昼晩つづけてイタリアンかよ。

一週間ほど溯る。
11月19日のカーラ・ラガッツァでの昼食、それに続く京都散策の後、夕刻、新大阪に戻り、西中島のバールイルソーレへ。
昼に続いて、夕食も伊太メシかよ(w ボクは一向にかまわんが。

オーナー・ナカニシさんと、シェフ・ウエダさんが、伊太利研修旅行の成果を披露する「イタリアフェア」の、フィレンツェ料理をテーマにした第一回が開催されていたのであった。
この晩、料理は基本、プリフィックスのコースで。

アンティパスト
アンティパストは、モルタデッラ(サラミ)、プロシュート(生ハム)と、鶏レバーパテのクロスティーニ。

リボリータ
今回のコースはスープもあり。
鍋の中にパンをちぎるか、スライスして入れて、そこへ、別の鍋で作った野菜のスープを注ぎ込んで、すこし煮込むリボリータというスープ。まあ、パン粥みたいなカンジか。ボクはこれ好きやね

プリモ
プリモは、エゾ鹿のラグーソース、パッパルデッレ。
クセのないラグーソースは、香味野菜、赤ワインで煮込むラグーソースにぴったりで、2センチ幅の手打ちの太麺、パッパルデッレは、フォークで巻き取りやすくて食べやすい。

アリスタ
茶美豚のアリスタ。
アリスタとは、豚ロース肉に、ニンニクとローズマリーを刺し込んで、じっくりローストした料理。ニンニクとローズマリーの風味がしっかり移っているので、他にソースを必要としない。あしらいの白インゲンがまたよい。豆類って、豚肉にあうのって、以外に皆知らないんだよな。

マチェドニア
ドルチェはマチェドニア。

この催しのコースには、ワインもセットになっていた。
アンティパストとスープにあわせたのは、ヴェルナッチャ・ディ・サンジャミーノ。中世から続く古い銘柄の白。
プリモには赤で、フォンダイオ・モレッリーノ・ディ・スカンサーノ。
マキアベッリ
そして、セコンドには、「わが友」マキアヴェッリ。

第一回と銘打ってるからには、第二回、第三回もあるんやろね。期待してまっせ。

バール イルソーレ
大阪市淀川区西中島5-11-10 第3中島ビル1F
(JR新大阪駅から徒歩7~8分程度。地下鉄新大阪駅から5分程度)
TEL: 06-6886-3362
営業時間
11:30~14:00(Lo)
18:00~22:00(Lo)
日曜祝日休み

 

テーマ : 西中島・新大阪界隈
ジャンル : 地域情報

2011-11-27 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
( ^ω^)スープいい感じですにゃぁ~♪
2011-12-03 20:00 : ウンコタン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター