FC2ブログ

スタンフォーズ書店移転してた - Stanfords Has Moved -

5月5日、郵便鉄道・郵便博物館を見学したあとは、フリーソーメン博物館も再訪してみたいとも思ったが、日曜は開いてないということなのでその近くの地図・旅行所専門書店のスタンフォーズに行ってみることに。
地下鉄の最寄り駅はコヴェントガーデンだが、そこだとホームから地上の改札階に上がるのが大変なので、二回目の訪問からはひと駅西のレスタースクエアで下車して、ロングエーカー通りをコヴェントガーデンのほうへ向かうようにしている。
5th May, after leave Mail Rail & Postal Museum, I got to Leicester Square by tube. I called on Stanfords book shop.
Stanfords
レスタースクエア~コヴェントガーデン間は、ロンドンの地下鉄のうちで駅間距離がもっとも短く、二百数十メートル程度しかない。歩いてみても全然タイシタことない。
で、歩いていくと、ロングエーカー沿いにスタンフォーズが見えてきたけど、なんか店の前のフンイキがおかしい。
However, They have moved.
Stanfords
なんと、このなじみの店舗を閉めて移転していた。

Their new property is here.
Stanfords
コヴェントガーデンのほうへいってふたすじ目の路地をはいったとこにある新店舗がこれ。なんとも凡庸な味気ない建物になっている。旧店舗は売り場が4フロアあって、各々で専門性を持たせていたのだが、新店舗は、地上階が地図旅行関連書籍と関連グッズ、地下階が地図、旅行書全般といった2フロアの売り場構成。
ちょっとしたものを買って、会計のときに店員のねーちゃんに、ここは仮店舗(テムポラリー)なのかと訊いたら、恒久店舗(パーマネント)だとの返答。ロングエーカー沿いの店舗はどうなるとさらに訊ねたら、とにかく閉店、建物はどうなるかは知らないとのこと。
Stanfords
地下階、旅行ガイドブックのコーナーでは、日本への関心が高かまったからか、ありがたいというか、誇らしいというか、書棚まるまる一つ使って日本関連の書籍を扱っていた。こういう扱いになっていたのは、他にアメリカ合衆国、フランス、イタリア、ギリシアくらいだったかと。えっ、「ウリナラ・ナンバーワン」のあの国?そっとしといてあげやう(笑哂嗤)
I bought somethings at new shop of Stanfords. When I checked out I asked shop clark 'Is here temporally shop?'. 'Here's permanent'she replied. 'How is the shop at Longacre? How is that construction?' I asked again. 'There was closed, I don't know about the property at there' she said.
Stanfords
世は無常ということはわかってはいるがロングエーカーに面した旧店舗は建物も好きだっただけに、残念で寂しい。
で、もうスタンフォーズには来ないかというと、近場に来たらやっぱり寄るな。だって扱ってる品物がやっぱり面白いもん。

Stanfords
7 Mercer Walk, Covent Garden, London
Tel: +44-20-7836-1321

http://www.stanfords.co.uk

テーマ : ロンドン
ジャンル : 海外情報

2019-07-08 : Archive : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター