FC2ブログ

ラ・グレット - カルタゴ・キッチン -

昨日の土曜日は、バルマル・エスパーニャ西中島のカマレッラ、ヤヨイさんと、西天満のラ・グレットで、チュニジア料理店で夕食をとった。

ロゼワイン
まず、チュニジア産のロゼをボトルでとった。意外にスッキリしてて、どんな食事にもあわせられるカンジ。結局この晩のワインはこの一本で通した。

ハリサ
ハリッサというチュニジア独特の唐辛子とスパイスのペースト。パンにつけたり、料理の辛味つけに使う。見た目のとおり結構辛いよ。あと、唐辛子の苦みもけっこう感じられる。これを塩とビネガーで味の調整したら、アメやメキシコのサルサになっちゃうんだろうな。

メシュウィーヤ
お野菜をペーストにして作ったメシュウィーヤというサラダ。
ペーストにした野菜のうちには、青唐辛子も含まれてて、結構ピリ辛が来る。本来パンにつけて食べるものらしいけど、もっぱらそのものだけで食べちゃったな。

ホブス
お店で焼いてるパン。アラビア語ではホブスという。

シャクシュカ
シャクシュカという、たっぷりのお野菜と魚介を煮込んだシチュー。
魚介もさることながら、たっぷりと煮込み凝縮されたお野菜のウマミがすごい。ボクは上のハリッサを溶いて、ピリ辛にして食べる。

コートレット・ダニョ
コートレット・ダニョ。
メニューに「コートレット」とあるので、カツレツみたいなん出て来るかと想像してたが、ラムの香草焼き。
ラムチョップ大好き。

ブリック
ブリック。魚介、玉子、チーズ、ジャガイモ、ケイパーで作った餡を、薄い生地で包んで揚げた、チュニジアの揚げ春巻き的一品。

ブリック
切って、ヤヨイさんと半分こしたので、断面を。
改めて見ると確かに魚介が、でもジャガイモと玉子と上手く和えられているので、テクスチャはしっとりしている。

メニュー
革で出来た重厚なメニューブック。
下のほうに記してあるSidi Bou Said Tunis(シディ・ブ・サイード・チュニス)とは、チュニス郊外にある歴史観光地区のこと。

ブッハ
食後に、ブッハという、無花果のリキュールとコーヒーを。
あ、こちら、ミントティーがあるのに、そっち飲むべきだったか。ま、それは次回ということで。

チュニジア料理は、世界三大料理のうちの、オスマン料理とフランス料理の影響をうけているので、ほんまにウマイ。いま、振り返ってこのエントリ書いてても口の中につばが溜ってきた。
こちらのお店、以前はカルタゴキッチンと名乗っていたのだが、どうして改名したのか、オーナーシェフのラズハルさんに訊きそびれたな。

ラ・グレット La Gaulette
大阪市北区西天満6-6-6-1F
TEL06-6364-1665
営業時間
17:30~23:00(火曜~土曜)
17:30~22:00(日曜)
月曜定休

http://www.carthago-kitchen.com/index.html



おまけ

枝垂れ梅
ラ・グレットで食事のあと、梅田に戻る途中に通り抜けたお初天神境内の枝垂れ梅。いい香りしてた。
 

テーマ : エスニック料理
ジャンル : グルメ

2011-03-06 : チュニジア料理 : Tunisian cuisine : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
( ^ω^)辛いのが基本なんでそか?
こういうのは一度も食った事ないですおw

枝垂れ梅とは珍すぃ♪
2011-03-09 20:46 : ウンコタン URL : 編集
No title
ウンコタン、
地中海地方の人って、あんまりピリ辛に強くないようです。
メニューにピリ辛マークついてる料理でも、メキシコ料理、印度料理、コリアン......なんかにくらべたら、おとなしめです。
2011-03-10 01:08 : まこり~の URL : 編集
No title
( ^ω^)なるほろ♪
辛いといっても控えめなんですね♪
2011-03-15 17:33 : ウンコタン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まこり~の

Author:まこり~の
中央地中海通信管理者の私、大阪府出身大阪府在住です。
辛いものとお酒がだいすき。
エントリのアップが、週末と週の始めに固まり気味で「週刊化」してますが、どうぞよろしく。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター