FC2ブログ

ある職種には「高プロ」は必要

Pardon, captions on this entry are Japanese only.
 
テネリフェの惨事」をご存知だろうか。大西洋のカナリア諸島テネリフェ島で、パンナムとKLMのボーイング747ジャンボ機が滑走路上で衝突し、死者538人を出した大事故である。この死者の数は、航空機災害において、搭乗者死者数では、いまだなお最悪である。
テネリフェの惨事
【gif動画 wikipediaより】
事故機は二機とも、本来の目的地である同じカナリア諸島のグラン・カナリア島のラス・パルマス空港の閉鎖により、テネリフェにダイバート(代替地着陸)させられており、長時間待機させられていた。
KLMの乗務員は、オランダの超過勤務に対する規制、違反すれば会社だけではなく、乗務員自身もライセンス剥奪などの厳しい制裁を受けるそれに対して、強い焦りを感じていて、それも、この惨事の原因の一つになった。
こういった出来事を引くと、社会やインフラの安全を守る職種には、「高プロ」のような制度が必要だろう。もちろん、賃金やその他の制度で、その立場、権利、心身を守られることが前提。

はたまた、災害派遣(あるいは防衛出動、治安出動、警備行動)下の自衛隊員、日本の主権水域を守る海上保安官などこそ、何らかの裁量労働制によって、その権利や心身が守られるべきではないのか。「自衛隊は人殺し集団」と称する共産党や、日本よりは特定アジア国の利益利権のために活動する野党6党などや、そのシンパにとっては、そんなことは知ったこっちゃないってことか。
 

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

2018-05-26 : 社会・生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター