FC2ブログ

夏休みの夕食をジッジで。

昨日、8月12日は、バールイルソーレのウエダ店長と、芦屋のオステリーナ・ダ・ジッジ(Osterina da Giggi)に、夕食にでかけてみた。

アペリティフ
一杯目はお店からの一周年のプレゼントで、フェラーリ・ブリュット。

チーズのサラダ
アンティパストの一品目は、カメリエーラ兼ソットシェフのニシカワさんのリコメンドで、プーリア産のチーズ、ブッラータとトマトのサラダ。
このチーズ、外側がモッツァレラのようにもっちりしてて、内側はトロリとクリーミー。なんじゃこれわと思い、あとで調べてみたら、モッツァレラ様のチーズ生地と、生クリームを巾着につつんで作るんだそうな。

サリーナビアンコ
ワインは、まず、シシリー産の白で、サリーナ。
梨のような甘味と、ハチミツのような匂いがあり、この日のように暑い中、冷やして飲むのによい。

パン
フォカッチャとバゲットもちゃんと店で焼いてるんやで。

魚介系アンティパスト
アンティパスト二品目は、ペスケリア(魚屋さん)の前菜盛り合せ。
カルパッチョからフリットまで、それぞれの食材にマッチした調理がなされたものが盛られている。

オニク系アンティパスト
アンティパスト三品目は、マッチェレリーア(肉屋さん)の前菜盛り合せ。
六種盛りに、さらに自家製ピクルスも添えられているのがウレシい。

いろいろな貝のスパゲッティ
プリモで、ウエダさんのオーダーした、色々な貝とモロッコインゲンのスパゲッティ。
頼んだのはウエダさんだが、もちろん2人でシェア。貝のウマミと、インゲンのテクスチャとウマミがタノシい。

ボッタルガトンノのリングィネ
ボクのオーダーで、ボッタルガ・トンノ(マグロのカラスミ)のリングイネ。
もちろん、ウエダさんとシェア。ボッタルガのスライスが、ゼイタクに大胆に使われている。そのウマミと塩味が、一房はいってた鷹の爪のピリ辛感と香りがアクセントになってタマラン。

赤
このへんで、ワインは白が空いたので、赤にするよ。これまたシシリー産で、イル・フラッパート。
銘柄にもなっている、フラッパートというシシリー固有種で醸造されたもので、ボディが重いものの、タンニン感が少なく、冷やして飲むのがもおいしい。もちろん、この晩はしっかり冷えたのをいただいた。

スペアリブ
セコンド。ボクのオーダーでスペアリブの炙り焼き。
もちろん、ウエダさんとのシェア。骨に近いとこの肉はウマミが濃いので大満足。

肉じゃが
ウェダシェフのオーダー。ラムチョップのシシリー風の肉じゃが。
軟らかく煮込まれたラムチョップに、程よく煮込まれたペコロスと、ジャガイモがウレシい。

ディジェスティーヴォにグラッパをいただいた後、ドルチェに。

桃のコンポート
ウエダさんは、桃のコンポート。
こちらのシェフのホソミさんが作ると、ジュレ寄せのジェラートのせとなる。

ショコーラーデン・アーモンド
ボクは、アーモンド入りのショコラータ。
これもジェラート添えとなるが、これらジェラートもお店で手作りしている様子。

エスプレッソ
エスプレッソの器もイカしてま。

シェフのホソミさんは、主にシシリーで修行されたので、シシリー風にボリュームが多くなる。美味しいモノがお腹がはちきれそうなくらい、一杯食べられた幸せな夕べだった。

Osterina da Giggi (ジッジ)
営業時間 15:00~24:00(食事は18:00より)
水曜定休
兵庫県芦屋市浜芦屋1-27
TEL: 0797-78-8141

予約推奨 
 

テーマ : イタリアン(関西)
ジャンル : グルメ

2012-08-13 : イタリア料理 : Italian cuisine : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター