FC2ブログ

イル・リッツでランチ

7/30日、マルサシロクの「朝市」のマリアおばちゃんの屋台で、リキュール類などのお土産を買ったあと、イル・リッツでランチにすることとした。2008年は来なかったので、二年ぶりとなる。
イルリッツ
入店したのが、12時半ごろだったので、けっこう落ち着いていたが、時間の経過とともに、席がどんどん埋まっていった。

つきだし
まずは、つきだしとして、豆煮付けたんと、ビキーラというマルタ名物豆のペースト、そしてホブスビゼイト。

palazzo valdara
ワインリストの中に、地産のヴェルダラ宮(Palazzo Verdara)という銘柄のうち、ロゼがあったので、カメリエーラに「よく冷えてるか」と訊ねたところ、「よく冷えてる」との返答だったので、ハーフボトルでもらった。
この日もとても暑くて、心身ともに、冷たいワインかビールを欲していたのである。

キ二ー
トニーさんは、あいかわらずキニー。
ヴェルダラ宮をちょっとたらしてあげた。

カラマリフライ
アンティパストとして、カラマリ(イカ)のフリットを頼んだつもりが、フライが出てきた。
あれっ?!オーダーを間違えたのかな?!それともメニューが変わった?!

タコ・ガーリックフライ
アンティパストもう一品は。タコのガーリックフライ。あいかわらずタコのやわらかさが程よい。

カルボナーラ
トニーさんのメインは、スパゲッティー・カルボナーラ。
ほんとは、ボロニェーゼかなんかのラグーを食べたかったのかも知れないが
「トニーさんは、カルボナーラ食べなよ。カルボナーラ、な、な!」
と無理やりネジ込んだ。一口、二口、つまませていただくのを目的に(笑
実際、食べさせてもらったけど、ここのカルボナーラはかわらずウマかった。

リゾット
ボクのメインは、シーフードリゾット。
ずっと前から何度もいつているが、マルタの米料理は、たいていの店でその炊き上がり具合は、日本人の好みとなっている。当然、この店のシーフードリゾットも炊き上がり具合はよく、魚介とトマトソースのウマミがあいまってウマい。

が、「メイン」でオーダーしたので量が多過ぎ。トニーさんも、カルボナーラを残してしまった。今年の夏の反省点、自分が小食であることを弁えて、たとえメインとするにしてもバスタ類は、「スターターサイズ」か「メッツォ(半量)」でオーダーするようにしやう。

<<< 2007年のイルリッツのレポ >>>

イルリッツ
Ir-Rizzu Restaurant
89, Xatt is-Sajjieda, Marsaxlokk,
Malta
Tel:(+356) 2165 1569 / 2165 0492
Fax:(+356) 2165 0862

<< 地図 >>

テーマ : マルタ料理
ジャンル : グルメ

2009-09-10 : マルタ/食べ物飲み物 : Malta, Foods & Drinks : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター