靴ずれ戦線 - 魔女ワーシェンカの戦争 - 速水螺旋人 作 全2巻

靴ずれ戦線、1巻2巻
「剣と魔法とドラゴン」というジャンルがあるが、この作品は「銃と魔法と戦車」である。あ、ドラゴンも出てくるけどね。
時代は大祖国戦争(※)、舞台は、当時ソ連であったロシアやウクライナから、ドイツにかけての東部戦線。時々、異世界にも飛び込む。過酷で悲惨な歴史の流れに、魔術、精霊、妖怪.....といったファンタジーの要素が絡み一話完結のスタイルで物語は進む。「共産主義者」と魔女という、本来相容れないモノのマッチングに、なにやらアネクドート(風刺小噺)じみたヒネクれたユーモアさえ感じる。
本編の各エピソードの間に掲載されているイラストコラムに、メカメカしいモノへの男の子の憧憬を思いっきりくすぐられるのは、一冊で二度おいしい?

あるとき、とおりすがりのある書店のコミック売り場で、「お試し読みどうぞ」と置かれた本作に出遭った。
ぱっと見、やれやれ、今流行りらしい「女の子と戦車モノ」かと思ったが、表紙イラストの戦車や軍装がシッカリと描きこまれているのや、戦車の砲塔に置いたサモワールでお茶するシチュが気になって手に取った。ページを開いて、見事、作者の速水氏、いや、魔女ワーシェンカの魔法にかかってしまった(笑)
出版社の営業と編集の皆さん、今更ながらですが、本を手にとっての出会いってやっぱり大切ですよ。

※第二次大戦のことをロシアではこう呼ぶ。



冒頭の画像撮影は、ショットバーアンドレ曽根崎店にて。
ロシアの代表的ウォトカ、ストリチナヤを置いてもらって。
 

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

2013-06-21 : 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター