鶏のビール鍋

今宵は寒いので鍋にした。とはいっても残業上がりなので、手早くということで、以前、作家のC.W.ニコル氏が、同じ作家の柘植久慶氏との対談本で披露していた「鶏のビール鍋」みたいなのを作った。

ビール鍋
ほんとは鉄鍋のほうが雰囲気でるのだろうが、ないので土鍋にビールを注ぎコンロの火にかける。ビールを注いだときに、塩を一つまみいれると、ビールの苦味が抜けやすい。

ビール鍋
鶏と、ニンニクをひと房皮をむいてタテに二つに切って芽(芯)を抜いたのと、種をぬいた鷹の爪一本をいれる。
オリジナルでは、いきなりビールではなく、雪球をいれてお湯をつくり、そこへ鶏とビールをいれたのではなかったかと思う。鷹の爪もオリジナルでは入れてない。

ビール鍋
加熱途中でも、処理が済み次第、漸次、大きく切った野菜を鍋に投入していく、熱の通り方や、煮崩れやすさを考えて、ニンジン、ジャガイモ、タマネギの順がよいかと。
煮立ったら、火を弱めつつ、さらに二分ほど煮立たせてアルコールを飛ばす。そのあと、フタをして、ふきこぼれないようさらに火を弱めて、10分ほど温める。

ビール鍋味付け
フタをとり、薄口しょうゆで味付けをして完成。

ビール鍋食べるよ
出汁もとらずに味付けはしょうゆだけでウマいのかとおっしゃる方も居るかと思うが、けっこうイケるのである。ま、典型的な男の料理のノリやね。

タバスコハバネロ
タカノツメをいれたので薄らピカンテな味になっているが、さらに辛味を加えるために、タバスコのハバネロのやつをたらす。一滴、二滴でじゅうぶん。
 

テーマ : 男の料理
ジャンル : グルメ

2010-02-05 : 料理 : Cookery : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
タグリスト

Pagetop

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター