やきにく ソウル。

なんかヘコんでいるように見えたのだろうか、6月4日の月曜、バルマル・エスパーニャ西中島で店長のクラタさんが「そうだ、7月15日に、焼肉食べにいきましょう!!」と元気づけるように声をかけてきた。
なんかあのころヘコんでいたか、今以上に疲れていたのような気がする。

ソウル
そして、日にちは進み、7月15日、クラタさん、クラタさんの奥さん、バルマルのシェフのキム〜、スタッフのドイ君、そしてボクの5人が、大阪ミナミ、難波本町の炭火焼肉のお店ソウルに集合。
クラタさんの送ってきくれた地図に案内されて始めてやってきたのだが、ここ、カツカレー発祥の店、カツヤの近所やん。

タン塩
まずは、焼き網が新しいうちに、タン塩を焼く。焼き面に焼き色がついたら、小皿にしぼったレモン汁にさっとつけて食べる。

ハラミとバラ
さらに、ボクにとっては、焼肉といえば、まずはこれ、ハラミとバラ(骨無しカルビ)。
トングをもって、どんどん焼いていってくれてるのは、キム〜。こないだのBBQのとき同様、この好青年はよく働く。自分が食べたいだけ、ちゃんと食べられたのだらうか。

この後、豚バラと、ハツを食べたのだが、話とかに夢中になって、撮影モレ。

ロース
焼き網を新しいのに替えてもらって、タン塩をもうワンバッチ焼いて食べてから、ロースを焼く。
この時までに、ボク以外の4人は白ご飯をたべてた。さすが、若いからよく食べはるわ。

ピビンネミョン
シメはピピンネミョン(混ぜ冷麺)。
他の4人とちがって、ごはんはとってないとはいえ、ここまで結構食べているので、量は小。辛さも選べるのだが、ここは普通で。
むかし、韓国出張にいった折、食べてみようと思っていたのだが、色々な理由で叶わず。このときが初めてとなる。コシのスゴく強い韓国冷麺の扱いに、最初苦労するが(これって食べる前にハサミで切るのでは?)、慣れてくると、具、タレ、麺のバランスがよくていい。歳をくうとともに、辛味耐性も衰えてきてるので、辛さ普通でオーダーしたが、次回は、もっと辛い目でもいいな。

お値段なりに味、量とも満足のいく夕食だったな。元気でたよ。
みんな、また連れてってください。

ソウル
大阪市浪速区元町2-7-24
06-6643-3644
営業時間 17:00~01:00(L.O.24:45)
木曜定休(但し祝日・祝前日は営業)

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012-07-19 : 焼肉/焼鳥 : Yakiniku & Yakitori : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター