FC2ブログ

カラヴァッジョ展 - Caravaggio Exhibition -

先の火曜日、警察施設内でカツ丼を食べたあと、せっかく有給取得してるので、あべのハルカス美術館で開催されているカラバッジョ展を観覧しにいった。
地上波テレビは朝のニュース以外はほとんど見ないし、新聞よりもネットなので、それなりの宣伝がされてるの知らなかった。それがためか、平日の正午10分前の入館にもかかわらず、結構観覧者がいた。ちなみにボクがこのカラバッジョ展のことを知ったのは、先般の兵庫県立美術館にてチラシをピックアップしたから。
Abeno Harukas
After renew my driving license, I called on Abeno Harukas Art Museum in southward of Osaka downtown. They hold Caravaggio Exhibition.
カラヴァッジョ展
館内は撮影禁止なので、入り口近辺の画像で茶を濁す。
出品されていない、カラバッジョ最大の作品「洗礼者聖ヨハネの斬首」や、「執筆する聖ヒエロニムス」をマルタで数回観てることに勝ち組感を抱きつつ観覧。しかして、「闇」を巧みに使うと感じていた作風は南伊やマルタへの逃避行の頃からのものであると認識をあらたにした。目録に「洗礼者聖ヨハネの斬首」などの収蔵が「サン・ジョバンニ大聖堂」となっていることに、え?間違ってる?!と一瞬混乱したが、伊太利大使館と伊太利文化会館の後援なので伊太語書き下し表記にしとるのか。日本人には「聖ヨハネ大聖堂」とした方が馴染みやすいよ。実際のところ、マルタでは、伊太語より英語の方が通りがよい。
マルタの「洗礼者聖ヨハネの斬首」と「執筆する聖ヒエロニムス」は、1990年代や2000年代には撮影可だったのだが、残念なことに撮ってないな。

カラヴァッジョ展
あべのハルカス美術館にて 2月16日まで

https://www.aham.jp
 

テーマ : 美術館・美術展情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2020-02-06 : 博物館・美術館 : Museums : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター