FC2ブログ

Fish'n Chips - えげれすの天ぷら -

マルタ「帰省」よりの復路、ロンドンでのストップオーバーは、まる10時間。今年は、サウスケンジントンの科学博物館にいってみることに。
サウスケンジントンに着いた時点で、すでにお昼どき。
もし、パブなんかで、日本のものの原点になるカレーライスが食えたら、こらめっけもんだろということで、駅から、科学博物館に至る途中、よさげなパブをみつけて入ってみた。
20070804_Fishnchips01.jpg


20070804_Fishnchips02.jpg
残念ながら、カレーはなかったので、フィッシュ・アンド・チップスとギネス1パイントをオーダー。
フードは後から持って来てくれるので、まずはギネスを持ってテーブルへ。

20070804_Fishnchips03.jpg
店内の雰囲気はこんなカンジ。
日曜のお昼だけど落ち着いてる。外で、おぢさんが、壁にもたれてラガーをすすってるのもまたよし。店員のねーちゃんの応対も、無愛想でもなく、過剰でもなく、心地よい。

20070804_Fishnchips04.jpg
フィッシュン・チップスのお出まし。
まあ、えげれすの魚と芋の天ぷらということで。ギネスのグラスの隣の瓶は、モルトビネガー。
20070804_Fishnchips05.jpg
各種えげれす料理の例にもれず、これもアタリハズレの大きいメニューだが、こんときは、味については幸いハズレではなかった。
タルタルソースが添えられていたが、魚も芋も、モルトビネガーをドハドパかけてくった。モルトビネガーは、ポン酢みたいな風味で日本人にはあう。

で、パブってのは、先払いなんだが、値段のことについては、あえてこの段になって書く、フィッシュン・チップスとギネス1パイントでお勘定は2500円!
先に書いた回転寿司のことといい「ふざけんな大英帝国!」ってカンジ。

食べ終えてパブを出て、通りを渡ると、インド料理店があって、その店の前のテラス席で、おっちゃんが二人、スプーンをカチャカチャいわせながら、カレーライスのセットを、さもウマそうにくってた。値段もさっきのフィッシュン・チップスより安いに違いない。高くてもせいぜい同じくらいだろう。
クヤシーっ!!!!><

tag : 昼食 ランチ パブ ロンドン

2007-08-22 : 名物料理/郷土料理 : Regional cuisine : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

日本円に換算してはいけません。
現地の人は、1ポンド=100円の感覚で生活してますから。
わたしもアイルランドでギネスとアイリッシュシチューで約3,000円くらいだったような気がします。ユーロも日本円に換算してはいけませんね。
現地に行ったら、1ユーロ=100円と思わないと、いちいち腹が立ちます・・・
2007-08-22 14:19 : 女シャッチョー URL : 編集
女シャッチョーさま;
アイリッシュシチュー、自分で作ったほうが、安くてウマいものができそうな。
1マルタポンドは500円の感覚でいいかと思います。
2007-08-23 08:41 : まこり~の URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター