えげれす侮り難し

ジブラルタルへの弾丸旅行の往路一泊したHOLIDAY INN HEATHROW M4,JCT.4では、朝食は6時からサーヴされているらしい。早朝のフライトを利用する人らへの配慮だらう。
アメリカ資本のホテルらしく、ブフェ形式だが、イングリッシュ・ブレイクファストのメニューが中心になっている。

イングリッシュ・ブレイクファスト?
ボクはこういう取り方をしてみた。
メインの皿は手前から反時計回りにいこうか、グリルド・トマト、グリルされたベーコンにソーセージ、グリルド・マッシュルーム、玉子はポーチドエッグで、ブラウンソースをかけて。ハッシュド・ポテト、これだけはアメリカ料理だな(笑 真ん中には、ベイクト・ビーンズ。
こういう場面ではあんまりパンを摂らないのだが、ここはエゲレスらしく、トーストを1枚。果物はありがたいことに、ピンクグレープフルーツがあったので、それを中心に、プレーンヨーグルトをかけて。
イングリッシュ・ブレイクファストみたいなものができたかと。サマセット・モームをして「英国でおいしい食事をしたければ朝食を日に三度摂れ」といわしめたように、かなりイケてる。
玉子は、ポーチドエッグのほかに、スクランブルドがあらかじめ用意されているが、頼めば、フライドやオムレツも作ってくれるかと。
こんとき、ケータリング・カウンターのむこうのキッチンにいて、玉子を料理していたお母さんが、とにかく明るくてチアフル。このお母さんとの挨拶と短い会話が、また朝食をおいしいものにしてくれるカンジ。


成田、ヒースロー間は、マイレージの特典を使って、プレミアムエコノミークラスでのフライトだが、ヒースロー、ジブラルタル間は、出費を極力抑えるために、ディスカウントチケットでのエコノミー。

BA490便のエコノミークラス、ケータリング
往路、ジブラルタル行き、BA490便のケータリングは、ローストチキンとローズマリーマヨネーズのサンドウィッチ。

BA490便、サンドウィッチ
パンをスライスしたところへマヨネーズ塗って、ローストチキン挟んだだけのシロモノ。「歯並びの悪さが恥ずかしい」断面を撮る手も萎え萎えで手ぶれ。
やっぱ、えげれす料理ってこの程度のもんなんか。


ジブラルタルから、ロンドンに戻るBA491便のエコノミークラスのケータリングも、サブマリン・サンドウィッチ。
BA491便、エコノミークラス・ミール
このターンは、ハムとチーズが具。

BA491、ケータリング
袋から完全に取り出した状態を撮影。結構ルックスがよい。

BA491便、サンドウィッチ
食べてみて、ハムチーズ、バター、マヨネーズだけでなく、トマトソースも入っているのが結構きいてる。かなりイケてる、これ。やはり、えげれすも侮り難し。たしかに、ジェイミー・オリバーを育てた国だもんな。

テーマ : 機内食
ジャンル : グルメ

2011-12-13 : 旅のごはん/駅弁/機内食 : Meals on travel : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
( ^ω^)ジェイミーはイタリアで勉強したんですおね?
2011-12-22 19:40 : ウンコタン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター