FC2ブログ

で、結局、夕食は.......

ロンドンでの夕食は、結局、先ほどのホテル内のCallagharns Irish Pubへ。
今回の宿、HOLIDAY INN HEATHROW M4,JCT.4は、空港利用者をメインにしているホテルらしく、周辺にはなにもないが、ホテル内でたいていのことは完結できるようなにしている感があり。

事前のネット検索では、このパブ、アイリッシュシチューがご自慢らしいのだが、フードメニューに載っていなかった。とにかく、サクっと食べて、風呂浴びて眠りたいということで、無難にフィッシュ・アンド・チップスをオーダー。

ale
エールが飲みたい気分だったので、ニューキャッスル・ブラウン・エールをもらい。最初ごくごく、中盤以降はチビチビやりながら、料理の到着を待つ。

調味料
まず、カトラリー、塩コショウとともに、調味料がボウルに盛られてもってこられる。
使い切りパウチのモルトビネガー、タルタルソース、ケチャップ、イングリッシュマスタード、ウスターソースなど、こんなふうに盛られると、賑やかで鮮やかで楽しいね。もちろん、フッイシュフライには、モルトビネガーをかけるよ。

Fish 'n Chips
で、来た。タップリのチップスの上に、ボテっと白身魚のフライ。かなりのボリューム。
フィッシュン・チップスは、店によってピンキリ評価になるのだが、こちらのは、生地がパリっとしてて、それでいて厚みは適当、魚の身もふんわりしてて、かなり出来のよいものと評価できる。グリーンビースを軟らかく煮たのがそえられているのは、マメ食い民族日本人にはうれしいし、一緒にそえられた、タルタルソースは、マスタードが適度にきかせてある。これは、おもにチップスにつけて食べた。できたてのアツアツだったんで、口の中ヤケドしちまったわい。
ほいでも、ボリューム多すぎて、ちょっと残しちゃったんだよな。エールと合わせて、15ポンド。今、円に対してスターリングポンドがびっくりするほど安いのだが、この値段、やっぱりロンドンは物価高いと感じずにいられない。ホテル中料金だとしても。

本日のリコメンドの黒板書きに、リブアイステーキってのもあったのたが、たぶん、とんでもないボリュームになったたろうから、今回はパスして正解だったのかも。

11月23日の歩数。アジトからこのホテルまでで、7603歩。意外に歩いてない。
 

テーマ : イギリス料理
ジャンル : グルメ

2011-11-24 : 洋食 : Western influenced Japanese cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
イギリス名物フィッシュ&チップですね~
英国からブログや2ちゃんにレスできるんですね
2011-11-24 21:05 : おおいたんちゅ URL : 編集
No title
( ^ω^)こんだけだと腹減りまへんですたか?
2011-11-26 17:32 : ウンコタン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター