となってしまった。コバシさんごめんね。
2007-11-18 : 和食 : Japanese cuisine : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-25 16:32 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター